Axwell Λ Ingrosso アルバムについて語る (23 July, 2016)

このところリリースラッシュのAxwell、Sebastian Ingrossoですが、かねてから噂されていたアルバムについてなど、Rakuten.FMのTomorrowland Radioで重要発言が飛び出しましたので、以下に掲載させていただきます。来日についても’must’と言っていたので、リップサービスではなく可能性はあるかもですね?!

__2014年のお休みのあと、昨年はTomorrowlandに戻ってこれてうれしいと語っていましたが、今年は二年連続でトリですね。いまどんな気持ちですか?

Axwell 「ほんとに嬉しいよ。美しいこの場所に戻ってこれて素晴らしい。ここには珍しく天気もすごくいいし、みんなが素晴らしい時間を過ごしている。彼らに自分たちの音楽を届けることができるのにエキサイトしているよ」

__今年はAxtoneステージもありますが、Tomorrowlandは、あなたにとってとても重要なフェスティバルですか?

Axwell「Axtoneのクルーとテントも持てて素晴らしいよ。いまプレイしてきたばかりなんだけど、すごいエナジーで、メインとはまた違っていた。両方できてグレートだね。でも、いま思ってるのは、日本が恋しいってことだな。今、行かなくちゃ。いますぐ行こう(笑)」

__では、Axwell Λ Ingrossoの来日コンサートを近い将来期待していいでしょうか?

Axwell「ああ、Ultraで前回行ったとき、すごくよかったし、いつも日本に行くことを考えているよ。近いうちに、近いうちに、そう近いうちに、Axwell Λ Ingrosso in Japanは行われなくちゃいけない」

__これまでにIDだった各曲を最近リリースしまくっていますよね。「アルバムは当面リリースしない」とも聞いたのですが、これはどういうことでしょうか?

Axwell「曲ごとにリリースしてきたって考え方なんだよね。で、それはいまアルバムになってる」

__え?

Axwell「「Something New」「On My Way」「Sun Is Shining」「Dark River」「Barricade」「Thinking About You」などリリースしてきたから、アルバムはもう出てるんだよ。曲ごとに出す形でね。それは成長していく生き物のようなものなんだ」

__では、固定されたアルバムのようなものは、いま計画にないということですか?

Axwell「ないね。SpotifyやiTunesで曲ごとに手に入るし、これからも曲を追加していく」

Sebastian Ingrosso「僕らのプレイリストにね」

__今後の予定を教えてください。

Sebastian Ingrosso 「もっともっとたくさんの曲を書いて、日本に行く」

Axwell「僕らは、すぐに日本であえることを楽しみにしているよ」

interview: Tomo Hirata

The Chainsmokers 来日直前インタビュー

TheChainsmokers2016_A

ニューヨーク在住のエレクトロニック・ダンス・ミュージック・デュオ、The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)。Andrew TaggartとAlex Pallからなるプロデューサー/DJユニットである彼らは、2014年のシングル「#Selfie」で一躍脚光を浴びると、2015年には「Roses (feat. Rozes)」が全米チャート6位を記録。さらに今年は、「Don’t Let Me Down (feat. Daya)」が全世界でのストリーミング再生回数が3,000万回を超え(YouTubeの再生回数は約1.8億回)、全米チャート3位を記録するなど、世界的人気を確立。一気に急成長を遂げ、ダンス・ミュージック・シーンの枠をこえて活躍を見せている存在です。

そんなThe Chainsmokersが、8/10に日本でのデビュー・ミニアルバム『ザ・チェインスモーカーズ – ジャパン・スペシャル・エディション』をリリースします。先述の「Don’t Let Me Down」「Roses」はもちろん、彼らの人気を押し上げた「Waterbed (feat. Waterbed)」「Until You Were Gone (feat. Emily Warren)」「New York City」や、ロゴステッカーも封入された完全生産限定盤です。ここでは、8/20(土)8/21(日)開催の<サマーソニック2016>で来日する彼らの、来日直前インタビューをご紹介しましょう。
続きを読む

Steve Aoki、来日インタビュー 2016

SteveAoki2016-3

1996年にインディーでDim Mak Recordsをスタート、現在はEDMシーンのトップDJ/プロデューサーとして大人気となっているSteve Aoki(スティーヴ・アオキ)。ここ日本での人気も絶大です。DJ中の“ケーキ投げ”パフォーマンスや、セレブリティであることがあまりにも有名なので、パーティ・アニマルのイメージが強いかもしれませんが、実はLAのハードコア・シーンにルーツを持つ、芯の太いアーティストでもあるのです。

2012年にはグラミー賞にノミネートされたデビュー・アルバム『Wonderland』を、2014年にはセカンド・アルバム『Neon Future I』を、2015年にはサード・アルバム『Neon Future II』をリリースし、アーティスト活動も勢いを増すばかり。2016年3月には『ネオン・フューチャー・オデッセイ』で、さらなる新曲も披露しました。

ここでは、ゴールデンウィークに再来日を果たしたSteve Aokiが、現在制作中だという新作、シーンの動向について、Tomo Hirataの質問に答えてくれました。

続きを読む

RCF「iconica」ヘッドホン・レビュー|A.K.I.

aki_1

ヨーロッパを代表する音響機器メーカー/ブランド、RCFが、イタリアのトップ・ダンス・ミュージック・プロデューサー /DJ、Benny Benassi(ベニー・ベナッシ)と共同開発したオンイヤー型ヘッドホン「iconica」(アイコニカ)。DJモニター用としてはもちろん、日常のスマートフォンやメディアプレーヤー用としても高いパフォーマンスを発揮する、RCFのエンジニアリングノウハウを結集させた話題のヘッドホンです。カラーはペッパーブラックとエンジェルホワイトの2タイプで、イタリアのブランドらしい洗練されたデザインも魅力的です。

都内を中心に活躍するDJ、A.K.I.は、そんなRCF「iconica」のペッパーブラックを愛用している若手DJのひとり。ここでは、彼に「iconica」の使い心地やチャームポイントについて解説してもらいました。
続きを読む

RCF「iconica」ヘッドホン・レビュー|DJ TO/MO

djtomo2

ヨーロッパを代表する音響機器メーカー/ブランド、RCFが、イタリアのトップ・ダンス・ミュージック・プロデューサー /DJ、Benny Benassi(ベニー・ベナッシ)と共同開発したオンイヤー型ヘッドホン「iconica」(アイコニカ)。DJモニター用としてはもちろん、スマートフォンやメディアプレーヤー用としても高いパフォーマンスを発揮する、RCFのエンジニアリングノウハウを結集させた話題のヘッドホンです。カラーはペッパーブラックとエンジェルホワイトの2タイプで、イタリアのブランドらしい機能的で洗練されたデザインも魅力の一つとなっています。

都内を中心に活躍するDJ TO/MOは、そんなRCF「iconica」のエンジェルホワイトを愛用している若手女性EDM DJのひとり。ここでは、彼女に「iconica」の使い心地やチャームポイントについて解説してもらいました。
続きを読む