Risa’s EDM drop report from America – 36:PLUR精神はどこへ?


Risa’s EDM drop report from America
第36回:PLUR精神はどこへ?

これまでPLURの素敵な精神について何回も触れてきましたが、悲しいことに“PLUR!!”と言いながらも、EDMフェスでは“PLUR精神はどこへいってしまったの?”という行動を起こす人たちもいるのが現実です。
そこで、今回はアメリカの野外フェスでの“PLUR精神はどこへいってしまったの?”という人々の行動を紹介します。

■ PLURについてのおさらい
“PLUR”については何度も記事で触れていますが、PLURとは“Peace, Love, Unity & Respect”(平和、愛、団結、尊敬)のことです。EDMイベントの本来のコアな思想です。
どんな人種でも、宗教でも、男女関係なく、差別なく、皆仲良く、尊敬しながら喧嘩もなく平和に愛を持って接する、という素敵なコンセプトです。

■ PLUR精神はどこへいってしまったの?
前回に、PLUR精神溢れる素敵なストーリーについての記事を書きましたが、悲しいことに、PLUR精神が消えてしまった行動もイベントでは見かけます。

・割り込み
アメリカの野外フェスは、会場付近と駐車場内が混雑します。それにイラついてクラクションを鳴らして、前の車を危ないのに追い越したり、レーンがなくても少しでも前に隙があれば、勝手にレーンを作り出したり、ひどい割り込みをする車をよく見かけます。駐車所で喧嘩をする人がいたり、Peaceどころじゃありませんね。

・ゴミの山
ゴミ箱がフェス内にもあるのにも関わらず、会場が広くゴミ箱にまでに行くのが面倒臭いからと、ゴミをポイ捨てする行為が多く、イベントが終わる頃には会場内はゴミだらけになります。Respectな気持ちはどこへ行ってしまったのでしょう?

thumbnail_IMG_1139

・偽物のチケットに要注意
フェスが2日、または3日間立て続けに開催されている時に、1日目が終わると次の日のチケットをネットよりも安く道端で売る人をよく見かけます。“PLUR精神”という言葉を利用して、“売り切れのチケットを安く譲る”とうたっている人がいますが、なんとチケットが偽物の場合も多いと言われています。
実際に筆者の友達が、フェスの出口付近で2日目のイベントのチケットを購入したら、そのチケット(リストバンド)が偽物で、80ドル(約8,000)損しました。

・人にケガをさせる
野外フェス内の会場には、竹馬で歩いていたり、ユニークな衣装を着たパフォーマーたちがたくさんいます。
今年のEDCラスベガスでは、その竹馬のパフォーマーが大ケガを負ってしまったという悲しいストーリーがあります。EDCの会場内で、面白半分に竹馬のパフォーマーを思いっきり押した人がいました。たまにパフォーマーを押したり、パフォーマーにひどいことを言ったりする人たちがいるみたいです。
お酒によって人を押したり、喧嘩したりする場面を見かけることもよくあります。PLUR精神はどこへ?ですね。

・チケットなしで会場内に入ろうとする人たち
最近アメリカでは、以前よりさらに会場内に入る時のチェック(セキュリティーチェック前)が厳しくなりました。チケットがなくても、会場内に入りこもうとする人が増えているからだそうです。
筆者は実際に、ものすごい勢いでチケットチェックの場所を走り抜けて、警備員に捕まった人を見たことがあります。

thumbnail_IMG_0974

いかがでしたか?
以前の記事で紹介させて頂いたように、素晴らしいPLUR精神ストーリーもありますが、やはりPLUR、PLURと口では言いながらも、本当にPLUR精神があったら“こんなことできないのでは?”という行動を見かけたりします。

もっともっと本当のPLUR精神溢れる素敵なEDMのイベントが増えるといいですね。

Posted in Risa Clark Column.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。