<EDC JAPAN 2019>に8万人が熱狂


1997年にアメリカ・ロサンゼルスでスタートし、今やラスベガスをはじめグローバルに展開する世界最大級のダンスミュージックフェスティバル<Electric Daisy Carnival>の日本開催<EDC JAPAN 2019>が、5月11日(土)、12日(日)に千葉県・ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場で開催されました。
Photo : Ivan Meneses

3回目の開催となる今年は両日ともに快晴に恵まれ、会場には連日多くのオーディエンスが来場。メインステージとなるkineticFIELDでは、待望の初来日となったEXCISION、ビッグルームの雄KSHMR、さらにはALISON WONDERLAND、TCHAMI B2B MALAAといった世界屈指のアーティストが続々とプレイ。初日はトランス界のスーパースターARMIN VAN BUUREN、2日目には長年ダンスミュージックシーンを牽引するTIËSTOが最後まで大観衆を魅了していました。
Alison Wonderland, TCHAMI B2B MALAA – Photo : Graham John Bell


Photo : Ivan Meneses


Photo : Keiki-Lani Knudsen

そして、今回からはビーチに隣接するステージHARD presents cosmicBEACHを米カリフォルニア州フォンタナで開催されているヒップホップ、ベースミュージックに特化した<HARD Summer Music Festival>を主催している“HARD”チームが、アンダーグラウンド感溢れるステージneonGARDENを数多くのテクノ・ハウスのイベントを開催している“factory 93”チームが監修。

cosmicBEACHでは、アメリカの人気ラッパーFUTURE、そしてJAY PARKがYULTRONとともに白熱のパフォーマンスを披露。<EDC JAPAN>にヒップホップという新たな魅力を吹き込み、さらにはRL GRIMEやJAUZ、SKRILLEX、MAJOR LAZERといったビッグアクトがオーディエンスを圧倒していました。
JAUZ – Photo : ALive Coverage

MAJOR LAZER – Photo : Ivan Meneses


一方、アンダーグラウンドなハウス・テクノにフォーカスしたneonGARDENでは、ドイツ・ベルリンのトップアーティストMARCEL DETTMANNや世界が刮目する才媛PEGGY GOUらがプレイ。
Peggy Gou – Photo : Keiki-Lani Knudsen

その他にも、東京ストリートシーンを代表するグラフィックアーティストVERDYがデザイン&プロデュースを手掛けた移動式のDJブースboomboxARTCARが会場内を駆け抜け、随所で熱狂を生み出すとともに、ZIP LINEなどのアクティビティ、バラエティ豊かなメニューを用意したフードコートも大人気。ビーチに新設されたRed Bullプロデュースによるスケートボードパークも盛況でした。
Photo : Graham John Bell

Photo : ALive Coverage

また、日本のフェスをより快適にするべく、「EDC JAPAN 2019」はたばこの煙のにおいがしない低温加熱式たばこの「Ploom TECH」「Ploom TECH+」を販売するJTのサポートのもと「たばこの煙のにおいのないフェス」を宣言。来場者たちは既存のフェス以上にクリーンな空間のもと音楽を楽しんでいました。
Photo : YUTO KIDA

これまでよりも幅広いジャンルの音楽性をカバーし、さらなるコンテンツを導入するなど格段にパワーアップした<EDC JAPAN 2019>は2日間で8万人を動員。両日ともに例年以上の盛り上がりをみせていました。
Photo : ALive Coverage



Posted in EDC.