Sam Feldt 来日直前インタビュー


<Summer Sonic 2016>で、8/20(東京)にプレイが決定しているSam Feldt。いまやDeep & Tropical Houseシーンの重要アーティスとなっています。そんな彼が、Rakuten.FMで先日開催された<Tomorrowland 2016>当日、インタビューに答えてくれました。

__Bakermat & Friends ステージへの出演でしたが、いかがでしたか?

Bakermatとはいい友達なんだけど、ステージはメロディックでグルーヴィーなハウスミュージックとそれを愛するみんなでいっぱいで、とてもよかったよ。

__DJ仲間とたむろってきました?

うん。他のステージはまだ見に行ってないんだけど、Bakermatステージのみんなとは仲いいんで、会えてよかったよ。

__Tomorrowlandは、あなたにとって特別な場所ですか?

去年は、ビジターとして来て、その美しさや、幅広いスタイル、ステージの素晴らしさに驚愕したし、来年ここでDJできたらいいなって思ってたところ、実現したんで、とてもうれしいよ。

__夢が実現したんですね。

うん、今年はCoachella、Ultra Miami、Ultra Europeでもプレイできて、ほんとに夢のような年になってるよ。

__あなたの曲は、くつろいだ雰囲気を持っていますが、DJはよりエネルギッシュですよね。

そのとおりだね。僕の曲の多くはチルアウトトラックだし、一方でクラブっぽい曲もある。僕にとって、それらは全部Sam Feldt Musicだし、BPM100-128まである。遅いものから速いものまで、ラウドなものからチルなものまで、それらが自分の曲だって思ってもらえれば、僕はハッピーだよ。もちろん、DJセットでは、みんなに踊って欲しいから、よりエネルギッシュなプレイをするね。

__あなたの出世作は「Show Me Love」のリメイクだったわけですが、ずっとハウスのファンだったのでしょうか?

「Show Me Love」は、僕が初めて作ったハウスではないんだけど、最初にひきつけられたハウスチューンだったんだよね。12歳の頃、お金がなかったから父親に連れられて中古のスピーカーを買いに行ったんだけど、それを売ってくれた人がRobin Sの「Sow Me Love」を聴かせてくれたんだよ。それで、もっとこういうスタイルが聴きたいと思って、父親に「これはなんていう音楽なの?」って聞いたら「ドラムンベースだよ」って(笑)。「そうじゃない、これはハウスだ」ってわかって、それからハマっているよ

__Lucas & Steveとの「Summer On You」は、よりダンサブルな曲に仕上がっていますね。

「Summer On You」は2バージョンあるんだよ。チルなラジオやSpotify向けのと、フェスでもかけられるダンサブルなクラブ向け、二つ作れてハッピーだね。

__Tomorrowlandのメインステージもターゲットに入っていますか?

わからないなー(笑)。来年かもね。今回のステージやバイブスは気に入ったけど、どんなDJもいつかはメインステージって思ってるんじゃないかな?

__最後に日本のみんなにメッセージをください。

Summer Sonicに行くんだけど、もうお寿司屋さんは予約したよ(笑)

Sam Feldtのラジオ番組“Heartfeldt Radio”は、Futuregroove FMで毎週月曜24:00-25:00に放送中です。

interview : Tomo Hirata

Posted in Interview, Tomorrowland.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。