Martin Garrixが、Armani Exchangeのモデルに

Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)が、“Armani Exchange”の2017/2018秋冬キャンペーンのモデルに起用されました。Armani Exchangeいわく「僕らが聴きたい曲を、僕らより先に知っている、世界No.1にランクされるオランダのDJ」とのこと。

過去にもAviciiやCalvin Harrisがファッション・ブランドのイメージ・キャラクターに起用されたことはあり、最近ではDiploもモデル事務所に所属しましたが、DJが既存の曲をミックスするステージを離れ、自分の曲をプレイするアーティスト化したいま、こうした動きも自然なことかもしれませんね。

Martin GarrixがAREA21プロジェクトの新曲「We Did It」をリリース


Martin GarrixがAREA21名義で新曲「We Did It」を自らのSTMPD RCRDSからリリースしました。AREA21はMartin GarrixとMaejorの二人からなるプロジェクトで、「We Did It」は「Spaceships」「Girls」に続くAREA21のサード・シングルということになります。「We Did It」は、2016年のUltra Music Festivalでプレイされてから、Martin Garrixの未発表曲という形になっていましたが、ついにリリースですね。Future BassのトラックにMaejorのラップが気持ちよい仕上がりです。
余談ですが、Martin GarrixはDua Lipaとの仲が噂されております。

Martin Garrixが、Troye Sivanとの新曲「There For You」のMVを公開

オランダ出身のプロデューサー/DJ、Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)が、南アフリカ出身オーストラリア育ちのシンガー・ソングライター/俳優、Troye Sivan(トロイ・シヴァン)とコラボレーションした「There For You」のMVを公開しました。「There For You」は、彼らがSTMPD RCRDSからリリースしたニュー・シングルです。ビデオの監督はJordan Taylor Wright。

この「There For You」は、4月に開催された<Coachella 2017>(コーチェラ・フェスティバル)で初披露され、話題を集めていた曲ですね。

Crash Land – Crash Land

Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)のレーベル、STMPD RCRDSから、ヒップホップ系のアクト、Crash Landがデビュー・シングル「Crash Land」をリリースし、そのMVを公開しました。

Crash Landの詳細はまだ明らかになっておらず、さらにSTMPDからのリリースという意外性も手伝って、ミステリアスな展開となっています。

Martin Garrixがニュー・シングル「Byte」をリリース

Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)が、同郷オランダ出身のプロデューサー/DJ、Brooksとコラボレーションしたニュー・シングル「Byte」をリリースしました。このタイプのサウンドは、最近“フューチャー・バウンス”と呼ばれたりもしてますね。

また、Martin Garrixは、4/21に日本限定スペシャル・アルバム『The Martin Garrix Collection』(ザ・マーティン・ギャリックス・コレクション)がリリースされることもアナウンスされました。このコンピは4/29(土)4/30(日)に日本初開催される<EDC JAPAN 2017>への出演を記念したもので、Dua Lipaとの「Scared to Be Lonely」、Bebe Rexhaとの「In the Name of Love」、Usherとの「Don’t Look Down」や、昨年の『Seven』収録曲など計15トラックを収録した内容となっています。

続きを読む