Alesso ニューアルバム『Forever』について語る


Alessoが、デビューアルバム『フォーエヴァー』の5/27日本発売を前にして、DJmagのインタビューに答えました。

新作が、永遠にファースト・アルバムになることから“フォーエヴァー”と名づけたこと、
曲がたまっていて次のシングルをどれにしたらいいか考えていたら、マネージャーに「気がつかないうちにアルバムを作ってるんだと思うよ」と言われたこと、
アルバムをつくることによって初めてミュージシャンであると自覚したこと、
ダンスミュージックだけじゃなく、いろいろな種類の音楽をつくっているとみんなに知ってもらいたいということ、
などが述べられています。

また、Coachellaのステージにもゲストで登場し、いまやAlessoの盟友とも言える、OneRepublicのRyan Tedderには、「Calling」に歌が欲しいと思ったとき、共作者のSebastian Ingrossoの提案で初めてオファーしたとも言っています。

次のシングルは予想通り「Scars」と「Sweet Escape」のようで、「Scars」については、Ryanに「ハッピー・ビートなんだけど、そんなにハッピーじゃない何かを書いてみようよ」と提案したことや、「Sweet Escape」については、2014年のUltraでデビューさせた曲だけれど、ファンの期待にこたえる形でアルバムに収録すると語っていますね。

マイケル・ジャクソンが大きな影響源というのは、ちょっと意外でしょうか。
英語ですが、インタビュー原文は以下のリンクから読めます。

http://usa.djmag.com/content/alesso-view-top

Posted in Alesso, Artist, Interview.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。