Risa’s EDM drop report from America 45 : DJのハロウィン仮装


Risa’s EDM drop report from America
第45回:DJのハロウィン仮装

ハロウィンまであともう少しですね!
こちらアメリカでは、どんな仮装をするかの話題で盛り上がっています。
そこで今回は、10組の人気DJの話題になったハロウィン仮装姿をご紹介します。

■ Zedd
Zeddは以前、DJ仲間のSkrillexの仮装(カツラとメガネ着用)をして、その写真姿をSNSに投稿したことで話題になりました。
後に、その写真をSkrillexが自身のインスタグラムに載せて、Zeddをタグしたことでさらに話題になりました。
Skrillexの容姿を知っていれば、誰でも“Skrillexの仮装だ! ”と分かる見事な仮装です。

■ Diplo
さすがDiplo! とてもユニークで手の込んだ仮装で自身のインスタグラムに登場。
スナック販売機衣装です。
普通に、この仮装をしたままストリートの角などに座っていたら、この販売機の中に人が入っているとは思えないかもしれません。
Diploは、インスタグラムでこの衣装を“俺のコスチューム最高”と、自負していました(笑)。

1

■ NERVO
NERVOは、姉妹で仲良く吸血鬼メイクでインスタグラムに登場したことで話題になりました。
こちらアメリカでは、吸血鬼仮装は毎年人気です。
ハロウィン時期になると、たくさんの吸血鬼メイク用品(血のりなど)がどこのお店でも簡単に手に入ります。
最近は、メイクが面倒な人や苦手な人でも簡単に吸血鬼顔になれる、吸血鬼メイクシール(粉やペイントの代用)など、便利な用品がたくさん販売されています。

■ The Chainsmokers
彼らの話題になった仮装は、Duck DynastyのUncle SiとPhilです。
Duck Dynastyとはアメリカの大人気リアリティー番組で、出演者全員ヒゲがボーボーで、アメリカの田舎バリバリの感じなのに豪邸に住んでいて、そのギャップがユニークで、この家族全員がそれぞれかなり変わっていて、いつもイタズラばかりしているという面白い番組です。
イタズラ心が大人になってもいつまでもあるようなThe Chainsmokersにぴったりな仮装だと言われていました(笑)。

■ 3LAU
3LAUは、人気アクションゲームの“アサシン クリード”のキャラクターの仮装をした写真を自身のインスタグラムに載せたことで、“結構本格的!!”と話題になりました。
衣装の布マントとベルトやアクセサリーがマッチしていて、セクシーだとも言われていました。

2

■ Deadmau5
Deadmau5は仮装もなにも、Deadmau5のマウスマスク自体がユニークなので、彼の衣装自体が最高のハロウィン衣装だ!と言われています。
彼の仮装姿というよりも、彼の隣に写っているユニークな衣装の人が話題になりました。

■ Dillon Francis
Dillon Francisと言えば、いつもたくさんのジョークを飛ばしたり、ミュージックビデオも面白いと好評ですよね。
彼はハロウィンでも面白い衣装を着ることで有名です。
これまでの衣装で一番好評なのが、Wonder Woman仮装姿です。
男性なのに、ジョークでWonder Womanになっちゃうところが彼らしいですね。

■ Oliver Heldens
Oliver Heldensと言えば、以前、亀のコスチュームでステージにサプライズ登場して話題になりましたが、亀だけではありませんよ~。
顔はしっかり出ている、可愛いウサギの耳がついたモコモコウサギ着ぐるみという仮装姿でプレイしている姿でも、“カワイイ~!”と話題になりました。
なんだかお茶目ですね。

3

■ Steve Aoki
Steve Aokiと言えば、ハロウィン時期でなくても、ネイティブアメリカン伝統衣装の鳥の羽でできた本格的な被りものを身に着けたりするので、特にハロウィン衣装で話題にはなっていないのですが、以前ハロウィン時期に、顔に傷メイクをした写真でインスタグラムに登場し話題になりました。
プロのメイクアップ・アーティストが施すハロウィンのメイクは、かなり高技術ですよね。
Steve Aokiのアップした写真の傷メイクも、まるで本物のよう!
一応、このようなメイクができなくても、顔や体に貼る傷や血のシールが色々なお店に売られているのですが、やはりメイクアップ・アーティストの技には勝てませんよね~。

■ Laidback Luke
Laidback Lukeは、ハロウィンのイベント直前にお面をして、その姿をインスタグラムにアップしたことで話題になりました。
シンプルな仮装だけれど、お面がカッコイイと好評でした。
アメリカのハロウィン衣装や用品が置かれているストアには、たくさんのお面(マスク)が並べられています。面白いものからグロテスクな物まで種類豊富です。

こちらのハロウィン時期のEDMイベントでは、コスチュームは着ないで、お面だけつけるスタイルの人たちもいます。理由は“コスチュームは高いけれど、お面だけなら安い”や、“コスチュームによっては踊りにくいから”だそうです。

4

いかがでしたか?
ハロウィンまであともう少しですが、まだ皆さんも今年のハロウィンで思い出に残る最高なコスチュームを探すのに時間がありますよん。

Escape Wonderland情報や、まだまだ他にもEDM関連の情報がありますよん♪
So stay tuned and stay plur!
Another EDM report will drop soon!!! Thank you for reading!

Posted in Risa Clark Column.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。