Zedd、GQで自身の代表曲について語る

Zedd Breaks Down His Most Iconic Tracks | GQ

「The Middle」が、2019年2月に授賞式が行われる第61回グラミー賞の2部門にノミネートされたZedd(ゼッド)。彼がGQのYouTubeチャンネルで、自身の音楽的バックボーンや、自身の代表曲/ヒット曲が誕生した経緯について語りました。要約すると…

Zedd ft. Foxes / Clarity
自分のElectronic Dance Music Artistとしてのキャリアを形づくった。Matthew Komaに「Lost At Sea」のボーカルを書いてもらったんだけど、エモーショナルすぎて「Lost At Sea」には合わなかった。でもそのアカペラを「Clarity」にはめてみたら、鳥肌がたつほどよかった。しかしMatthewのボーカル・レンジからは最高音が外れていたので、ほかのシンガーを探すことになった。一時は締め切りの関係でアルバム収録をあきらめかけたんだけど、ぎりぎりでFoxesをSkypeでつかまえることができた。

Zedd ft. Hayley Williams / Stay The Night
Paramoreのファンで、Haileyと一緒にやりたいと思っていた。「Clarity」以前は、DJはDJでミュージシャンじゃないでしょ、という烙印を押されていたので、一緒に仕事をしてくれる人を見つけるのもとても難しかった。Haileyは、自分をDJ以上のものとして見てくれた。

Ariana Grande ft. Zedd / Break Free
この曲は、自分にはふさわしくないけど大好きだったから、Max Martinに送ってみた。彼はトップラインを書いて、Ariana Grandeと一緒にスタジオに入ってくれた。Arianaの大ファンだったし、一緒に仕事をする機会に恵まれて、とても感謝しているよ。

Zedd & Alessia Cara / Stay
過労で6週間休んだあと、リフレッシュして作った曲だね。

Zedd, Maren Morris & Grey / The Middle
ボーカリストを13人も試したんだ。
※以前Zeddはこの楽曲について、“僕らはこのレコードがうまくきまるまで、ほんとに一生懸命だった。Marenと仕事するのは、とても楽しかった、彼女は明らかに素晴らしいシンガーで、とても才能のあるミュージシャンだから。Greyと仕事するのも大好きなんだ、僕らは可能な限り最高の音楽をつくるようがんばれるし、その結果は信じられないくらいだ”とのコメントも出しています。

また、自身のバックボーンについては、“両親が音楽を作っていたので、音楽に興味を持った”、“4〜5歳のとき、曲を書き始めた”、“僕のファンの多くは、僕がどんなところから出てきたのか知らないんだけど、僕はDJをやるずっと前からクラシック・ピアノやドラムをやっていたんだ。だから楽器を演奏したり、オーガニックな音楽を作ることが僕の原点なんだ”、と語っています。

そしてZeddは、“音楽は、いろいろなカルチャーをひとつにできる”、とも語っています。詳しくは、GQのビデオをご覧ください。

続きを読む

2019年グラミー賞ノミネート発表、ZEDDが二部門に

Zedd, Maren Morris, Grey – The Middle (Live From The Billboard Music Awards – 2018)

2019年2月10日に授賞式が行われる第61回グラミー賞のノミネートが発表されました。Billboard Hot Dance/Electronic Songs 2018で1位に輝いた、ZEDD, Maren Morris, Greyの「The Middle」が、グラミー主要4部門のひとつ’Record of the Year’と、’Best Pop Duo/Group Performance’にノミネートされています。「The Middle」は2018年最大のEDMヒットですね。

グラミー賞には、ちゃんと’DANCE/ELECTRONIC MUSIC’カテゴリー(いわゆるEDM)が存在しますが、こちらのほうではAbove & Beyond、Disclosure、Fisher、Silk City、Virtual SelfがBest Dance Recordingにノミネートされています。大物たちに並んで、テックハウスの大ヒット、Fischer「Losing It」もちゃんとピックアップされるあたりにバランス感覚が出ています。

また、リミックスではCID、EDX、Cosmic Gate、Kaskade、Mura Masaの名前が挙がっています。こちらはメジャー・アーティストのリミックス有利ですね。

ZEDDが’Record of the Year’をとれるよう、祈りましょう!

