The History of EDM – 5 (’00年代)~エレクトロの台頭


ヨーロッパのハウス・シーンは、’90年代を通じて巨大化、そこから派生したトランスも勢いづき、スーパークラブ、スーパースターDJも登場する中、’00年代以降現在に至るまでのダンスミュージック・シーンに最大の影響を与えたのはDaft Punkだったでしょう。
テクノ、フィルター・ハウス、ディスコといった要素を組み込んだ彼らのサウンドは唯一無比のものとしてリスペクトされています。
Daft Punk – One More Time (’01)

Daft Punkチルドレンが2000年代初頭に始めたレーベル、Kitsune、Ed Bangerを中心とするエレクトロ・シーンは、Justice、Digitalismを生み出し、日本でも人気となりました。
Justice – D.A.N.C.E. (’07)
Digitalism – Zdarlight (’05)

DJカルチャーがデジタル化する中、beatportという新たなプラットフォームから生まれたスターがdeadmau5でした。
このころから、ダンスミュージック・シーンは、本格的にプロデューサー主導となっていきます。
deadmau5 ft. Rob Swire – Ghosts N Stuff (’08)

同時期、オランダではエレクトロ・ハウスの人気が上昇、Fedde Le GrandやSidney Samson、Afrojackが注目され始めます。
Fedde Le Grand – Put Your Hands Up 4 Detroit (’06)

スウェーデンでも、新世代のハウスDJに注目が集まり始めます。
Eric Prydz – Pjanoo (’08)
Axwell – I Found U (’07)

この先、2009年以降は本格的にEDMの歴史となりますので、次の記事で。

The History of EDM – 1 (’80年代)~ルーツをたどればシカゴ・ハウス
The History of EDM – 2 (’90年代)~ハウス大躍進の時代 – US編
The History of EDM – 3 (’90年代)~ハウス大躍進の時代 – UK編
The History of EDM – 4 (’90年代)~ハウス大躍進の時代 – ヨーロッパ編
The History of EDM – 5 (’00年代)~エレクトロの台頭
The History of EDM – 6 (’09年~’10年)~EDMの起点
The History of EDM – 7 (’10年代)~ダンスフェスの爆発的人気上昇
The History of EDM – 8 (’10年代)~EDMシーンが巨大化
The History of EDM – 9 ~まとめ

Posted in Tomo Hirata Column.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。