ULTRA ワールドツアー 2017年も100万人以上を動員

マイアミのULTRA MUSIC FESTIVALを主軸に世界中で展開されているULTRAイベントが、10/12-14に行われたULTRA Brasilで9万人を動員、2016年に続き2017年も100万人以上の参加者を記録しました。10/6のメキシコを皮切りにパラグアイ、ペルー、アルゼンチン、チリ、コロンビア、ブラジルで、ULTRA、Road To ULTRA、RESISTANCEが開催されたラテンアメリカ・ツアーも、そのけん引役となりました。2017年世界20か国での総イベント数は45、新規が23、UMF TVでのライブストリームは143時間にも及んだということです。もちろん、この中には12万人を動員したULTRA JAPANも入っています。2018年にはオーストラリアへの進出で6大陸制覇、マイアミのULTRA MUSIC FESTIVALが20周年を迎えるULTRAの勢いはまだまだ止まりそうにありません。

続きを読む

Ultra Music Festival Miami 2017が、アフタームービーを公開

今年の3/24〜3/26にマイアミで開催された<Ultra Music Festival Miami 2017>が、オフィシャル・アフタームービー「Ultra Miami 2017 (Official 4K Aftermovie)」を公開しました。ビデオを手がけたのはFinal Kid。

2017年のアフタームービーでは、RESISTANCEステージが大々的にフィーチャーされています。ULTRAは2017年にイビサでRESISTANCEの展開も開始しています。アフタームービーのメインステージ・アクトではAxwell Λ Ingrossoが目立っていました。

サウンドトラックもハウスがほとんどで、このあたりからもUMF&グローバル・ダンス・ミュージック・シーンの今後の音楽的方向性が感じ取れます。ちなみにTchami「Adieu」やCamelphat & Elderbrook「Cola」などは、2017年のかくれた(?)ロング・セラー、ヒット・トラックですね。

今年のアフタームービーのセレクターと選曲は以下の通りとなってます。

Music Selected and Mixed by Charly Friedrichs

01: DJ Licious – Calling (Zonderling Remix)
02: Zonderling feat. Mingue – Remedy
03: MAXIMALS, Bout & Sovth – Fall In Line (ft. Nino Lucarelli)
04: Tchami – Adieu
05: Joyryde – Hot Drum
06: Malaa – Diamonds
07: Friend Within & Kideko – Burnin’ Up
08: Fisher – Ya Kidding
09: Camelphat & Elderbrook – Cola
10: Wehhba – Awkward Vacation
11: Axwell & Ingrosso – Dream Bigger
12: Martin Garrix – Pizza

ULTRA ASIA TOURを総括!

ULTRA JAPANを含むULTRA WORLDWIDEは、世界最大の音楽フェスティバル・ブランドですが、韓国、シンガポール、インド、中国、台湾、バリ、フィリピン、香港、日本を訪れた2017年のアジア・ツアー、17のイベントには、40万人以上が集まりました。また、UMF TVが提供した中国、インド、日本、シンガポールのライブストリームULTRA LIVEは、2500万人が視聴、ULTRAのグローバルな存在感を示しました。

6月に行われたULTRA KOREAの6周年にはオリンピック・スタジアムに12万人が集まり、二日間のイベントとしてはアジア最大の地位を不動のものとしました。メイン、ライブ、レジスタンスの三つのステージには80の世界的アクトが出演、2018年には三日間のフェスティバルに発展します。

ULTRA KOREAと同じ週では初めての開催となったULTRA SINGAPOREには、二日間で5万人以上が集まり、これまでのシンガポールでのULTRAイベントでは最大の成功をおさめました。

インドでは、初めてのRoad To ULTRAがニュー・デリーとムンバイで開催され、The Chainsmokersをヘッドライナーに、SOLD OUTとなった各イベントには、それぞれ15000/12000人が集まりました。

初開催のULTRA CHINAは、上海のExpo Parkに二日間で4万人を集め、こちらもSOLD OUT。Armin van Buuren、Carl Cox、The Chainsmokers、Martin Garrix、Porter Robinson、Sasha | John Digweedといったアクトが、この記念すべき瞬間を飾りました。

続きを読む

台風をも凌駕したULTRA JAPAN 2017


9月16日(土)~18日(祝・月)にかけて開催された「ULTRA JAPAN 2017」。今年は初日と2日目があいにくの悪天候に見舞われながらも、3日間でのべ12万人ものオーディエンスを歓喜させた。
今回はULTRA MAIN STAGE、RESISTANCE、ULTRA PARK STAGEに加え、LIVE STAGEが新設。計4つのステージにて総勢95組以上ものアーティストが登場したが、なかでも一番の盛り上がりを見せていたのはやはりULTRA MAIN STAGE。最大のキャパシティを誇るこのステージには、初日にSAM FELDTやNICKY ROMERO、STEVE ANGELLO、ALESSO。2日目にはKNIFE PARTYにHARDWELL、そしてTHE CHAINSMOKERS。最終日はKYGOにSTEVE AOKI、さらにはTIËSTOなど、まさにビッグスターがそろい踏み。彼らはその実力を遺憾なく発揮し、終始オーディエンスを圧倒していた。昨今のフェスではEDMはもちろん爆発的な破壊力を持つトラップを多用し、ヒップホップ、ハウス、さらにはハードスタイルまで様々なサウンドを駆使するのがある種のセオリーだ。多種多様な楽曲を巧みにミックスし、緩急を付けた大きな展開の中で幾度となくピークを生み出しながらも一貫したストーリーを作っていくことが求められている。彼らはみなそれをクリアしながら、なおかつ自らのアイデンティティを見事に打ち出していた。

Alesso

Hardwell

The Chainsmokers

Kygo

Steve Aoki

Tiesto

続きを読む

ULTRA JAPAN 2017 開幕


9月16日(土)、「ULTRA JAPAN 2017」がいよいよ開幕。今年で4年目を迎えた本祭、会場となったお台場にはオープン前から長蛇の列ができ、大きな盛り上がりを見せた。
近年、世界的にも増加の一途を辿るフェスティバル。その中で年々進化することで他の追随を許さない本家、アメリカはマイアミで行なわれる「Ultra Music Festival(UMF)」同様、「ULTRA JAPAN」もまた新たな要素を加え格段にパワーアップ。
今年も連日世界的なビッグアーティストが続々出演。とりわけ数多くのトップDJたちが登場するMAIN STAGEは初日から終始熱狂。Sam Feldtがトロピカルかつハウシーなサウンドで沸かせれば、その後もNicky RomeroやSteve Angelloらがプレイ。そして、ラストは「ULTRA JAPAN」2年ぶりの出演となるAlessoが最後までオーディエンスを魅了し続けた。




その他にも、Seth Troxlerを筆頭にアンダーグラウンドハウス〜テクノの神髄を見せつけたRESISTANCE STAGEやULTRA PARK STAGEも大盛況。
なかでも注目は、今年日本初上陸のLIVE STAGE。ダンスミュージックの無限の可能性を追求するべく、よりダイナミックなライブパフォーマンスを取り入れることで本祭の幅はさらに拡大。


新たな魅力とともに進化した「ULTRA JAPAN 2017」。盛り上がりを見せた初日。残り2日間もまた全ダンスミュージックファンを歓喜の渦に導いていく。