ビッグルームEDMは、なぜ失速したのか?

Pocket

EDMと言えば、日本でみんながまず思い浮かべるのは’1-2-3-Jump!’の、フェスティバルでアゲまくるための四つ打ちのビッグルーム・サウンドやバウンスではないでしょうか?
ところが、このビッグルーム・サウンド、2016年くらいからDJチャートで人気がなくなったばかりでなく、リリース自体が激減しています。
2017年の夏も、ダンスフェスのメインステージではヘヴィープレイされていたのに、2016年以降なぜ失速してしまったのでしょう?これは実は僕も疑問に思ってましたが、先日ヨーロッパの業界の人と話す機会があり、謎が解けました。以下のような流れなのだそうです。

EDMブーム→
プロデューサーがビッグルーム量産→
ダンスフェスブーム→
音楽自体は買わないが、フェスには行く人たちが増殖→
ビッグルームという音楽自体は(フェスは巨大化しているのに)思ったより売れない→
レコード会社は売れないものは出さない→
プロデューサーは出せないものはつくらない→
ビッグルームのリリースが激減→
かけるものがなくなったDJは他のジャンルをプレイせざるをえない / トップDJは自分の曲だけでセットが組めるようになっているので、それで問題ない→
しかし、その状況でフェスはトップDJに今までのギャラは払えない→
この状況で新進DJはビッグルームDJになろうとは思わない

EDM自体は、ポップフィールドとクロスオーヴァーして、ストリーミングを中心に勢いを増していますが、ビッグルームは、この悪循環を壊さないと復活は難しいのかもしれませんね。それには、まったく新しいビッグルーム・サウンドを誰かが提示しないといけないのかもしれません。まあ、EDM=ビッグルームではないわけで、USではベースミュージックがEDMのサブジャンルでは急伸しています。このへんのお話はまた次回。

*写真はイメージです。
Photo by Matty Adame on Unsplash

EDMカテゴリーの記事