Hardwell – UMF 2017 インタビュー


2017年のUltra Music Festivalでは、UMF史上初の360度映像ライブストリームを実現させたHardwell。
5/21にはWIRED MUSIC FESTIVALでの来日が決まっている世界的トップDJに、UMFのプレスルームでインタビューしてきました。
続きを読む

Purple Haze – UMF 2017 インタビュー

レディース&ジェントルメン、才能溢れて既に名声のあるDJであり、プロデューサーでもあるSander Van Doornのalter egoのPurple Hazeをご紹介します。

Purple Hazeが正式にUltra Miami Music Festival 2017でデビューしました。

デビューする前に、大宣伝が様々なスタイルでされました。オーストラリアではP.haze 1 とP.haze 2(Purple Hazeとphaseをひっかけて)という2つのpilot showを開催して、ASOT 804では、トランス界のレジェンドArmin Van BuurenとPurple Hazeの音楽的方向性をトランスに戻していくという話をして、この場でPurple Hazeとして公式では初の曲“Neiloj”をデビューさせました。
また、全てのSander Van Doornのソーシャルメディアをブラックアウト状態にさせるという演出までありました。その他にも、UMF前にBillboard.comだけで、オルター・エゴのアナウンスをしました。

そしてUMF 3日目にASOTステージで、待望、公式デビュを果たしました。

ステージは、数え切れない程の大勢の観客で埋まり、最高なバイブに包まれ、ソーシャルメディア(Instagram, Facebook, Twitter)やYouTubeでも大反響でした。彼は、大宣伝での想像をはるかに超える、素晴らしいデビューを果たすことができました。

Purple Hazeのテクノ〜トランスのセットでは、彼の頭の中をイメージしたようなユニークなビジュアルが使われ、音楽だけでなく全てのPurple Hazeに纏わるものがセットで演出され、他のDJセットとは違うものがうかがえました。

彼は世界のトランス・ファミリーの一部になること間違いなしです。
彼の新曲「Neiloj」は5月15日に発売されます!

もっとPurple Hazeについてを詳しく知るために本人にPurple Hazeがどのように誕生したか、どうして作られたかの理由、今後どんなことがPurple Hazeから期待できるかなどを直接Miami Music Week期間中にインタビューで詳しく聞くことができました!

続きを読む

Thomas Newson インタビュー

New World Sound & Thomas Newson – Fluteでブレイク、Revealed、Armada、Musical Freedom、Spinnin’、Smash the Houseといったトップレーベルからリリースを重ね、その人気を確立してきたトーマス・ニューソン。2/17にはFedde Le GrandのFlamingo Recordingsから新曲Thomas Newson & WILL K – Saxoをリリースしたばかりです。ここでは、そんなThomas Newsonのミニ・インタビューをお届けしましょう。
続きを読む

Blasterjaxx & Marnik – Heart Starts To Beat & ADEインタビュー

Blasterjaxxが、Marnikとコラボした「Heart Starts To Beat」のビデオを公開しました。
「Heart Starts To Beat」は、11/21にBlasterjaxxのMaxximize Recordsからリリースされたニューシングルです。

ここではBlasterjaxxの二人が、先月20日にADEプレス会場でFuturegroove FMの質問に答えてくれたインタビューもお届けしましょう。

****************************

_10/3にリリースされた「Big Bird」は大成功をおさめましたが、いまどんな気分ですか?

Thom Jongkind : リアクションをとても嬉しく思っているよ。3年前にやっていたことへのアンサー・ソングって感じなんだけど、ほんとによかった。
Idir Makhlaf : 熱心なリスナーは曲の中に‘back’って言葉があるのに気づいたかもしれないけど、そこを‘We Are Back’ともとれるよね.僕らがかつてのよりハードなサウンドに戻ったって定義しているのも面白いと思うよ。

_今後もよりハードでレイヴィーなサウンドを出していきますか?
T : もちろん。‘Big Bird’ のフォローアップはもう12月にリリースが決まっている。僕らはレイヴにいったり、プログレッシヴにいったりしながら、やってきてるんだ。

_幅を持たせているんですね。
T : そう。それで、すべてのファンがハッピーだろ。

_Futuregroove FMでは毎週火曜24:00(水曜00:00)から、あなたたちのラジオ番組‘Maxximize On Air’を放送していますが、この番組について教えてください。
T : まず最初に、この番組が日本でも放送されていて、とてもハッピーだよ。‘Maxximize On Air’は、とても重要なんだ。そこでは僕らが普段ライヴではプレイできないような曲もかけているから。時にはとても多彩で、ヒップホップやトラップ、ハードスタイルも流す。 ラジオでは、なんでもできるからね。数週間、一ヵ月後にリリースされるようなエクスクルーシヴな曲も聴けるよ。幅広い選曲の中でね。

_プライベート・プレイリストって感じですか?
T : いや、時間があるとき聴く曲とは違うな(笑)

_時間があるときはどんな音楽を聴くんですか?
T : えーと、ロックやヒップホップ…..EDM、ビッグルーム、ハウス以外はなんでも(笑)

_そういう要素を曲に取り入れたりしますか?
T : すでにやっているよ。 ‘Big Bird’ ではブレイクにレゲトンの要素が入っている。

_今後の予定を教えてください。
T : リリースの予定がたくさんあるんだ。Dimitri Vegas & Like Mikeとのコラボで‘Insanity’をリリースしたでしょ.11月にはMarnikとのコラボも出る.4月末までリリース・スケジュールはいっぱいなんだ。

_日本のファンにメッセージをお願いします。
T : 日本のファンのみんながずっとサポートしてくれていることに感謝しているよ。またすぐに戻ってプレイしたいね!

Dannic – ADEインタビュー

dannic_rr_ade2016

2016年 10/19-23に、オランダのアムステルダムで行われたAmsterdam Dance Event (ADE)。1996年にスタートし、今では世界最大のクラブ・フェスティバル、エレクトロニック・ミュージック業界で最も重要なコンファレンスとして知られています。今年の参加者は37万5千人にものぼり、テクノ、ハウス、EDMを中心に2200アーティストが1000イベントを飾りました。

Futuregroove FM / EDM PRESSは、オランダをベースに世界中で大人気となっているDannicに、ADEのプレス会場で話を聞きました。

続きを読む