ULTRA MUSIC FESTIVAL 2017 まとめ & 2018年開催日程発表


3/24-26にマイアミのベイフロント・パークで開催された、19回目のULTRA MUSIC FESTIVALには、60カ国以上から165,000人が集まり、チケットはSOLD OUTとなりました。サプライズ・ゲストは、Future、Louis Tomlinson、Alessia Cara、Kygo、2 Chainz、Lil Jonなどなど。

その模様は記録破りの26時間ライブ・ストリームで中継され、世界中から750万人以上が視聴しました。日曜午後のHardwellの中継では、ULTRA初の360度インタラクティブ・ストリームも行われました。
さらに、メインステージは4K解像度でキャプチャーされ、YouTubeにアップされたそのセットは、すでに620万ビューを突破、ライブで見た人も含めると、1410万人に届いたことになります。

ULTRA MUSIC FESTIVAL 2017 ライブセット まとめ

SNSでは4200万を超える言及があり、4年連続でNo.1の話題となり、エレクトロニック・ミュージック史上最高のイベントとなっています。

メインステージでは炎とLEDの巨大演出のもと、Major Lazer、Axwell ^ Ingrosso、DJ Snakeがトリを務めました。

ライブ・ステージにはA$AP Ferg、Cypress Hill、Ice Cube、Chase and Status、The Prodigy、Underworldといったワールドクラスのアーティストが並び、Justiceはライヴ楽器とフューチャリスティックなライティングによる新しいショウで、締めくくりを果たしていました。

Carl Cox Megastructureには、ハウス、テクノ勢が終結。Carl Coxは金曜土曜のトリだけでなく、土曜午後にはNic Fanciulliとのバック・トゥー・バックも披露しました。土曜には、USでは2010年のUMF以来ひさびさにSasha and John Digweedも登場。

日曜には、A State of Tranceの仲間と、Armin Van Buurenがこのステージを締めくくりました。

いまや有名となったArcadia Spiderを有するResistanceステージでは、Maceo Plex、Adam Beyer、Jamie JonesとSeth Troxlerのバック・トゥー・バックがトリを務めました。

Ultra Worldwideステージには、トリでDatsik、Nicky Romero、GTAという豪華ラインナップ。UMF Radioステージは、Mad Decent、OWSLA、Jackedといったレーベルが仕切りました。

マイアミ警察によると逮捕者は昨年から50%近くの減少となり、最も安全に運営、成功をおさめることができました。

Ultra Music Festivalのチーフ・セキュリティを務めるレイ・マルティネスは「参加者、クルー。アーティスト、市民の安全は、常に第一の優先条件です。われわれが、美しいダウンタウン・マイアミによって毎年ホストされる、世界で最も偉大な音楽フェスティバルを創り出す責任において、ノウハウと能力、そして最も大事なことには、絶対的な決意を持っていることに疑いの余地はありません」と語りました。

2018年のUltra Music Festivalは、3/23-25に18歳以上のイベントとして開催されます。

Posted in Events, Ultra.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。