ゼッド、来日公演レポート。幕張ではリアム・ペインがサプライズ出演


日本独自企画アルバム『ステイ+』と、ただいま全米6位と大ヒット中の最新シングル「ザ・ミドル」を引っさげ、ゼッドが約1年ぶり通算10度目となる来日公演「ECHO TOUR」を2018年3月23日(金)幕張メッセ、3月24日(土)神戸ワールド記念ホールにて行いました。幕張メッセは約2万人、神戸ワールド記念ホールは約1万人を動員し、見事両会場共にソールド・アウト。改めてゼッドの日本での人気の高さを物語る来日公演となりました。

ライヴは『ステイ+』にも収録されている「ビューティフル・ナウ」からスタート。立体的に組まれた5枚の特大LEDスクリーンを背に、透明のDJブースから煽るゼッドに会場はいきなりの大興奮に。ステージ最前から会場最後方までを埋め尽くしたオーディエンスは、ゼッドが繰り出す音楽とそれにピタリと寄り添う映像、照明、特効演出に90分間ひたすら踊り、そして歌いまくり。

他のプロデューサー / DJ以上に、自らの楽曲を多くプレイするのもゼッドのライヴの特徴。昨年リリースになってから超特大ロング・ヒットを記録している「ステイ」や最新ヒット曲「ザ・ミドル」では会場から地響きのような大合唱が起きました。ゼッド本人も『お客さんから「ステイ」や「ザ・ミドル」であんな大合唱が起きるのはとても嬉しかった』と神戸終演後に語っていました。その他にも「スペクトラム」、「クラリティ」、「ステイ・ザ・ナイト」など、新旧取り混ぜた自身のヒット曲群や、クイーンやダフト・パンクまで飛び出すセットとなりました。

そして、初日幕張公演ではビッグなサプライズが実現。ちょうど「POPSPRING 2018」で来日していたリアム・ペイン(ワン・ダイレクション)がサプライズ出演!リアムがオンステージし、自らがフィーチャーされたシングル「ゲット・ロウ」をパフォーマンスしました。

ゼッドはこの2公演を皮切りに「ECHO TOUR ASIA 2018」をスタートさせています。日本の後は中国、シンガポール、タイ、マレーシア、フィリピンをツアー予定。来日中には次のシングルを制作中であることを公言していたゼッド、今年の動きからも目が離せません。

Photo by Masanori Naruse

【リリース情報】
★ゼッド『ステイ+』 / ZEDD “STAY +”
★ゼッド『ステイ+』スペシャル・ダイジェスト
★最新シングル:ゼッド、マレン・モリス、グレイ「ザ・ミドル」

Posted in Zedd.