EDMの次はトランス再び?

NWYR @ Ultra Music Festival Miami 2017

edm.comにおもしろい記事が出てました。簡単に言ってしまうと、トランスが再注目されてる中、EDMに転向していたSander Van DoornやW&W、Artyなどが別名義でトランスに戻り始めているのは金のためか?って話ですね。
http://edm.com/articles/2017/5/2/edm-djs-are-returning-to-trance

John O’Callaghanは「正直なところ、DJがどれだけ金が欲しかったかって話でしょ。コマーシャルな音楽をプレイして、より金を稼ぎたかったから、そうしたんだ。財布に突き動かされてるなら、そうするでしょ。でも、トランスに突き動かされているなら、自分の愛するところにとどまるよ」って言ってて、アーミンもそれに同意してます。

が、僕はこれは必ずしもそうではないと思うわけです。EDMムーブメントは、ダンスミュージック史上最大のものだったわけで、それは現在も続いています。このエキサイティングなムーブメントや新鮮な音、新しいアーティストとやっていきたいと思うアーティストもたくさんいるわけです、金銭以前の問題として。ティエストがその代表格ですね。

純粋主義者というのは、どこの世界にもいて、彼らがシーンのベースを築いているのですから尊重するのは当たり前なのですが、一方でトレンドセッターやテイストメーカーという人種もいるわけで、こちらがいなければシーンに新しいムーブメントは起きません。

で、本題に戻ると、EDMアーティストがトランスに戻ったとして、そこにEDMで得た新しいエッセンスが加えられているなら、音楽的にはおもしろいことになると思うわけです。シーンが硬直化したら、それは衰退していくだけなので、柔軟に楽しむべきで、結果的にトランスDJがダンス・フェスのメインステージにたくさん帰ってきたら、トランス・ファンだって嬉しいのではないでしょうか。

個人的には、次の大きなムーブメントがトランス・ルネサンスだとは僕は思わないのですが、トランスがここからUSを中心に一段進化する可能性はあるんだろうなと思ってみています。