Fanfarlo「Replicate」

ロンドンをベースとするインディー・ポップ・バンド、Fanfarloが、「Replicate」のPVを公開しました。「Replicate」は、Fanfarloのニューアルバムから最初の公開曲です。アルバムは、もう完成しているようなので、リリースが楽しみですね。ちなみに「Replicate」はオフィシャルサイトでメーリングリストに登録するとダウンロードできます。

SBTRKT「Pharaohs」

トライバル・マスクをかぶったダンス・ミュージック・クリエイター、SBTRKT(サブトラクト)が、「Pharaohs」のPVを公開しました。「Pharaohs」は、SBTRKTが7/6に日本発売したセルフタイトルのデビュー・アルバム収録曲です。フィーチャーされているのは、ロンドンのボーカリスト、Roses Gabor。

LIMP BIZKIT、単独来日公演決定(2011年10月)

LimpBizkit.jpg

ヘヴィ/ラウド・ロック界の盟主LIMP BIZKIT、単独来日ツアーが決定しました。

米フロリダ、ジャクソンヴィル出身で、全世界でのトータル売り上げ枚数は3,000万枚を超えるLIMP BIZKIT。97年にアルバム『スリー・ダラー・ビル、ザ・オール$』でデビュー。99年の2ndアルバム『シグニフィカント・アザー』、2000年の『チョコレート・スターフィッシュ・アンド・ザ・ホット・ドッグ・フレイヴァード・ウォーター』を立て続けに全米1位に送り込み、その人気を不動のものとしています。

その後、メンバー・チェンジを経つつも、2009年にオリジナル・メンバーでの活動再開を発表。同年サマーソニックで来日も果たしました。2011年6月には、6年ぶりのニュー・アルバム『ゴールド・コブラ』をリリース。このたび“LOUD PARK 11”のヘッドライナーとしての来日が発表されていましたが、ファン待望の単独来日ツアーも決定です。

続きを読む

ZEBRAHEAD、来日決定(2012年1月)

ZH6thOFFICIAL%EF%BD%B1%EF%BD%B0%E5%86%99.jpg

ZEBRAHEADが来日、4都市を回る単独ツアーを行うことが決定しました。

アメリカ西海岸オレンジ・カウンティにて結成された、メロディーとラップを担当する2人のヴォーカルを有する5人組、ZEBRAHEAD。キャッチ―なメロディーと強靭なロック・グルーヴ、そして誰もが思わず笑顔になるメンバーの面白キャラが、ここ日本でも熱烈な支持を受け、確固たるファン・ベースを確立しています。今夏には、彼らが“第2の故郷”と公言してやまない日本での震災ニュースをレコーディング中に受けて急遽歌詞を変更したというタイトル曲「ゲット・ナイス!」を含む、超ポジティヴな6thアルバム『ゲット・ナイス!』をドロップ、サマーソニック2011にも最多出場アーティストとして6回目の出演を果たしました。

そんな彼らが早くも、最新作『ゲット・ナイス!』を引っ提げて再来日します。爽快でハイテンションなゼブへワールドを体感してみてはいかがでしょう。

続きを読む

Idjut Boys『Cellar Door』インタビュー

idjutboys_jk.jpg

ダン・タイラーとコンラッド・マクドネルからなるUK出身のユニットで、DJハーヴィーと並びハウス・ミュージック以降のディスコ・ダブ・サウンドを開拓してきたイノベイターとして知られるイジャット・ボーイズ。’90年代初頭に音楽活動を開始し、U-Star、Noid、Discfunction、Droidといったレーベルを通じて、様々な音楽性要素が融合したサイケデリック&ダビーなダンス・ミュージックを送り出してきた、知る人ぞ知る人気アーティストです。

そんな彼らが、なんと単独名義では初となるオリジナル・アルバム『セラー・ドア』を9/10にリリースします。彼らとは旧知の仲であるアンディー・ホプキンス(G)、マルコム・ジョセフ(B)、ブッゲ・ヴェッセルトフト(Piano)、ピート・Z(Keys)、サリー・ロジャース(Vo:ア・マン・コールド・アダム)らを呼び寄せ、彼らと共にレコーディングし完成させたという本作。その内容は、アルバム・トータルの流れを重視した、ナチュラルでアトモスフェリックな音世界を堪能できるものとなっています。

