Risa’s EDM drop report from America 51 : メキシコでもEDM人気は続く?


Risa’s EDM drop report from America
第51回:メキシコでもEDM人気は続く?

前回、アメリカではまだまだEDMブームが続くだろうという記事を書かせて頂きましたが、今回は、アメリカのお隣の国メキシコでも”EDM人気が続くのでは?” という光景を目撃しました。

そこで今回は、メキシコからその光景について詳しくご紹介します。

年末、筆者はメキシコのカンクーンに滞在しました。
カンクーンと言えば綺麗な海、また、マヤ文明の有名な遺跡までもそんなに遠くないことで有名ですよね。

そしてカンクーンにはたくさんのパーティー好きな人たちが世界中から集まります。

新しいナイトクラブも次々にでき、ホテル改装、ホテル内でのコンサートやパーティーもどんどん増え、さらにこれからパーティーが増えて行くと言われています。

実際、新しいナイトクラブを建設中な場所などを目の当たりにしました。

ほとんどの観光客たちは、バスを利用して街内を移動をします。カンクーンのホテルが並ぶ街では、バスが10秒置き?というくらいの間隔でひっきりなしに来ます。

そのバスの広告でびっくりしたのが、Redfooとそのパーティークルーのイベントの広告です。Redfooの顔全体がバスの横、そして後ろに大きく載った広告で、なんと街中のいたる所に同じ広告(Redfooの顔全体)の旗が掲げられています。

タクシーの車のボディーにもRedfooの広告で、どこにでもRedfoo!

このイベントは12月31日に行われるので、それまでずっとこれを目撃することができるのでしょう。

EDCメキシコは日本より先に2014年から開催されていて、2017年の開催予定もあるので、まだまだEDCラスベガスのように続いていく様子です。

Redfooの広告だけでなく、他のメキシコ現地のEDMアーティストの広告もこの街で発見しました。

また、ビーチに向かう道のビルボードには、dj-festのR3HABとDash BerlinとNERVOの顔が大きく載った広告が載っていて、なんとそれがカンクーンの空港にもありました。

これからもこの街ではどんどんEDMのイベントが増えて行くみたいです。

日本でもEDCがアメリカやメキシコのように盛り上がってずっと続いて行くといいですね♪

いかがでしたか?

アメリカだけでなく、メキシコでもEDMアーティストの広告をこんなにビッグに出している場所があったので、なんだか“おっ!まだまだEDM終わらないじゃーん”とHappyな気持ちになりました。

まだまだEDM関連のお役立ち情報や面白い情報がたくさんあります!!

So stay tuned and stay plur!
Another EDM report will drop soon!!! Thank you for reading!

Posted in Risa Clark Column.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。