Jonas Blue、オフィシャル・ライブレポート


3月13日(水)、14日(木)にジョナス・ブルー ジャパン・ツアーが開催された。両公演とも2ヶ月前の時点でチケットは完売しており、プレミアムな公演となった今回のジャパン・ツアー。ステージ上には、最新シングル「ポラロイド」のジャケット写真を彷彿とさせる巨大なポラロイド写真枠の中央にジョナス・ブルーがスッポリとハマる形でセットが組まれ、今までのDJショーとは一味違う単独公演ならではのこだわりと規模の大きさに、早くもファンは熱気に包まれていた。

ジョナス・ブルー ジャパン・ツアー2019、ライブ・レポート

7時15分、巨大なスクリーンにジョナス・ブルーのロゴとアルバム『ブルー』のジャケット写真が映し出され、ジョナス・ブルーが登場。1曲目の「バイ・ユア・サイド」のイントロが流れると会場は大熱狂の渦に包まれた。

この日一番の歓声が上がったのが、前半の6曲目。この日本公演のために準備していたという琴の音色を使った「SAKURA」が流れ、会場がピンク色の照明に包まれる中、自身最大のヒット曲で、日本テレビ系『スッキリ』でも海外DJアーティストとして初のライヴ・パフォーマンスを行った「ライズ」が始まり、今回ゲスト・ヴォーカリストとしてツアーに帯同しているアーロン・リヴァイが登場。大合唱と共に会場のボルテージは最高潮に達した。

その後も立て続けに自身のヒット・シングルやリミックスを織り交ぜながら、フロアを沸かせるジョナス・ブルー。終盤には今週の金曜日に発売される新曲「ホワット・アイ・ライク・アバウト・ユー」披露。まだ公式アナウンスがされていない中での突然の新曲披露に、会場に駆けつけたファンには嬉しいサプライズとなった。

ラストは、再びアーロン・リヴァイが登場し、2017年の夏の大ヒット・シングル「ママ」で締めくくり、日本の国旗を振りながらファンに感謝を述べ、写真を撮影するジョナス・ブルー。既に自身初となるFUJI ROCK FESTIVAL’19への出演が発表されており、益々目が離せなそうだ。

ユニバーサル ミュージック インターナショナルのTwitterアカウントでは、ライブ当日の様子をまとめたモーメントも公開されている。
セットリスト:LINE MUSIC / Spotify

Photo by Emil Walker

FUJI ROCK FESTIVAL’19
新潟県湯沢町苗場スキー場
ジョナス・ブルー出演日:7/27(土)
https://www.fujirockfestival.com/

Posted in EDM News.