Martin Garrixが、新曲「Dreamer」を公開

Martin Garrix feat. Mike Yung – Dreamer (Official Video)

Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)が、Mike Yung(マイク・ヤング)をフィーチャーした「Dreamer」のミュージック・ビデオを公開しました。11/2にリリースされる「Dreamer」は、先日リリースされた5曲入りの『BYLAW EP』に続く新曲となります。
Mike Yungは、38年間にわたりニューヨークの地下鉄構内で歌っていたストリート・パフォーマー/シンガー(現在58歳)で、様々な苦難に直面しながらも“いつかデビュー・アルバムをリリースする”という夢を追い続けながら活動を続け、そして2016年にSNS上で話題となり、翌年タレント・オーディション番組に出演するなど、一気に有名になった存在ですね。

今回のコラボレーションについてマーティンは、“マイクは素晴らしいシンガーだ。ニューヨークの地下鉄で歌っている動画を見て、彼の歌声と恋に落ちた。彼のストーリーは素晴らしいよ。彼をアムステルダムに招待して、ボートでギターを使って曲を書いて、最高の一週間を過ごした。その曲をリリースするよ。彼にとっては、とてもエモーショナルで、ジェットコースターのようなストーリーだよ”と、コメントしています。

DJ Mag Top 100 DJs 2018 結果発表、Martin Garrixが3年連続1位に

毎年恒例の英DJ Magが主催するTop 100 DJs、2018年度の結果が発表されました。

1位は、3年連続でMartin Garrix(マーティン・ギャリックス)に。地元オランダはアムステルダムでのソールドアウト公演を2日連続(10/19と10/20、Johan Cruijff ArenA / Amsterdam Music Festival: AMF)で行った直後に受賞となりました。彼は、10/15から10/21に開催されたADE(Amsterdam Dance Event)の期間中、自身初のフォトブック『LIFE=CRAZY』のローンチ・イベントや、限定グッズを販売するポップアップ・ショップも開催。また、5日連続で新曲を発表し、これらを収録した5曲入りEP『BYLAW EP』をリリースしたことでも現在話題ですね。

DJ Mag Top 100 DJs 2018結果

()内は昨年からの変化(U=アップ、D=ダウン)

続きを読む

Martin Garrixが「Yottabyte」など新曲を連続リリース

Martin Garrix – Yottabyte (Official Video)

Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)が、自身のSTMPD RCRDSから新曲3曲を10/16にリリースし、そのミュージック・ビデオを公開しました。楽曲は、「Yottabyte」、Blindersとコラボした「Breach (Walk Alone)」、Dyroとコラボした「Latency」で、3曲とも<Tomorrowland 2018>で初披露されたものとなっています。ビデオの監督はDamian Karsznia。

追記:10/19に、5曲収録の『BYLAW EP』がリリースされました。収録曲は以下の通り。上のビデオで全曲試聴できます。

1. Martin Garrix & Blinders – Breach (Walk Alone)
2. Martin Garrix – Yottabyte
3. Martin Garrix & Dyro – Latency
4. Martin Garrix – Access
5. Martin Garrix & Pierce Fulton – Waiting for Tomorrow (ft. Mike Shinoda)

続きを読む

Martin Garrix、新曲「High On Life」をリリース/Tomorrowland 2018のライブセット映像をアップ

Martin Garrix feat. Bonn – High On Life (Official Video)
Martin Garrix | Tomorrowland Belgium 2018

日本時間の今朝7時に、大盛況の中幕を閉じたTomorrowland 2018。

世界最高峰とも言われるこのフェスの大トリを務めたMartin Garrixが、フルセットをYouTubeに早くもアップ、さらに、エンディングでプレイした、プログレッシヴ・ハウスな新曲「High On Life (ft. Bonn)」をリリースしました。

Martin Garrixは、昨年もTomorrowlandのために「Pizza」を書き下ろしていますが、2018年のエンディングも素晴らしいものになりましたね。

続きを読む

Billboardが、初のダンス/エレクトロニック・アーティスト・ランキング『Billboard Dance 100』を発表

USで最も権威のある音楽チャート(いわゆる全米チャート)を集計しているBillboard(ビルボード)が、ダンス/エレクトロニック・アーティスト・ランキング『Billboard Dance 100』の結果を発表しました。今回が第一回目の実施となったこの“Billboard Dance 100 Artists of 2018”、174ヶ国から180,000の投票があったそうです。結果には、それだけでなくチャートのデータ(セールス、ストリーミング、ラジオ・エアプレイ)、ツアー・データ(ショウの収容人員、フェスのブッキング、レギュラーのDJ)も加味されているということで、誰が見てもかなり納得のいくランキングになっています。アメリカのメディアによる企画ゆえ、USのベース系がちょっと強すぎる印象はありますが。

今後は、これまで引き合いに出されることの多かった“DJmag TOP 100”に代わる指針になることはほぼ確実です。クラブからダンスフェスやストリーミングにダンスミュージックのホームグラウンドが移行した今、DJという狭い枠にとらわらずダンスミュージック・アーティスト全般を包括する『Billboard Dance 100』は、新たな時代の幕開けを告げるものと言ってもよいでしょう。

Billboard Dance 100 Artists of 2018

01. The Chainsmokers
02. Calvin Harris
03. Kygo
04. Marshmello
05. Major Lazer
06. Martin Garrix
07. Zedd
08. Tiësto
09. DJ Snake
10. ODESZA

続きを読む