Major Lazerは来年ラスト・アルバムをリリースする、とDiploが発言


「Lean On」や「Cold Water」のビッグヒットで知られる、Diplo、Jillionaire、Walshy Fireからなるユニット、Major Lazer(メジャー・レイザー)。DiploはそのMajor Lazerについて、来年ラストアルバムをリリースする、とCOMPLEXのインタビューで答えました。事実上の解散宣言ですね。
Diploは現在、Sia、LabrinthとのLSD、Mark RonsonとのSilk Cityといったプロジェクトも並行して進めているのが、その理由としてあげられています。

もともとはDiploとSwitch(Dave Taylor)が2008年にスタートさせたプロジェクトだったMajor Lazer。2009年にファースト・アルバム『Guns Don’t Kill People… Lazers Do』をリリースした後Switchが離れ、現在のメンバーになってからは『Free The Universe』(2013)、『Peace Is The Mission』(2015)のオリジナル・アルバム二作や、『Apocalypse Soon EP』(2014)、『Know No Better EP』(2017)、ドキュメンタリー映画/サウンドトラック『Give Me Future』などを発表。今年は、9/13に『Afrobeats Mix (DJ Mix)』をリリースしています。
Diploが“ラストアルバム”と語った作品は、『Music Is The Weapon』というタイトルで、現在のところ「Cold Water」「Believer」「Run Up」などが収録予定となっています。

https://www.complex.com/music/2018/09/diplo-says-the-next-major-lazer-album-might-be-their-last

Posted in Diplo, EDM News, Major Lazer.