レイドバックしたサウンドを堪能できる本作の内容について、ダン・タイラーとコンラッド・マクドネルに話を聞きいてみました。

続きを読む

Metronomy、来日決定(2012年1月)

Metronomy_2012.jpg

Metronomyが来日、代官山UNITで単独公演を行うことが決定しました。

進化し続けるヘンテコ・エレクトロ・ポップ・バンド、Metronomy。
イギリスはデヴォン出身。クラクソンズ、フランツ・フェルディナンド、ゴリラズ、といったアーティストのリミックスを手がけることで話題を集めていた彼らが、音楽シーンの熱い注目を集めたのは、2008年。メジャー・デビュー・アルバムの『ナイツ・アウト』が、世界各国の音楽誌で2008年の年間べスト・アルバムに選ばれ、その独創性、オリジナリティーが高く評価されたことからでした。

2009年1月には初来日を果たし、胸にライトを仕込んだユニークな衣装とビミョーな振り付けで、大いにステージを盛り上げています。その夏にはメンバー・チェンジしてサマーソニック09に出演。ダンサブルでポップ、でもちょっとヘンな、メトロノミー独特のポップ世界を披露し、観客を魅了しました。

そのニュー・ラインナップによるニュー・アルバムが、今年4月に発売されたセカンド・アルバム『イングリッシュ・リヴィエラ』。バンドのフロントマンであり、ソングライターでもあるジョセフ・マウントが、自らが育ったイギリス南東部の海岸地帯一帯を“まるで70年代のアメリカ西海岸のようなユース・カルチャー(若者文化)の発信地だ”と勝手に空想して創ったファンタジーだと語るこのアルバムは、新たな編成となった彼らのポップ中核地帯への壮大な冒険と、そこで手に入れた温もりのあるポップ・サウンドを余すところ無く記録した作品となっています。

サマソニでもオリジナリティ溢れる素晴らしいステージを披露してくれたメトロノミー。今回の来日公演でも、彼らのユニークな世界観をじっくりと味わわせてくれることでしょう。

続きを読む

Mogwaiの『Earth Division EP』を全曲試聴

Mogwai_EarthDivision.jpg

グラスゴーのポスト・ロック・バンド、Mogwaiが、『Earth Division EP』の全曲試聴をguardianで開始しました。『Earth Division EP』は、9/21に日本発売が予定されている4曲入りニューEPです。Mogwaiは、11月にジャパン・ツアーを行いますから、このEPはファン必聴ですね。

Wilco「Born Alone」

アメリカン・ロック界の至宝とも呼ばれるWilcoが、「Born Alone」のPVを公開しました。「Born Alone」は、Wilcoが9/28に日本発売を予定している8th・アルバム『Whole Love』収録曲です。ニュー・アルバムは、アメリカ本国では、Wilcoの新レーベル、dBpmからのリリースということでも話題になっていますね。

Battles「My Machines」

NYのアバンギャルド・ロック・バンド、Battlesが、「My Machines」のPVを公開しました。「My Machines」は、4/27に日本発売されたセカンド・アルバム『Gloss Drop』収録曲です。この曲でフィーチャーされているのは、なんとGary Numan。

CLAP YOUR HANDS SAY YEAH、来日決定(2012年1月)

cyhsy_a.jpg

CLAP YOUR HANDS SAY YEAHが来日、2012年1月に東名阪を回るジャパン・ツアーを行うことが決定しました。

2005 年にニューヨークで結成されたCLAP YOUR HANDS SAY YEAH。完全自主制作でリリースされた、セルフ・タイトル・アルバムは、ネットと口コミで話題を呼びました。ローファイ・ポップなサウンドに、フロントマン、アレック・オンスワースの独特な浮遊感あるヴォーカルが絡んだ妙に耳に残る曲は、ここ日本でもヒットしましたね。

フジロック・フェスティバル’09 出演のあと、その活動をフェードアウトさせたかと思わせましたが、2011 年に入ってアルバム制作を再開。セカンド・アルバム『サム・ラウド・サンダー』以来、実に4 年ぶりのリリースとなるニューアルバム『ヒステリカル』が遂に完成し9/14 に発売されます。

この春予定されていた東京での来日公演が一端キャンセルとなった分、来日を心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。期待しましょう。

続きを読む