■GENERAL FIELD

Record of the Year
ZEDD, Maren Morris, Grey – THE MIDDLE

Best Pop Duo/Group Performance
ZEDD, Maren Morris, Grey – THE MIDDLE

■DANCE/ELECTRONIC MUSIC

Best Dance Recording
Above & Beyond Featuring Richard Bedford – NORTHERN SOUL
Disclosure (Featuring Fatoumata Diawara) – ULTIMATUM
Fisher – LOSING IT
Silk City & Dua Lipa Featuring Diplo & Mark Ronson – ELECTRICITY
Virtual Self – GHOST VOICES

Best Dance/Electronic Album
Jon Hopkins – SINGULARITY
Justice – WOMAN WORLDWIDE
Sofi Tukker – TREEHOUSE
SOPHIE – OIL OF EVERY PEARL’S UN-INSIDES
TOKiMONSTA – TOKiMONSTA

■PRODUCTION, NON-CLASSICAL
Best Remixed Recording
LSD – AUDIO (CID REMIX)
Charlie Puth – HOW LONG (EDX’S DUBAI SKYLINE REMIX)
Gabriel & Dresden Featuring Sub Teal – ONLY ROAD (COSMIC GATE REMIX)
Kygo Featuring Justin Jesso – STARGAZING (KASKADE REMIX)
Haim – WALKING AWAY (MURA MASA REMIX)

Zeddが、Elley Duhéとの新曲「Happy Now」のミュージック・ビデオを公開

Zedd, Elley Duhé – Happy Now (Official Music Video)

Zedd(ゼッド)が、Elley Duhé(エリー・ドゥエ)とコラボレーションした「Happy Now」のミュージック・ビデオを公開しました。「Happy Now」は、彼が7/18にリリースしたニュー・シングルです。ビデオの監督はDori Oskowitz。

この「Happy Now」は、今年1月にリリースされ大ヒットとなった「The Middle」に続く新曲で、2018年第2弾シングルとなっています。

Zeddが、Elley Duhéとのニュー・シングル「Happy Now」をリリース

Zedd & Elley Duhé – Happy Now (Lyrics)

Zedd(ゼッド)が、Elley Duhé(エリー・ドゥエ)とのニュー・シングル「Happy Now」を7/18にリリースし、リリック・ビデオ(日本語字幕付)を公開しました。

この「Happy Now」は、今年1月にリリースされ大ヒットとなった「The Middle」に続く久々の新曲で、2018年第2弾シングルになりますね。Zeddはこの曲について、“「Happy Now」は、僕がここ最近で初めて作った、オーガニックなサウンドをモチーフにした楽曲だよ。曲中の音は、本物の楽器を使って出したんだ。特にピアノとギターの部分を、ね。メロディーは、どちらかと言うとハッピーで明るい曲調だけど、歌詞は、実は‘ハッピー’と‘アンハッピー’の両方が共存する内容なんだ。みんな「Happy Now」を楽しんでくれるといいな”とのコメントをだしています。

Zedd、クラシックのルーツに戻る新曲を公開

Zedd – One Strange Rock

ZEDD(ゼッド)が、アメリカに拠点を置くメディア、National Geographic(ナショナル ジオグラフィック)とコラボレーションし、ビデオ「One Strange Rock」(Performance Video)を公開しました。
このビデオの楽曲は、地球をテーマにしたナショナル ジオグラフィックの新ドキュメンタリー番組『One Strange Rock』(宇宙の奇石:全10話)に着想をえてZEDDが手がけた新曲で、彼はこの楽曲について“…このプロジェクトを通じてクラシックのルーツに戻ることができて嬉しい”とのコメントを出しています。

ちなみにナショナル ジオグラフィックが送るこの春の新ドキュメンタリー『One Strange Rock』、製作総指揮は映画監督のダーレン・アロノフスキー、番組ホストはウィル・スミスが担当しています。

Love Letter to Earth ft. Zedd | Inspired by One Strange Rock