Tomorrowland 2017を、YouTubeで

週末の7/21〜7/23、日本時間の今朝方に終わったばかりの<Tomorrowland 2017>のWeek 1。次の週末の7/28〜7/30にはWeek 2が開催され、ライブストリームも予定されています。

今年は、そのTomorrowland 2017 Week 1のライブ映像が、早速TomorrowlandのYouTubeチャンネルに続々とアップされています。現時点でTiësto、Axwell Λ Ingrosso、Steve Aoki、Marshmello、Alesso、Armin van Buuren、Yellow Clawをはじめ、R3HAB、Yves V、Purple Haze、Carl Cox、Ferry Corsten、Gareth Emery、San Holo、JAUZ、Slushii、Otto Knowsなどなど、すでに60組以上がアーカイブされてますよ。以下に何組か貼っていますが、その他のアーティスト/DJのセットはTomorrowlandのYouTubeチャンネルをチェックしてみてください。今後、Dimitri Vegas & Like Mike、David Guetta、Martin Garrix、Steve Angello、Oliver Heldensらもアップされると思われます。

なお、中継された映像は、まだTomorrowlandのオフィシャル・サイトでもReplayできます。

続きを読む

KSHMRが、新レーベル“Dharma Worldwide”を始動

米西海岸を拠点に活動するプロデューサー/DJ、KSHMR(カシミア)が、自身の新レーベル “Dharma Worldwide” をスタートさせるとアナウンスしました。Spinnin’ Recordsの協力のもと始動するこのDharma、第一弾リリースはKSHMR『Materia EP』からのMaurice Westとのコラボレーション曲で、本日7/21にリリースされた「Festival of Lights」となっています。

KSHMRらしいインド的なテイストが全開ですね。

Tomorrowland 2017、ライブストリーム(今週末 7/21-7/23)のタイムテーブルを公開

今週末の7/21〜7/23と次週の7/28〜7/30に、二週に渡って開催されるベルギーのダンス・フェス<Tomorrowland 2017>が、Week 1(7/21〜7/23)のライブストリーム/生配信の放送スケジュールを発表しました。配信は、Tomorrowlandのオフィシャル・サイトで行われます。

先日の記事でもお伝えした通り、4チャンネルでの配信となっていて、配信時間は日本時間で7/22(土)7/23(日)7/24(月)の各日0時(7/21〜7/23の各日24時)からの予定となっています。4チャンネルもあるので、メインステージだけではなくトランス、ハウス、テクノ、ハードダンスのステージ、Monstercat、Drumcode、Refune、Smash The Houseといったレーベル・ステージの配信もありますよ。以下に日本時間のスケジュール貼ってあります。なお、Week 2もライブストリームされる予定となっています。

続きを読む

Martin Garrixが、Armani Exchangeのモデルに

Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)が、“Armani Exchange”の2017/2018秋冬キャンペーンのモデルに起用されました。Armani Exchangeいわく「僕らが聴きたい曲を、僕らより先に知っている、世界No.1にランクされるオランダのDJ」とのこと。

過去にもAviciiやCalvin Harrisがファッション・ブランドのイメージ・キャラクターに起用されたことはあり、最近ではDiploもモデル事務所に所属しましたが、DJが既存の曲をミックスするステージを離れ、自分の曲をプレイするアーティスト化したいま、こうした動きも自然なことかもしれませんね。

Tomorrowlandが4チャンネルで2週に渡ってのライブストリームを発表

世界200か国以上から参加者が集まる唯一のダンスフェスティバル<Tomorrowland>。昨年は17ステージに400以上のアーティストが集まり、18万人を魅了しましたが、2017年は2週にわたっての開催にパワーアップ、40万枚のチケットを瞬殺で完売させています。世界三大ダンスフェスの最高峰という呼び声も高いですね。

そのTomorrowlandが、2017年は7/21-23、28-30に、tomorrowland.comの4チャンネルでライブストリームすることを発表しました。メインステージで人気のEDMだけでなく、ハウスやテクノ、トランス、ベースミュージック、ハードスタイルまで、幅広いジャンルのステージを持つTomorrowlandならではの多彩なライブストリームが期待できそうです。今年の演目は『AMICORUM SPECTACULUM=友人たちのショウ』ということで、その演出にも注目が集まります。

Tomorrowlandのチケットは、毎年あっという間に売り切れてしまうので、家から参戦できるこのライブストリームはうれしいですね。
ちなみにこのビデオ、「どんな理由をつけてTomorrowlandのライブストリームを見るか?(ほかの予定を断るか)」という、ちょっとコメディ・タッチなものとなっています。

FUTUREGROOVEは、WEEK 1にプレス参戦してきますので、現地からのレポートもお伝えしますね。