なんでマッシュアップかけるんですか?

Pocket

昨日、EDMFで会った人に「なんで他の曲のアカペラを載せたりして、普通にかけないんですか?」と聞かれました。「僕は、僕のDJセットでしか聴けない音楽を楽しんでもらいたいんです」と僕は答えました。

これ、けっこう重要なことなんです。

beatportのTOP 100を毎週チェックして、エレクトロ・ハウス/プログレッシヴ・ハウスのヒット曲を買って、ショートミックスでそのままつないでいけば、EDM DJはできます。今はPC DJもあるので、誰でも、そう誰でも3日もあれば、それはできてしまうでしょう。しかも、EDMの楽曲はフロアを盛り上げるという点では優秀なものが多いので、それでフロアはちゃんと盛り上がります。実際に、こういったスタイルでEDM DJをしている人は、日本には数え切れないくらいいるはずです。残念ながら、それが主流になっているとさえ言ってもいいでしょう。

しかし、世界的に見た場合、そういうDJは一線には一人もいません。まったくいません。
当たり前ですよね。誰でもできるんですから。

実際に一線で活躍しているEDM DJのプレイスタイルを見てみてください。ダンス・フェスにまで行く必要はありません。UMFやTomorrowlandのYouTube中継とかで充分です。

彼らは、セットの大半を自分のオリジナル楽曲と、自作のマッシュアップやエディットで構成しています。DJとしてのアイデンティティーは、そこにあるんですね。

だから、僕がやっていることは世界的に見ると「当たり前のこと」なんです。そうやってプロデューサー的視点から個性を出すか、もしくはDMCチャンピオンシップばりのスキルとパフォーマンスで個性を出すか、いずれかが最低限EDM DJには求められていると思います。

EDMカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です