Laidback Luke – UMF 2017 インタビュー


メジャーなフェスのヘッドライナーを務めるだけでなく、個人のレコードレーベルを持ち、カンフーのチャンピオンシップでも優勝をしたり、多彩な才能を持つLaidback Lukeに、Miami Music Week中、Ultra Music Festival現地で直接インタビューすることができました。ショートインタビューの中で、ディープなインパクトの強い、何かをマスターすることにおいて、クリエィブになることへのアドバイス、音楽に関してだけではなく、人生においての成功するための秘訣などを聞き出すことができました。もちろん、日本の皆さんへのスペシャルメッセージもあります!

Interview with Laidback Luke

__あなたは最近カンフーで数々の賞を香港で取得なさいましたよね。おめでとうございます! 武道と音楽をプロデュースすることにおいて、何か並行しているなと思われることはありますか?

Laidback Luke:全てのことにおいて、たくさん練習することが結果を生み出すんだ。何か練習をし始めた頃ってそれに対して難しいなって思っちゃうけど、それをマスターするところまでいけば、もうそんなに難しいとは思わなくなるよね。でも、結構そのことに気づかない人もいるよね。武道で、マスターになれるまでは約十年かかると言われてるけど、これってプロデュースすることにおいても同じことなんだ。スキルをマスターするのに一万時間はかかるって言われてるでしょ? だから、繰り返すけど、音楽をプロデュースすることにおいてもそれは同じことなんだ。

僕、カンフーのクラスをMiami Music Week中にここマイアミで受け持って、50人にカンフーを教えたんだ。彼らにはカンフーのテストをした。そのテストとは、彼らのエネルギーレベルを監視して、彼らがどれくらい集中できているか見たんだ。もし彼らが集中できなければ、エクササイズを変えたり、少し動きを弱めたり、または他の試練を出してみたんだ。で、面白いなって思ったことは、ショーでプレイしている時に観衆を扱う時と同じような感覚になったんだよ。ショーでは、いつも観衆をモニターして、もし彼らにはもっとエネルギーが必要だと思えば、それに対応してもっとエネルギッシュなものを提供するし、もっと彼らにヴォーカルが必要だと思えば、それを提供するし、カンフーと音楽ってこんな感じで、面白く並行してる感じなんだよ。

__一番最新のあなたのアルバムの中の数々の曲は、数時間というとても短い時間でプロデュースされたとのことですが、あの有名なアブラハム・リンカーンのゲティスバーグ演説も、演説する場所までの行き道でリンカーンが短時間の間に書きあげたものだといいます。どんなことから、すらすらと素晴らしい音楽を作るインスピレーションを受けているのですか?

Laidback Luke:おー素晴らしいね! いいね! 僕のビデオブログで話したことがあるんだけど、僕にはとてもシンプルなトリックがあるんだ。とてもとてもシンプルで、これは何か書いていて、もう何を書いて良いか分からなくなって詰まっちゃた感じになった時に使える、最高なものなんだ。それは、ただ単に自分の曲をコンセプトとして扱うんだよ。例えば、今僕はここで座って君と話してるでしょ? そんな中、パッとすぐにこんなことが思い付いたりできるんだ。それは、僕は、M83とDJ Chuckieのサウンドを合わせた感じの新しい曲を作りたいな、とか。で、すぐにその曲のサウンドがどんな感じか、イメージが頭に浮かぶんだ。こういう小さなコンセプトがバーンとクリエイティブに脳に刺激されるんだよね。

このアルバムの曲は全部、ただ二つのセンテンスをプロデュースする前に書いただけなんだ。例えば1曲は、Benny Bennasi「Cinema」の僕のリミックスとHardwell「Spaceman」が合わさった感じのもので、こんな感じで似たコンセプトのサウンドを3曲作って、その中のベストなものをアルバム用に選んだものなんだ。こんな感じで、いつもクリエイティブなんだよ。

__何かインスピレーションを待ってから曲を作る作業をしているのですか?

Laidback Luke:クリエイティブになるには、頭の中にスペースが必要だと思う。強制的にクリエイティブにはなれないでしょ。だから、僕の大きなクリエイティブになるための秘訣は、何かプロデュースする時に、曲を作り途中でも2時間ごとに30分の休憩をすること。これって大事だよ。その30分の休憩中に何か食べたり、歩いたり、何かを見たり、とにかく30分間作業から離れるんだ。すると、ベストなアイディアが浮かぶ。そして、曲作りに戻ると耳はリフレッシュされ、すぐにまた作業に取り掛かれるんだ。休憩するということが、クリエイティブなものを作ることを実現させてくれるよ。

__あなたはとても日本でポピュラーです。何か日本のファンでのメッセージはありますか?

Laidback Luke:まず始めに、それはとても嬉しいことだね! 日本のファンが僕の音楽を好きだってことはとても光栄だよ。日本に行くことが大好きだし、日本の人たちはアメージングだよ。

__あなたは日本で何度もプレイされたことがありますが、日本のどんなことが好きですか? また、日本でプレイすることで何か好きなことはありますか?

Laidback Luke: なんとね僕のビデオブログで、日本のEDMシーンについて詳しい情報を載せたことがあるんだ。日本のファンは、僕が曲を出して一週間後にそれを日本でプレイしたら、もう皆それを知っていて、口ずさんで歌っていたりして感心するよ。そして、DJが日本に行ったら、そのDJたちのロゴが入った服や帽子をみんな着ていたり、とても熱心で、そういうことって他の国ではなかなかないことかな。

__あなたはこの業界に長いこといらっしゃいますが、最近のダンスミュージックの音楽方向性についてどう思われますか?

Laidback Luke:うーん、これは最近扱いにくい質問だよね。僕ね、The Chainsmokersが大好きなんだ、本当に。彼らはとてもナイスだしね。だけど、今はどんな音楽的方向性に進んでいのるかって言うと、すごくポップな感じで、全然ハウス・ミュージックな感じではないよね。多分、僕は年もとってきたしこの流れに沿ってはいくけど、エレクトロニック・ダンスミュージックはエレクトロニック・ダンスミュージックだと思うし、128bpmでアンダーグラウンド的なものが恋しいよ。まあ、これからダンスミュージックがどんな感じになっていくかは、そのうち分かるよ。僕が思うに、とてもビックでヘルシーなシーンだと思うよ。色々なことが音楽を通してできて、たくさんのものが聞けて最高な感じのね!

