Steve Angelloが「Rejoice (ft. T.D. Jakes)」のビデオを公開

スウェーデン出身のハウス〜エレクトロニック・ダンス・ミュージック・プロデューサー/DJ、Steve Angello(スティーヴ・アンジェロ)が、「Rejoice (ft. T.D. Jakes)」のビデオを公開しました。「Rejoice (ft. T.D. Jakes)」は、Steve Angelloが8/4に自身のSize Recordsからリリースしたニュー・シングル『Genesis』収録曲です。 

『Genesis』は、「Breaking Kind (ft. Paul Meany)」とこの「Rejoice (ft. T.D. Jakes)」の2曲を収録した内容となっています。

Tomorrowland 2017 Report – プレゼント編

ここでは、いつもFUTUREGROOVEをチェックしてくれているみんなに感謝の気持ちをこめて、トップ・アーティスト・サイン入りグッズ・プレゼント・Twitterキャンペーンのお知らせです。いずれも当選者は一名様。24時間トップDJのミックスが聴けるFUTUREGROOVE FMのアプリもダウンロードしてもらえると嬉しいです!

■ Martin Garrixサイン入りTシャツ

Martin Garrixのラジオ番組’The Martin Garrix Radio Show’はFUTUREGROOVE FMで毎週木曜日10:00&22:00から放送中。

■ Axwell Λ Ingrossoサイン入りフラッグ

Axwellのレーベル’Axtone’のラジオ番組’Axtone presents’はFUTUREGROOVE FMで毎月一回日曜日09:00&21:00から放送中。

■ Steve Angelloサイン入りキャップ

■ Nicky Romeroサイン入りキャップ

Nicky Romeroのラジオ番組’Protocol Radio’はFUTUREGROOVE FMで毎週木曜日09:00&21:00から放送中。


続きを読む

Steve Angelloが、ニュー・シングル『Genesis』をリリース

スウェーデン出身のハウス〜エレクトロニック・ダンス・ミュージック・プロデューサー/DJ、Steve Angello(スティーヴ・アンジェロ)が、8/4に自身のSize Recordsからニュー・シングル『Genesis』をリリースしました。「Breaking Kind (ft. Paul Meany)」と「Rejoice (ft. T.D. Jakes)」の2曲を収録した内容となっています(以下で試聴できます)。

2016年初頭に初のフル・アルバム『Wild Youth』をリリースしているSteve Angello。この『Genesis』は、 Still Youngとのコラボ・トラック「Follow Me (Instrumental)」を抜かすと、そのアルバム以来の新曲となっています。“Genesis: Act I”との表記もあるので、Steve Angelloが制作中だと語っていたニュー・アルバムのプロジェクトと連動したリリースでしょうか。

続きを読む

ULTRA JAPAN 2017、PHASE 1ラインナップ25組を発表(2017年9月)

9/16(土)9/17(日)9/18(月)に東京のODAIBA ULTRA PARKで開催される<ULTRA JAPAN 2017>が、PHASE 1ラインナップを発表しました。

ラインナップは、新設のLIVE STAGEにEmpire of the Sun、Pendulum、Porter Robinson、DJ HEADLINERSにAlesso、Carl Cox、The Chainsmokers、Hardwell、Joseph Capriati、Kygo、Sasha & John Digweed、Seth Troxler、Steve Angello、Steve Aoki、Tiësto、SUPPORTにDeorro、Don Diablo、Eats Everything、Frank Walker、Getter、Nic Fanciulli、Nick Martin、REZZ、Sam Feldt、Slushii、Stephan Bodzin、計25組となっています。

充実のラインナップですね。
チケットは現在、第2次先着先行チケット販売中です。

GA3日通し券:¥39,000 税込
GA1日券:各日1日券 ¥13,000 税込
VIP1日券:各日1日券 ¥30,000 税込
※本公演は20歳未満の入場は出来ません

http://ultrajapan.jp/

LIVE HEADLINERS (in alphabetical order):
Empire of the Sun / Pendulum / Porter Robinson

DJ HEADLINERS (in alphabetical order):
Alesso / Carl Cox / The Chainsmokers / Hardwell / Joseph Capriati / Kygo / Sasha & John Digweed / Seth Troxler / Steve Angello /Steve Aoki / Tiësto

SUPPORT (in alphabetical order):
Deorro / Don Diablo / Eats Everything / Frank Walker / Getter / Nic Fanciulli / Nick Martin / Rezz / Sam Feldt / Slushii/ Stephan Bodzin LIVE

