The Weeknd/米津玄師、オフィシャル・ライブレポート


R&B界のスーパースター、The Weeknd(ザ・ウィークエンド)が2018年12月18日(火)、自身初となる来日公演を幕張メッセにて開催。初の来日公演にして幕張メッセというこの大舞台を一目見ようと、会場には多くのファンが詰めかけそのパフォーマンスにファンが熱狂した。

この日はザ・ウィークエンドの出番に先立ち、米津玄師がスペシャル・ゲストとして登場。CMの話題曲「Flamingo」で一気に会場を魅きつけると、アップの曲で熱をあげていき、色彩豊かな映像演出を背負った「春雷」を挟み、ここでMCが入れられた。“チケットを買って来ようと思ったのに、ここに立つことになるという不思議なことになっていて、続けていると本当にいいことがあるなぁという。世界的なアーティスト、ザ・ウィークエンドのライブにお邪魔させてもらえるというのは、これ以上ない光栄なことだと思うので、あと数曲精一杯やって帰るのでお付き合い頂けたらと思います”と、ザ・ウィークエンドへのリスペクトを語った。後半「Moonlight」「fogbound」といった、R&B、トラップの曲調で、会場のムードを妖艶なまでに変えていき、最後に2018年を象徴する楽曲となった「Lemon」を熱唱し、バトンを繋いだ。


会場が暗転し、無数のライトに照らされたステージにザ・ウィークエンドが登場すると、待ちに待ったその姿にこの日一番の歓声があがる。記念すべき日本初ライブは、映画『ブラックパンサー』にも使用された「Pray For Me/プレイ・フォー・ミー」で幕を開け、その後も「Starboy/スターボーイ」「Can’t Feel My Face/キャント・フィール・マイ・フェイス」など、この来日を記念して発売されたシングルス・コレクション『The Weeknd In Japan』(ザ・ウィークエンド・イン・ジャパン)にも収録されている代表曲を連打して会場を揺らし、時に大きなシンガロングを巻き起こしていった。


ステージを所狭しと動き回りながら、時折“ジャパン!”、“トウキョー!”とシャウトして会場を煽り、終始観客を熱狂させる世界基準のパフォーマンスを繰り広げるザ・ウィークエンド。「Wasted Times/ウェイステッド・タイム」では‘without you’という歌詞を‘without you Tokyo’とアレンジするなど、随所に日本への愛が織り込まれたステージを展開し、‘マイケル・ジャクソンの再来’とも称されたその美しい歌声とパフォーマンスで幕張の夜を彩る。最後は「The Hills/ザ・ヒルズ」で締めくくり、記念すべき初来日公演を終えた。

Photo
The Weeknd: by Masanori Naruse
米津玄師: by 中野敬久

https://www.universal-music.co.jp/the-weeknd/

Posted in EDM News.