『EDC JAPAN 2019』開幕


Photo : Keiki-Lani Knudsen

2019年5月11日(土)、世界最大級のダンスミュージック・フェスティバル<Electric Daisy Carnival>の日本開催<EDC JAPAN 2019>が千葉県・幕張にて開幕しました。
雲ひとつない快晴に恵まれ、絶好のフェスティバル日和となった<EDC Japan 2019>初日。会場には開演前から長蛇の列ができ、大きな熱気に包まれていました。
EDCならではの壮大なステージがそびえ立つkineticFIELDでは、オープンと同時に多くのオーディエンスが詰めかけ、早くから熱狂の渦が。Armin Van Buuren、KSHMR、EXCISIONなど海外トップアーティストをDJブースに迎え、EDM、トランス、ベースミュージック、さらにはメロディックなハウスやテクノまで、フェスティバルライクなサウンドでオーディエンスを魅了していました。

Photo : Graham John Bell

Photo : Alive Coverage

Photo : Keiki-Lani Knudsen

一方、「HARD」チームがプロデュースするcosmicBEACHは、ベースミュージックにトラップ、そしてヒップホップが中心。目の前には海が広がる絶好のシチューエーションのもと、SkrillexやFUTUREといった大物を招き、終始アグレッシヴなサウンドを展開。さらにはステージ上に様々な客演陣が登場し、kineticFIELDに負けず劣らず大熱狂。
Photo : Ivan Meneses




また、「factory 93」チームが監修するneonGARDENでは、他のステージと異なるアンダーグラウンドな雰囲気が漂うなか、ディープなハウス・テクノに陶酔し、気持ちよく踊るオーディエンスの姿が印象的でした。
Photo : Keiki-Lani Knudsen


今年は、より幅広いジャンルのサウンドを網羅し、例年以上の盛り上がりをみせる<EDC Japan 2019>。2日目となる5月12日(日)も豪華ラインナップを揃え、さらなる盛り上がりが期待されます。

Posted in EDC.