SENSATION -Innerspace- レポート/Steve Angello インタビュー(9.3 SAT 2016)

OKM_1473

昨年日本に上陸、大きな話題となった“世界一美しい音楽フェスティバル”<SENSATION>の日本開催二回目が、9/3に幕張メッセで行われました。ドレスコードは“オール・ホワイト”ということで、会場内にはオープンから全身白の衣装を身にまとった観客が大集結しましたよ。

0Q3C4002

今年の演目は“Innerspace”ということで、中央に設置された回転するDJブースや、デコレーションは、巨大なハスのよう。ブースには、筒状のライティングやプロジェクション・マッピングも仕込まれていましたね。特に印象的だったのは、約120個吊るされていた、直径1.8mの白い球体。それが炎やライティングと連動して様々な色に変容し、織り成す美しい空間は、まさに別次元のものでした。7つのステージ展開もあり、来場者は最初から最後まで、その素晴らしい演出に魅了されていましたよ。

OKM_0874OKM_06560Q3C3451OKM_0098OKM_0934

DJプレイのほうは、カウントダウンのあと、まずは看板DJのMr.Whiteがハウス寄りのサウンドを中心に、ダンスフロアを暖めてくれました。

20160903_Sensation Tokyo 2016_007

続くYAX.X & HiRAPARKは、ハード目のセットで、熱気を充満させていましたね。

20160903_Sensation Tokyo 2016_006

そして登場したのは、待望の再来日となったSteve Angello。「Rebel Nation」に始まり、「Someone Else」で終わる、1時間半におよぶ全力のセットで、リアル・ワールドクラスの実力をまざまざと見せつけてくれました。

433A0280

続くTom Staarは、持ち味のトライバル / グルーヴ系ハウスでフロアをロック。

TOM

最後はYellow Clawが、Bass Musicの要素で新風を吹き込んでくれました。

433A0935

今回は来場者の女性比率もより高く、昨年にも増して洗練された雰囲気でしたね。絶妙のラインナップで音楽ファンも多く、バイブスの素晴らしさは日本最高レベルだったと感じました。世界的トップ・イベントが日本でも楽しめる<SENSATION>、来年の展開にも大いに期待です!

20160903_Sensation Tokyo 2016_Backstage_083433A0399

以下、Steve Angelloが、超多忙の中、iLOUDのインタビューに答えてくれましたので、ご紹介しましょう。かなり気になるニュースもありますよ。

STEVE

Steve Angello インタビュー

__今年は、3年がかりのソロ・デビュー・アルバム『Wild Youth』を、ついにリリースしましたが、次のアルバムではどんな音が期待できますか?
「次のは、コンセプト・アルバムになると思うよ。とてもエレクトロニックで、クールで、たくさんのテンポ・チェンジ、メロディー、アティチュードが含まれていて、それでいてメロディックかつとてもエモーショナルになるね。ほんとにいい作品になるよ」

__ということは、もう制作に取り掛かっているんですね。
「もちろん」

__素晴らしい!また3年待たなきゃいけないですか?
「いやいやいや。これは、たぶん来年の第二四半期には出る」

__おぉ。誰とでもコラボレーションできるとしたら誰としますか?
「M83だね。素晴らしい作品を出している。交流も深いよ。どうなるかなぁ」

__もうコラボ済みなんですか?
「まだだよ。毎日お願いしなきゃね(笑)」

__このあとの予定はどうなっていますか?
「今年はあと10くらいショウがあるかな。ずっとスタジオにいたから、いい感じだね。来年は、もう1月からツアーが入っていて、とてもヘヴィーなスタートになる。1、2、3、4、5、6月とツアーして、7-8月に休む。普段と逆だね。とても忙しくなるのはたしかだ」

__近々にリリースはありますか?
「ああ、すぐ何か出したいとは思っているよ。ファースト・アルバムに収録できなかった曲がまだたくさんあるんだ。それを出そうと思ってるんだけど、11月か12月まで待とうかな」

__最後に、ちょっと細かいことを教えてください。なぜ、あなたはDJのとき‘I love you, guys’ではなく‘Steve Angello loves You’と言うのですか?
「もっと意味が深くなるからだね。‘I love you, guys’は、多くの人に言っている感じになるだろ。でも、僕はみんなに、僕がみんなのことを愛しているって覚えてもらいたいんだよ」

Interview : Tomo Hirata