billboardが2010年代チャートを発表

The Chainsmokers – Closer ft. Halsey (Japanese Subtitles)

billboardが、2010年代チャートを発表しました。これは2009年12月5日から2019年9月28日までの全米チャート・ポイントを集計したものです。

最重要のHOT 100 SONGSに、ダンス/エレクトロニック関連からランクインしたのは以下の通り。強豪ポップスターがひしめく中、ロングランで高順位を記録しないとここには入れないだけに、2010年代にEDMがいかに躍進したかを証明する結果と言えるでしょう。ちなみに1位はMark Ronson Featuring Bruno Mars「Uptown Funk!」でした。
04.The Chainsmokers Featuring Halsey – Closer (2016)
06.Rihanna Featuring Calvin Harris – We Found Love (2011)
33.Marshmello & Bastille – Happier (2018)
57.Avicii – Wake Me Up! (2013)
58.The Chainsmokers Featuring Daya – Don’t Let Me Down (2016)
続きを読む

Pioneer DJが、オールインワンDJシステム「XDJ-XZ」を発売

Pioneer DJが、さまざまなシーンにおいてプロフェッショナルなDJ演奏環境を構築できるオールインワンDJシステム『XDJ-XZ』を発売します。発売時期は、2019年11月中旬予定となっています。

『XDJ-XZ』は、世界中のクラブDJから支持されているクラブスタンダードモデルと同じサイズの大型ジョグをプレーヤー部に採用。さらにジョグの中央部には、高精細液晶ディスプレイを搭載。ミキサー部には、直感的に操作できるPioneer DJの4chミキサーの操作レイアウトを採用し、2系統の外部入力を含めて最大4系統の楽曲を使ったDJミキシングが可能となっています。
また、演奏表現の幅を広げる楽曲アレンジ機能として、SOUND COLOR FX、BEAT FX、X-PAD、FX FREQUENCYを搭載。そして、中央部には7インチ大型タッチディスプレイを搭載しているので、選曲からミックスまでの一連の動作を、手元のディスプレイで確認しながら直感的かつ確実に行うことができます。

また『XDJ-XZ』は、さまざまなメディアや接続方法をサポート。USBストレージデバイスやPC/Macに保存されている楽曲も再生可能で、オールインワンDJシステムでは初となる「rekordbox dj」と「Serato DJ Pro」両方のDJソフトウェアのコントロールにも対応(「Serato DJ Pro」は2020年初頭対応予定)。ユーザーが好みのメディアを使って演奏することができます。

続きを読む

Ken Takano インタビュー(2019)

1990年代末から高野健一やpal@pop名義でシンガー・ソングライター/プロデューサーとして活躍し、オリコン・チャートにランクインしたシングル、アルバムもリリースしているKen Takano。2010年代に入ってからはエレクトロニック・ダンス・ミュージックのプロデューサー/DJとしての活動を本格化させ、近年はFuture House Musicや2-Dutchといった海外レーベルからフューチャー・ハウス系のトラックを数々リリース。そして10月末には、Lost Frequenciesのレーベル、Found Frequencies(Armada傘下)から、FROZTとのコラボレーション・シングル「Set Me Free (ft. Ozimede)」をリリースしたばかりという、ベテランにして注目株です。

ここでは、今後Spinnin’ RecordsからのリリースもひかえているというKen Takanoに、自身の音楽やキャリアについて話をききました。

続きを読む

DJ Mag Top 100 DJs 2019

英DJ Magが毎年主催するTop 100 DJs、2019年度の結果が10月19日、アムステルダムで発表されました。

1位は、TomorrowlandのレジデントDJで、2015年の覇者、Dimitri Vegas & Like Mikeが返り咲き。Tomorrowland Winterの開催や、イビサやフェスでの彼らの活躍ぶりが後押しとなったのでしょう。Martin Garrixの4連覇はなりませんでした。

Dimitri Vegas
「頬をつねったね。2015年に賞をとったのは素晴らしいことだったけど、今回はもっと意味がある、だって俺たちはここ数年とても一生懸命やってきたし、アーティストとして、ファミリーとして、チームとして、そして何よりものすごい勢いでの成長を体験した“音楽シーン”としても成長してきたから、基本的にね」

Like Mike
「それほどたくさんの世界中の人が俺たちを、その一足一足を助けてくれて、再びナンバー1DJに選んでくれたってことは、ほんとに素晴らしい賛辞だ。だから、ウィッレブルーク、ボームから南米、インド、世界中のほかの地域の俺たちのファンにとても感謝している」

目立ったところでは、Marshmelloが、なかなか動かないTOP10圏内で10位から5位に上昇。DJ休止中のHardwellは、それでも9ランクダウンの12位にとどまっています。ビッグルーム勢では、最も勢いのあるTimmy Trumpetが20ランクアップでTop10をうかがう13位。大きく上昇したのは、Calvin Harris、Above & Beyond、Carl Cox、Adam Beyerなどベテラン勢と、Alison Wonderland、Mariana Bo、MATTN、Nina Kravizといった女性DJ。

ニューエントリーでは、テクノとテックハウスの好調ぶりを反映して、Fisher、Carlotte De Witte、Peggy Gou、Tom & Collins、Boris Brejcha、Solardoが順当勝ち。ベース系EDMファンの間ではIlleniumのランクインも話題になっています。

Billboard Dance 100 Artistsに比べると、必ずしも実勢を反映しているとは言い難いランキングではありますが(The Chainsmokers 26位、Zedd 50位、Kygo 52位などなど)、総計100万票以上を集めるDJファン投票ランキングの代表格として、今年も話題を振りまいてくれそうです。

Photo : Boy Kortekaas

DJmag TOP100 2019フルリスト

()内は昨年からの変化(U=アップ、D=ダウン)

01 (U1) Dimitri Vegas & Like Mike
02 (D1) Martin Garrix
03 (U2) David Guetta
04 (-) Armin Van Buuren
05 (U5) Marshmello
06 (U1) Don Diablo
07 (U2) Oliver Heldens
08 (D2) Tiësto
09 (D1) Afrojack
10 (U1) Steve Aoki

続きを読む