Dimitri Vegas & Like Mikeが「Garden of Madness 2018」のフルライブセットを公開

Dimitri Vegas & Like Mike – Garden of Madness 2018 FULL LIVE SET

Tomorrowlandの顔としても知られるベルギーのデュオ、Dimitri Vegas & Like Mike(ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイク)が、毎年12月に地元アントワープで開催している単独アリーナ・コンサート。今年は、“Garden of Madness 2018”と題してAntwerps Sportpaleis(約2万人のキャパシティ)で二週四夜(12.14/15/21/22)行われましたが、そのフルセット・ライブ・ビデオが公開されました。約2時間となるこのビデオ、ゲスト出演したArmin van Buuren、Netsky, Lost Frequencies、Lil Kleineらも登場する内容となっています。

ちなみに“Garden of Madness”は、彼らが毎年サマー・シーズンにイビサのUshuaïaで行ってきたレジデンシーの名前で、今回のショーはそのウィンター・エディションになりますね。

Martin Garrixが、ADEで披露したライブ『ANIMA』をフル公開

Martin Garrix Presents: ANIMA (Live @ Amsterdam RAI 2018)

Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)が、今年のADE期間にAmsterdam RAIで行ったライブ・ショー“ANIMA”の、フルセット・ビデオ『Martin Garrix Presents: ANIMA (Live @ Amsterdam RAI 2018)』を公開しました。

約2時間に渡るこのライブ・パフォーマンス、4K UHD/5.1サラウンドで撮影・録音されたものとなっています。

Zedd、GQで自身の代表曲について語る

Zedd Breaks Down His Most Iconic Tracks | GQ

「The Middle」が、2019年2月に授賞式が行われる第61回グラミー賞の2部門にノミネートされたZedd(ゼッド)。彼がGQのYouTubeチャンネルで、自身の音楽的バックボーンや、自身の代表曲/ヒット曲が誕生した経緯について語りました。要約すると…

Zedd ft. Foxes / Clarity
自分のElectronic Dance Music Artistとしてのキャリアを形づくった。Matthew Komaに「Lost At Sea」のボーカルを書いてもらったんだけど、エモーショナルすぎて「Lost At Sea」には合わなかった。でもそのアカペラを「Clarity」にはめてみたら、鳥肌がたつほどよかった。しかしMatthewのボーカル・レンジからは最高音が外れていたので、ほかのシンガーを探すことになった。一時は締め切りの関係でアルバム収録をあきらめかけたんだけど、ぎりぎりでFoxesをSkypeでつかまえることができた。

Zedd ft. Hayley Williams / Stay The Night
Paramoreのファンで、Haileyと一緒にやりたいと思っていた。「Clarity」以前は、DJはDJでミュージシャンじゃないでしょ、という烙印を押されていたので、一緒に仕事をしてくれる人を見つけるのもとても難しかった。Haileyは、自分をDJ以上のものとして見てくれた。

Ariana Grande ft. Zedd / Break Free
この曲は、自分にはふさわしくないけど大好きだったから、Max Martinに送ってみた。彼はトップラインを書いて、Ariana Grandeと一緒にスタジオに入ってくれた。Arianaの大ファンだったし、一緒に仕事をする機会に恵まれて、とても感謝しているよ。

Zedd & Alessia Cara / Stay
過労で6週間休んだあと、リフレッシュして作った曲だね。

Zedd, Maren Morris & Grey / The Middle
ボーカリストを13人も試したんだ。
※以前Zeddはこの楽曲について、“僕らはこのレコードがうまくきまるまで、ほんとに一生懸命だった。Marenと仕事するのは、とても楽しかった、彼女は明らかに素晴らしいシンガーで、とても才能のあるミュージシャンだから。Greyと仕事するのも大好きなんだ、僕らは可能な限り最高の音楽をつくるようがんばれるし、その結果は信じられないくらいだ”とのコメントも出しています。

また、自身のバックボーンについては、“両親が音楽を作っていたので、音楽に興味を持った”、“4〜5歳のとき、曲を書き始めた”、“僕のファンの多くは、僕がどんなところから出てきたのか知らないんだけど、僕はDJをやるずっと前からクラシック・ピアノやドラムをやっていたんだ。だから楽器を演奏したり、オーガニックな音楽を作ることが僕の原点なんだ”、と語っています。

そしてZeddは、“音楽は、いろいろなカルチャーをひとつにできる”、とも語っています。詳しくは、GQのビデオをご覧ください。

続きを読む

Ultra Europe 2018のアフタームービーが公開

ULTRA EUROPE 2018 (Official 4K Aftermovie)

今年7月にクロアチアで開催された<ULTRA EUROPE 2018>が、アフタームービーを公開しました。昨年同様約10分の内容で、ビデオを手がけたのはFinal Kid。トラックリストは以下の通りです。

来年のULTRA EUROPEは、7月12日、13日、14日の開催で、現在“GA 3-Day Ticket”を販売中です。

Tracklist
01: Nicky Romero & Deniz Koyu – Paradise (ft. Walk off the Earth) (Protocol Recordings)
02: Thomas Newson & Sam Void – Like That (Protocol Recordings)
03: Dannic – Tenderlove (Spinnin Records)
04: Low Steppa feat. Ayak – No Love
05: Olivier Giacomotto: Bipolar Star (Victor Ruiz Remix)
06: Tiesto & Zaxx – Affliction (Musical Freedom)

Kygoが「Happy Now (ft. Sandro Cavazza)」のミュージック・ビデオを公開

Kygo – Happy Now ft. Sandro Cavazza

Kygo(カイゴ)が、スウェーデンのシンガー・ソングライター、Sandro Cavazza(サンドロ・カヴァッザ)をフィーチャーした「Happy Now」のミュージック・ビデオを公開しました。「Happy Now (ft. Sandro Cavazza)」は、Kygoが10/26にSony Musicからリリースしたニュー・シングルです。

この「Happy Now」は、リリースの翌日にさいたまスーパーアリーナで行われたKygoの単独来日公演で、Sandro Cavazza本人を迎え生パフォーマンスされたことでも話題になりましたね。ちなみにSandro Cavazzaは、Avicii(アヴィーチー)の「Without You」にも参加していたシンガーで、この「Happy Now」の歌詞(楽曲プロダクションも、でしょうか)は、二人と親交があったAviciiへのトリビュートにもとれる内容となっています。

続きを読む