Manse インタビュー(2018年6月)

2013年にParis & Simoのリミックス・コンテストで注目されて以来、Revealed、Armadaを中心に良質のメロディック・プログレッシヴ・ハウスを量産してきたManse。スウェーデン産らしいエモーショナルなサウンドがトレードマークの実力派です。FUTUREGROOVEでは、6/29(金)東京、7/1(日)大阪公演で来日直前のManseにインタビューしました。

__2013年以降、たくさんのトラックをリリースしていますが、一番のお気に入りは何ですか?

Revealed Recordingsでのデビューから、たしかにたくさんの音楽をリリースしてきたから、一曲をお気に入りに挙げるのはとても難しいな。それでも選ばなくちゃいけないとしたら、Niclas Lundigとの「Last Night Of Our Lives」だね。すべてがいまでも大好きなんだ。ソングライティングは信じられないくらい良いし、流れ、アレンジ、ブレイクだけじゃなくてビルドアップ、ドロップの各部分にいたるまで、自分のプロダクションを誇りに思っているよ。それ以外だと、Chris Jonesとの「Rising Sun」、Alice Bergとの「Freeze Time」だね。

続きを読む

Tomorrowland 2017 Report – Part 6 – Martin Garrix インタビュー

Tomorrowlandは、開催期間中毎日’TOMORROWLAND TODAY’という新聞を発行しています。ここでは、その中からSTMPD RCRDSステージでプレイしたあとのMartin Garrixのインタビューをお届けしましょう。ちなみにMartin Garrixのラジオ番組’The Martin Garrix Radio Show’はFUTUREGROOVE FMで毎週木曜10:00&22:00から放送中です(本サイト・トップタイトル下のプレイヤーから聴けます)。

__まず最初に、DJmag Top100の1位おめでとうございます。獲得後最初にメッセージをくれたのは誰ですか?

最初のメッセージ…いい質問だな。携帯が鳴りっぱなしだったから、誰が最初だったか難しいな。とりあえず、家族、友達、仕事仲間たちから山のようにメッセージをもらったよ。最初にその話を聞いた夜、僕は家族や友達、仕事仲間みんなと一緒にいたんだ。もちろん祝福したよ。

__「Martin Garrix」が、一夜にして「世界一のDJ」になったことは、どう影響しましたか?

へんな感じだったな。でも、同時にそんなに変わりもなかった。僕はあいかわらず、クールな音楽をつくってリリースするのを楽しんでいる同じ人間だったから。僕の音楽をみんなが楽しんでくれているのを見ると、とてもハッピーな気持ちになるよ。正直に言って、世界一のDJかどうかなんてことには、たいして意味がないんだ。あれは、結局ただのリストだから。
続きを読む

Leandro Da Silva インタビュー

2016年夏にリリースした「I Love House Music」がbeatportハウス・チャート1位。全体チャートでも3位の大ヒットとなりブレイクした、イタリアのハウス・プロデューサー/DJ、Leandoro Da Silva(レアンドロ・ダ・シルバ)。KryderのSosumi、Tom StaarのStaar Traxx、Spinnin’のSPRSといったグルーヴ・ハウス・レーベルだけではなく、いまやTiestoのAFTR:HRSや、メジャーのAtlanticからもヒットを飛ばす、ニュー・ハウス・シーンの新星です。そんなLeandro Da Silvaの初来日プレイが、9/2(土)にCIRCUS TOKYOで行われるということで、日本初インタビューをお届けしましょう。

続きを読む

Laidback Luke – UMF 2017 インタビュー

メジャーなフェスのヘッドライナーを務めるだけでなく、個人のレコードレーベルを持ち、カンフーのチャンピオンシップでも優勝をしたり、多彩な才能を持つLaidback Lukeに、Miami Music Week中、Ultra Music Festival現地で直接インタビューすることができました。ショートインタビューの中で、ディープなインパクトの強い、何かをマスターすることにおいて、クリエィブになることへのアドバイス、音楽に関してだけではなく、人生においての成功するための秘訣などを聞き出すことができました。もちろん、日本の皆さんへのスペシャルメッセージもあります!

続きを読む

EDX – Miami Music Week 2017 インタビュー

リミキサーとしても、クラブ・シーンでも名高いダンスミュージック・アーティスト、EDX(a.k.a. Maurizio Colella)は、エレクトロニック・ミュージックを20年以上も追及するベテランで、これからも勢い止まることを知らないでしょう。

Miami Music Week中に、マイアミ現地でEDX本人から直接彼の新しい音楽(有名アーティストとのコラボレーションやリミックスの話)、ツアーの話、そしてもちろん日本のダンスミュージック・シーンの話についてもインタビューで聞くことができました!

続きを読む