DJ Mag Top 100 DJs 2019

英DJ Magが毎年主催するTop 100 DJs、2019年度の結果が10月19日、アムステルダムで発表されました。

1位は、TomorrowlandのレジデントDJで、2015年の覇者、Dimitri Vegas & Like Mikeが返り咲き。Tomorrowland Winterの開催や、イビサやフェスでの彼らの活躍ぶりが後押しとなったのでしょう。Martin Garrixの4連覇はなりませんでした。

Dimitri Vegas
「頬をつねったね。2015年に賞をとったのは素晴らしいことだったけど、今回はもっと意味がある、だって俺たちはここ数年とても一生懸命やってきたし、アーティストとして、ファミリーとして、チームとして、そして何よりものすごい勢いでの成長を体験した“音楽シーン”としても成長してきたから、基本的にね」

Like Mike
「それほどたくさんの世界中の人が俺たちを、その一足一足を助けてくれて、再びナンバー1DJに選んでくれたってことは、ほんとに素晴らしい賛辞だ。だから、ウィッレブルーク、ボームから南米、インド、世界中のほかの地域の俺たちのファンにとても感謝している」

目立ったところでは、Marshmelloが、なかなか動かないTOP10圏内で10位から5位に上昇。DJ休止中のHardwellは、それでも9ランクダウンの12位にとどまっています。ビッグルーム勢では、最も勢いのあるTimmy Trumpetが20ランクアップでTop10をうかがう13位。大きく上昇したのは、Calvin Harris、Above & Beyond、Carl Cox、Adam Beyerなどベテラン勢と、Alison Wonderland、Mariana Bo、MATTN、Nina Kravizといった女性DJ。

ニューエントリーでは、テクノとテックハウスの好調ぶりを反映して、Fisher、Carlotte De Witte、Peggy Gou、Tom & Collins、Boris Brejcha、Solardoが順当勝ち。ベース系EDMファンの間ではIlleniumのランクインも話題になっています。

Billboard Dance 100 Artistsに比べると、必ずしも実勢を反映しているとは言い難いランキングではありますが(The Chainsmokers 26位、Zedd 50位、Kygo 52位などなど)、総計100万票以上を集めるDJファン投票ランキングの代表格として、今年も話題を振りまいてくれそうです。

Photo : Boy Kortekaas

DJmag TOP100 2019フルリスト

()内は昨年からの変化(U=アップ、D=ダウン)

01 (U1) Dimitri Vegas & Like Mike
02 (D1) Martin Garrix
03 (U2) David Guetta
04 (-) Armin Van Buuren
05 (U5) Marshmello
06 (U1) Don Diablo
07 (U2) Oliver Heldens
08 (D2) Tiësto
09 (D1) Afrojack
10 (U1) Steve Aoki

続きを読む

Billboard Danceが、アーティスト・ランキング『100 Artists of 2019』を発表

アメリカで最も権威のある音楽チャート(いわゆる全米チャート)を集計しているBillboard(ビルボード)が、ダンス/エレクトロニック・アーティスト・ランキング『Billboard Dance 100 Artists of 2019』の結果を発表しました。

今回で第二回目の実施となる、この“Billboard Dance 100”。昨年同様、世界174ヶ国からの投票と、チャート・データ(セールス、ストリーミング、ラジオ・エアプレイ)やツアー・データ(ショウの収容人員、フェスのブッキング、レギュラーのDJ)をふまえた集計となっているので、現時点で最も信頼のおけるダンス/エレクトロニック・ランキングだといえるでしょう(“DJ”ランキングではなく、“ダンス/エレクトロニック・アーティスト”としてのランキングである点がミソです)。アメリカ・メディアの企画ゆえ、今回もUSベース系がちょっと有利か…という印象はありますかね。

ちなみに昨年のトップ10は、1位:The Chainsmokers、2:Calvin Harris、3:Kygo、4:Marshmello、5:Major Lazer、6:Martin Garrix、7:Zedd。8:Tiësto、9:DJ Snake、10:ODESZA、でした。

Billboard Dance 100 Artists of 2019

01. Marshmello
02. Calvin Harris
03. The Chainsmokers
04. Zedd
05. Kygo
06. Martin Garrix
07. Diplo
08. Tiësto
09. DJ Snake
10. David Guetta

