The History of EDM – 3 (’90年代)~ハウス大躍進の時代 – UK編


’90年代のUKは、まさに“ダンス・ミュージックの中心地”と言えるほど勢いがありました。
その動向を見ていきましょう。

まず、’80年代末から、UKではハウス、(ブレイクビート・)ハードコア、インディー・ダンスなどがミックスされたレイヴが爆発的に増殖、ダンス・ミュージックのシーンは、瞬く間に巨大化、ポップチャートにもアンダーグラウンド・トラックが大量にチャートインするという現象が起きました。
このシーンから生まれた最大のスターがThe Prodigyです。EDCの創設者Pasquale Rotellaは、こうしたUKのレイヴ・シーンに影響を受けてパーティを始めたと語っています。
The Prodigy – Charly (’91)

このレイヴ・シーンに呼応する形でロック側からもインディー・ダンスの動きがあり、これらの音楽はUKのバレアリック・シーン、マッドチェスター・ムーブメントの中心となりました。
Primal Scream – Loaded (’90)
The Stone Roses – Fools Gold (’89)
Happy Mondays – Step on (’90)


その延長線上にあるJunor Boy’s Ownレーベルは、Underworld、The Chemical Brothersを輩出しています。
EDM系のフェスでOasisがかかったりするのには、こんな背景もあるんですね。
Underworld – Born Slippy (Nuxx) (’96)
The Chemical Brothers – Setting Sun (’96)

その流れでFatboy Slimや、ブレイクビーツ&ロックの要素が強いジャンル、Big Beatのブレイクがありました。
Fatboy Slim – Rockafeller Skank (’98)

よりアンダーグラウンドに近いところでは、トリッピーなプログレッシヴ・ハウスが生まれ、Sasha、John Digweedが象徴となりました。
プログレッシヴ・ハウスは、90年代前半と90年代末から’00年代前半にかけての二度ピークがあります。
Bedrock – For What You Dream (’93)
Sasha – Xpander (’99)

またこのシーンからは、ヨーロッパのフェスでヘッドライナー格まで上り詰めたFaithlessが生まれています。
Faithless – Insomnia (’95)

“UK産ハウス”で、そのあと歴史に名を残しているのは、’90年代末~’00年代初頭に、ラテンやフィルター・ハウスをうまく取り入れたBassment Jaxxでした。
Basement Jaxx – Red Alert (’99)

話を’90年代初頭のレイヴに戻しますが、この頃の(ブレイクビート・)ハードコアからは、ジャングル~ドラムンベースが生まれています。
高速のブレイクビーツをリズムにしたこのジャンルは、レゲエのサウンドシステムからの影響も強く、ハウスの四つ打ちのグルーヴ感から離れたUK独自のものとなりました。
Goldie – Inner City Life (’94)

ちなみにハードコアからは、ハッピー・ハードコア~ハードスタイルが生まれたほか、ドラムンベース経由で2-ステップ、グライム、そしてダブステップが生まれており、EDMとハードコアの関連性は低くありません。

The History of EDM – 1 (’80年代)~ルーツをたどればシカゴ・ハウス
The History of EDM – 2 (’90年代)~ハウス大躍進の時代 – US編
The History of EDM – 3 (’90年代)~ハウス大躍進の時代 – UK編
The History of EDM – 4 (’90年代)~ハウス大躍進の時代 – ヨーロッパ編
The History of EDM – 5 (’00年代)~エレクトロの台頭
The History of EDM – 6 (’09年~’10年)~EDMの起点
The History of EDM – 7 (’10年代)~ダンスフェスの爆発的人気上昇
The History of EDM – 8 (’10年代)~EDMシーンが巨大化
The History of EDM – 9 ~まとめ

Posted in Tomo Hirata Column.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。