Interview: Risa Clark
Photo: Ruud Baan

*Laidback Lukeのラジオ番組’Mixmash Radio’はFUTUREGROOVE FMで毎週木曜19:00から放送中です!


Whether he is headlining major festivals, running a successful record label, or winning Kung Fu championships, Laidback Luke is a true Renaissance man. We recently sat down to interview the superstar during Miami’s Music Week. Though we spoke to him for just a short time, he had some amazing insights and advice for mastering one’s craft and for being more creative and productive. For anyone aspiring to be a successful – not just in music, but in anything – there is no doubt you will be impacted by the interview below! Of course, Laidback Luke also had a special message for his Japanese fans at the end!

Interview with Laidback Luke

___Congratulations so much on winning so many awards for Kung Fu in Hong Kong recently! What are the parallels you feel exist between the work you put in to the martial arts and the work you put in to producing your music?

Laidback Luke: With everything, with a lot of practice, comes results. What a lot of people don’t realize is that when you start to practice something, it always feels hard until you reach the point where you have actually mastered it and then it’s not that hard anymore. In the martial arts, we say it takes about 10 years to become a master. It’s the same with producing as well. Ten thousand hours to master a skill – that’s what they say, right? So, it’s the same with producing as well.

A funny thing is that I taught a Kung Fu class while in Miami for Music Week to a crowd of 50 people and as I was putting them through all these Kung Fu tests, I was monitoring their energy levels and seeing if they were staying focused; and if not I changed the exercises or I toned it down or gave them a challenge. So it actually felt like I was handling the crowd similar to how I would at a show. At a show, I always monitor the crowd. If they need more energy, I’ll give them more energy. If they need to have some vocals, I’ll give them some vocals and that’s a another funny parallel as well.

___You commented previously that many of the songs on your most recent album took only hours to produce (very quickly). Abraham Lincoln wrote the Gettysburg Address on the way to the speech. Where do you get your inspiration to make such amazing music so seamlessly?

Laidback Luke: Amazing! I love it! I have a very simple trick and I have said it on my vlogs once as well – super, super simple and this is amazing for anyone who feels like they have a writer’s block or anything – just handle your track as a concept. For instance, I am just sitting here talking to you, and off the top of my mind, I could tell you I want a new song to sound like M83 meets DJ Chuckie. Instantly, you’ll have an image in your head of what the track might sound like. So, your brain all of the sudden by having this little concept starts rattling creatively. All of the tracks on my album I just wrote down in two sentences (before I started producing). For instance, one track was my Benny Bennasi ‘Cinema’ Remix meets Hardwell ‘Spaceman.’ I made three tracks that sounded like this concept and then I picked the best one out for my album and that’s it. So you’ll always be creative this way.

___Do you wait for inspiration to come to you before you start working?

Laidback Luke: There needs to be room for creativity. Creativity cannot be forced so another big tip of mine is, for instance, if you produce, it’s always important that after every 2 hours, you take a half hour break. It doesn’t matter where (when) you are in the track. You will always see that in that half hour you are away – eating, walking, watching something – the best ideas come up. Then when you get back to your track, your ears are refreshed and you can instantly hear what you still need to do. Those little breaks give the space for creativity.

___You are hugely popular in Japan – what message do you have for your Japanese fans?

Laidback Luke: First of all, it’s incredible to hear! I am super honored that they like my stuff. I love coming to Japan and I think the Japanese people are amazing!

___You have played in Japan many times before. What do you love most about Japan? What are some things you like to do when you play there?

Laidback Luke: The best thing is – and I actually dedicated a whole vlog to the EDM scene of Japan – that the people are so dedicated. For example, if I put a song out and then I play it in Japan a week after, they will already know it and sing along to it. And when DJ’s go over to Japan, the fans are fully dressed in merchandise and logos, so it’s just such a dedicated crowd and you don’t see that anywhere else in the world.

___You have been in the game a long time – how do you feel about the current direction of dance music?

Laidback Luke: Well, It’s a tricky question nowadays. I love the Chainsmokers, I absolutely do – they are such nice guys. But the way it’s going now, it’s going really pop and it has nothing to really do with the house music feel. It’s probably just me getting old and I’ll move along with it, and electronic dance music is electronic dance music, but I kind of miss the 128bpm and underground stuff. We will see where it goes. I think, overall, it’s a very big and healthy scene – tons of stuff to do and listen to so it’s great!

Interview: Risa Clark
Photo: Ruud Baan

Laidback Luke Pages
Website: http://www.laidbackluke.com/
Twitter: https://twitter.com/laidbackluke?lang=en
Facebook: https://www.facebook.com/OfficialLaidbackluke
Instagram: https://www.instagram.com/laidbackluke/
YouTube: https://www.youtube.com/user/laidbackluke
Soundcloud: https://soundcloud.com/laidbackluke

Posted in Interview, Laidback Luke, Risa Clark Column.