Joker「Back In The Days」

英ブリストル出身のダブステップ・アーティスト、ジョーカー(Joker)が、「Back Tn The Days feat. Buggsy, Shadz, Scarz, Double (KHK-SP)」のPVを公開しました。この曲は、10/19に日本先行発売予定のデビュー・アルバム『ザ・ヴィジョン』(The Vision)収録曲です。『ザ・ヴィジョン』は、本国では4ADからリリースされる話題作。なお、ジョーカーは、10月9日(日・祝前)に代官山AIRにやってきますよ。

続きを読む

The Big Pink「Stay Gold」

ザ・ビッグ・ピンクが、来年2012年1月リリース予定のニュー・アルバム『フューチャー・ディス』(Future This)から、新曲「Stay Gold」のPVを公開しました。監督は、ザ・ホラーズ「Still Life」を手がけたOllie Murray。サイケデリックですね。12月には、アルバム・リリースに先がけ初の単独公演もあるとのことです。

続きを読む

Spank Rock「#1 Hit」

スパンク・ロックが、最新アルバム『エヴリシング・イズ・ボーリング・アンド・エヴリワン・イズ・ア・ファッキング・ライアー』(Everything Is Boring And Everyone Is A F—ing Liar:9/23日本先行発売予定)から、「#1 Hit」のPVを公開しました。この曲のプロデュースは、ボーイズ・ノイズとマーク・ロンソン。

続きを読む

Neon Indian「Polish Girl」

ネオン・インディアンが「Polish Girl」のPVを公開しました。この曲は、彼が9月7日にリリースしたセカンド・アルバム(日本デビュー・アルバム)『エラ・エクストラーニャ』(Era Extraña)収録曲です。チルウェ〜イブしてますね。iLOUDでインタビュー掲載中ですので、ぜひご覧ください。

続きを読む

Fleet Foxesのスタジオ・ライブをKCRWで

シアトル出身のインディー・フォーク/ロック・バンド、Fleet Foxesが、LAのFMラジオ局、KCRWでスタジオ・ライブを行いました。現在その模様を、上のウィジェット(またはKCRWのサイト)で見ることができます。2012年1月には、待望の初来日公演も決まっているFleet Foxes、このスタジオ・ライブで、その雰囲気だけでもチェックしてみてはいかがでしょうか。

Ariel Pink’s Haunted Graffiti「Witchhunt Suite for WWIII」

LA出身の“アリエル・ピンク”ことアリエル・マーカス・ローゼンバーグを中心に結成された4人編成バンド、Ariel Pink’s Haunted Graffitiが「Witchhunt Suite for WWIII」のビデオを公開しました。「Witchhunt Suite for WWIII」は、Ariel Pink’s Haunted Graffitiが突如発表した新曲。現在iTunesで配信されています。

この曲は、10年前の2001年9月11日、あの悲劇的なアメリカ同時多発テロ事件が発生した正にその日から制作に取り掛かったという16分の大作。楽曲は複数のパートで構成されており、そのうちの2パートは2007 年にツアー限定CD-Rで発表されていましたが、10年経った今年9月11日、遂にその全貌が日の目を見ることとなりました。アリエルらしいサイケデリックなシンセ・サウンドと極上のヴァイブが生み出すヘンテコ・ポップは相変わらず健在。かと思えばエクスペリメンタルなパートもあり、アリエルの類まれな才能が改めて垣間見られる傑作となっています。

The Subwaysの『Money And Celebrity』を全曲試聴

Subways_MoneyAnd.jpg

UKの三人組インディー・ロック・バンド、The Subwaysが、『Money And Celebrity』の全曲試聴をNME.comで開始しました。『Money And Celebrity』は、9/21に日本発売が予定されているサード・アルバムです。あのスティーヴン・ストリートをプロデューサーに迎えて制作されたこの新作は、デビュー・アルバムのメロディアスで性急なポップ/パンクと、セカンド・アルバムの超エネルギッシュでロックなパワーを融合させた作品になっているとのこと。

Beirut、来日決定(2012年1月)

Beirut.jpg

Beirutが来日、2012年1月に東京と大阪で公演を行うことが決定しました。

弱冠20才にして世界中を虜にしたザック・コ ンドンの芳しきクルーナーヴォイスと、懐かしくも初々しい驚きに満ちたアンサンブルで、聴く者を思い思いの旅へと誘ってくれる、素晴らしく風変わり な楽団、Beirut。欧米では絶大な人気を誇り、遠くブラジルやペルーでは若者たちの間で“Beirutando(ベイルートする)”という造語まで生み出してしまった彼らも、デビューから早5年。コンドンのソングライターとしての確かな成熟 を感じさせる、4年ぶりのフル・アルバム『ザ・リップ・タイド』を携え、かねてより交流が深いトクマルシューゴをゲストアクトに迎えて、初来日ツアーを行います。これは見逃せませんね。

(11/15追記)追加公演が発表されました。

続きを読む

Ladytronの『Gravity the Seducer』を全曲試聴

Ladytron_GravityThe.jpg

リバプールのシンセ・ポップ・バンド、Ladytronが、『Gravity the Seducer』の全曲試聴をSpinnerで開始しました。『Gravity the Seducer』は、本日9/12にUKリリースされた5th・アルバムです。レコーディングは、共同プロデューサーにArctic Monkeysらとの仕事で知られるBarny Barnicottを迎え、イギリスの田園地方で行われたとのこと。