アメリカにEDMブーム到来

アメリカは、これまでエレクトロニック・ミュージック不毛の地と思われていたし、そこではクラブミュージックの扱いも基本的にマイナーなものだった。それが、ここ数年で大きく変ってきた。Billboard誌が若者の音楽としてEDMを取り上げたり、大きなフェスでもダンス・アクトがヘッドライナーに近い扱いを受けるようになってきた。

その原因は、もちろんデヴィッド・ゲッタが大ブレイクしたことにあるのだが、EDMは、今やアメリカの若者にとって「最もイケてる」音楽なのだ。ロックが元気を失っていく中、EDMの台頭は、とても目立つ。

EDM=Electronic Dance Musicは、元来エレクトロニックなダンス・ミュージック全般を表す言葉で、そこにはハウスからトランス、エレクトロ、ドラムンベースにいたるまで、様々なジャンルが含まれていた。しかし、近年EDMと言った場合、その範囲はもうちょっと狭くなる。エレクトロ・ハウスを中心に、エレクトロ、ダブステップあたりまでを指すことが多いだろう。この言葉が使われるのは、主にアメリカで、ヨーロッパでは使われることは少ない。

アーティストで言うと、ゲッタはもちろん、スウェディッシュ・ハウス・マフィア、スクリレックス、カスケード、アフロジャック、スティーヴ・アオキなんていうのが代表格として上がってくる。トランスからの転身組でティエストも、このグループに入れてよいだろう。

このアメリカにおけるEDMブームは、実はとてつもない起爆力を秘めている。アメリカには、世界最大の音楽マーケットがあるのだから。

しかも、アメリカで流行したことは、ほとんど日本にも遅れて入ってくる。すでに、その兆候はあるが、日本にEDMブームが到来するのも、そう先のことではないだろう。だから僕は、Loud Essentialsで、今一番面白いこのシーンからの音楽をたくさん紹介している。もともと自分はDJなので、近いうちに現場でのレギュラー展開もしたいなと思っている。

ヨーロッパでのダンス・ミュージック・ブームから20年余り、ゲッタがDJを始めてから30年という歳月を経て、ついにアメリカでEDMという名前の音楽は爆発し始めた。これは、ものすごく面白いことになりそうだ。英Guardian誌によると、International Music Summitのディレクター、ベン・ターナーは「20年の時を経て、EDMは成熟し、アメリカにおいてヒップホップ以来最大のユース・ムーブメントになった」とさえ称している。2003年にUKでスーパークラブ・バブルがはじけて以来、クラブ・ミュージック・シーンには、あまり明るい兆候はなかったが、暗黒時代はいつまでも続かないのだ。