日本で起こったEDMとダンスミュージック・フェスティヴァルの悲劇

Pocket

日本におけるEDMやダンスフェスの悲劇は、その理念が無視されて、パリピ経済と結び付けられてしまったことにあったなぁと振り返って思う。

パリピは英語で言うParty Peopleではなく、ちょっと前ならパラパラを踊っていたような人種だ。その対象はハロウィンや泡パや花火大会など、なんでもいいわけだ。それ自体、なんの問題もないし、僕はアンチ・パリピでもない。パリピの中にもテイラー・スイフト・レベルじゃなくダンスミュージックが好きな人もいるだろうし、そういう人はダンスフェスのマナーもわかっているだろう。彼らとは、一緒に音楽を楽しめると思う。何より、僕らダンスミュージック側の人間からしたら、パリピであるかどうかには意味はない。まったくどうでもいいことなのだ。パリピが好む音楽はEDMで、好むイベントはダンスフェスでも、ああそうなんですね、というだけの話だ。

問題は、そこが逆転して、「EDMやダンスフェスはパリピのもの」と勘違いされてしまったことにあった。

例えば、サッカーの日本戦で渋谷の交差点に集まる人には、パリピが大量に含まれているだろうが、サッカーやワールドカップがパリピのものだと思っている人はいない。サッカーはプレイヤーも含めサッカーファンのものであり、ダンスフェスやEDMはダンスミュージックファンのものなのだ。

ダンスフェスというのは、音楽フェスだ。だから、そこには音楽を楽しみたい人、それによってもたらされる一体感を味わいたい人が集まる。クラブは、より社交場的色彩が濃いので、そこではいろんな人との出会いもあるだろうが、それでも第一にあるのは音楽の場であるということだ。それが第一でないところは、チャラ箱、ナンパ箱と呼ばれ、区別されるが、これらは本質的に別業種でクラブと呼ぶにふさわしくない。DJも別業種のDJだ。

パリピブームも一段落し、日本のダンスミュージックシーンは焼け野原のように見えるが、本来ダンスフェスやEDMブームはダンスミュージックシーンを躍進させる起爆剤だったはずだ。Carl Coxが巨大ステージで再びプレイし、Fisherがグラミーにノミネートされることは、EDMブームがなかったら起こっていなかっただろう。

日本のダンスミュージックシーンは、ここからまたやり直しなんだと思う。今度はダンスフェスの理念や、国籍も人種も性別も年齢も関係なく楽しめるダンスミュージックの素晴らしさを第一にして。

Posted in EDM.