続きを読む

デヴィッド・ゲッタが7枚目のアルバム『7 / セブン』を9月14日発売

グラミー賞の受賞経験を持つ大御所DJ兼プロデューサー、デヴィッド・ゲッタが、9月14日に7枚目のスタジオ・アルバム『7 / セブン』をリリースすると発表しました。このアルバム『7』は、デヴィッド・ゲッタにとって、2014年11月にリリースされた『LISTEN』以来約4年ぶりのスタジオ・アルバムです。

デヴィッド・ゲッタは『7』について、こう語っています。
「自分のキャリアの中で、何かただ確実なものを作りたいと思ったことは一度もないんだ。いつも何かものすごいものをつくりたいと思っていた。僕の7枚目のフル・スタジオ・アルバム『7』を発表できることをハッピーで誇りに思うよ!9月14日に、公式に日の目を見るんだ」

デヴィッド・ゲッタの『7』に収録される楽曲は、「2U (feat.ジャスティン・ビーバー)」、「フレイムス(feat.シーア)」、「ライク・アイ・ドゥ(feat.マーティン・ギャリックス&ブルックス)」、そして「ドント・リーヴ・ミー・アローン(feat.アン・マリー)」など世界的大ヒットを記録したシングルの数々に加え、ビービー・レクサ、G・イージー、J・バルヴィン、ジェス・グリン、リル・ウジ・ヴァート、スティーブ・アオキ他、現在の音楽シーンを背負うスーパースターたちとのコラボ。もちろん8月24日に配信スタートとなった、ジェイソン・デルーロ&デヴィッド・ゲッタ名義による「グッドバイ(feat.ニッキー・ミナージ、ウィリー・ウィリアム)」も収録されます。

ジェイソン・デルーロ&デヴィッド・ゲッタ「グッドバイ(feat.ニッキー・ミナージ、ウィリー・ウィリアム)」

Jason Derulo x David Guetta – Goodbye (feat. Nicki Minaj & Willy William) [Official HD Lyric Video]

そんな中、8月24日に同時配信となったBlack Coffeeとの「Drive」がひときわ異彩を放っています。Black Coffeeは、南アフリカ出身のハウス・アーティストで、この衝撃コラボからは、デヴィッド・ゲッタのハウスDJとしてのルーツを垣間見ることもできます。

Black Coffee & David Guetta – Drive feat. Delilah Montagu [Ultra Music]

8/20にSpinnin’からリリースされたダーク・ディープ・ハウス、Jack Back – Overtoneもデヴィッド・ゲッタの変名プロジェクトという噂になっていますが、ポップなニュー・アルバムの裏側にはハウス回帰の動きもありそうです。

Jack Back – Overtone (Official Audio)

続きを読む

David Guetta & Afrojackが「Dirty Sexy Money (ft. Charli XCX & French Montana)」のMVを公開

David Guetta & Afrojack ft Charli XCX & French Montana – Dirty Sexy Money (Official Video)

David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)とAfrojack(アフロジャック)のコラボレーションで、Charli XCX(チャーリーXCX)とFrench Montana(フレンチ・モンタナ)をフィーチャーした「Dirty Sexy Money」のMVを公開しました。「Dirty Sexy Money (ft. Charli XCX & French Montana)」は、彼らが11/2にリリースしたシングルです。

この「Dirty Sexy Money」は、Skrillexもプロデュースで参加している楽曲です。

Martin Garrixが、David Guettaとのコラボ曲「So Far Away」をリリース

Martin Garrix & David Guetta – So Far Away (feat. Jamie Scott & Romy Dya) (Official Video)

Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)が、David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)とコラボレーションした「So Far Away (ft. Jamie Scott & Romy Dya)」をリリースし、そのミュージック・ビデオを公開しました。「So Far Away」は、Martin Garrixが12/1にSTMPD RCRDS/Sony Musicからリリースしたニュー・シングルです。ビデオの監督はDamian Karsznia。

なおJamie Scottは、One Direction、Tom Odell、Jessie Ware、Hurts、Crystal Fighters、Birdy、Michael Kiwanuka、Izzy Bizu、Rag’n’Bone Manなど様々なアーティストとコラボ・共作をしているイギリス出身のシンガー・ソングライターです。彼は、Major Lazer ft. Justin Bieber & MØ「Cold Water」の作曲にも参加してますね。

ちなみにSTMPD RCRDSからは、AREA21「Glad You Came」のビデオも公開されたばかりです。

AREA21 – Glad You Came (Official Music Video)