Tomorrowland Winter Tribute が公開に

Tomorrowland Winter Tribute

昨年に続き、残念ながら2021年も開催できなかったTomorrowland Winterですが、2022年の開催が3/19-26で発表されました。それにあわせて、“Tomorrowland Winter Tribute”と題して、会場のフランスAlpe d’Huezで、Martin Solveig x Kungs、Klingande、Ofenbachがパフォーマンスした模様が公開されています。アルプス山脈の風景と最新DJプレイのコンビネーションは来年への期待を高めてくれますね。

Tomorrowland本体のほうは現時点で、例年の7月末から、Weekend 1が8/27-29、Weekend 2が9/3-5に延期されています。最終的な結論は5月に持ち越しのようですが、開催されるといいですね。

Tomorrowland 31.12.2020がアフタームーヴィーを公開

Tomorrowland 31.12.2020 | Official Aftermovie

2020年12月31日から2021年1月1日にかけて行われたデジタルフェス<Tomorrowland 31.12.2020>がアフタームーヴィーを公開しました。映像では、バーチャルスペース“NAOZ”に構築されたステージと、David Guetta、Martin Garrix、DiploらDJのプレイを見ることができます。

アフタームーヴィーに使用された曲は以下の通り。YtramはMartin Garrixの別名義です。
1. David Guetta & Sia – Let’s Love (David Guetta & MORTEN Future Rave Remix)
2. MEDUZA ft. Dermot Kennedy – Paradise
3. Age Of Love – The Age Of Love (Jam & Spoon Watch Out For Stella Mix)
4. Ytram & Citadelle – Alive
5. Sub Zero Project – Rave Into Space
6. Netsky & Sub Focus ft. Jozzy – Destiny
7. Lost Frequencies & Mathieu Koss – Don’t Leave Me Now (Deluxe Mix)
8. Diplo ft. Rhye – MMXX – XII (Kölsch Remix)
9. Dimitri Vegas & Like Mike ft. Timmy Trumpet – Infinity (Raise Your Hands)
10. End show
11. Kevin Di Serna – Horizons

早くリアルなTomorrowlandが戻ってくるといいですね。それまでは、バーチャルで楽しむことにしましょう。

Tomorrowland 31.12.2020 開催決定


Tomorrowlandが2020年12月31日20:00-2021年1月1日03:00に、バーチャルフェスティバル<Tomorrowland 31.12.2020>の開催を発表しました。
会場は新設のデジタル・エンターテインメント・ヴェニュー“NAOZ”。
出演アーティストは、ARMIN VAN BUUREN/ARTBAT/BOYS NOIZE/BRENNAN HEART/CAMELPHAT/CHARLOTTE DE WITTE/COONE/D-BLOCK & S-TE-FAN/DA TWEEKAZ/DAVID GUETTA/DIMITRI VEGAS & LIKE MIKE/DIPLO/DUCK SAUCE/JACK BACK/KOLSCH B2B JORIS VOORN/LOST FREQUENCIES/MACEO PLEX/MAJOR LAZER/MARTIN GARRIX/MEDUZA/NETSKY/SNOOP DOGG AKA DJ SNOOPADELIC/SUB ZERO PROJECT/TCHAMIの25組となっています。
時間は世界各地のローカルタイム(27ゾーンに分割)にあわせて試聴可能ということで、まさにカウントダウン・イベントですね。
チケット発売は11月17日。

Tomorrowlnad 2020がメイキング映像を公開

Never stop the music – The Creation of Tomorrowland Around the World

Tomorrowland Around the World 2020が、メイキングビデオを公開しました。
2020年7月25と26の二日間にわたって行われた、Tomorrowland初のデジタルフェスティバル<Tomorrowland Around the World 2020>は、8つのステージに世界中から100万人超えの視聴者を集めた、2020年最大のダンスイベント。世界各地に設営されたスタジオからのDJ映像と、3Dデザインの光景を合成し、Tomorrowlandの雰囲気をバーチャル空間に華麗に演出してみせました。メイキングビデオでは、その撮影風景に加え、Martin Garrix、Armin Van Buuren、David Guetta、Dimitri Vegas & Like Mike、Tiestoなどトップアーティストからのコメントを見ることができます。

以下、Martin Garrixが、ビデオの中でTomorrowlandの会場から出したコメントです。
「僕らは、とても離れたところにいるかもしれない…社会的距離もとっているかもしれない。でも、僕らは社会的にもっと近くにいるべきなんだ。僕らは音楽のもとで、もっと近くにいける、フェスティバルでも、オンライン・フェスティバルでも。今この瞬間に、これが僕らにできることなんだ。最大限にそれを楽しんで、魔法をおこそう。それはよりたくさんの興奮とエネルギーもつくりだす。ノーマルが戻って、またここに一緒にいられるようになるときのために」

Billboardによると<Tomorrowland Around the World 2020>には500万ユーロ(約6億円)の制作費が投下され、収支はほぼイーブンだったものの、12月31日には新たなバーチャル・フェスが計画されているとのことです。こちらの詳細発表は11月10日。