Avicii、2017年にアルバムリリース?!

Billboardが伝えるところによると、Aviciiの代理人が「 2度グラミーにノミネートされたソングライター/プロデューサーのTim Berglingと、彼の制作/出版会社Avicii Music ABは、マネージャーのAsh PournouriとAt Night Managementと分かれました。BerglingはUniversal Music Swedenと契約、来年のアルバムリリースが期待されています」と声明を出したそうです。

2016年でライブ活動を終了したAviciiですが、音楽制作には意欲的と見られ、先日もInstagramで、「みんながサード・アルバムについてたくさん聞いてくるのを見てるよ。質問が好きだな」とコメントを残したばかり。
音楽的方向性は、まだまったくわかりませんが、新展開が期待できそうですね。
まったく無名で、送ったデモにも良い返事がもらえなかったというAviciiをピックアップして、ここまで育て上げた敏腕マネージャー、Ashの今後にも注目が集まりそうです。

http://www.billboard.com/articles/news/dance/7633087/avicii-ash-pournouri-split

I see that you guys ask alot about a 3rd album. I like questions.

Aviciiさん(@avicii)が投稿した写真 –

AviciiからのメッセージがInstagramに

Aviciiさん(@avicii)が投稿した写真

Aviciiが、8/28にイビサのUshuaiaで行ったラストギグ終了後、Instagramにメッセージを投稿しました。その内容は以下のとおり。

「この日曜日は、僕のラスト・ショウだった。でも、それは僕の音楽の世界の終わりからは遠く離れている。音楽を創ることは、僕を幸せにするし、ツアーの日々ではほんとにたくさんの素晴らしい人々に出会えたし、ほんとにたくさんの驚くような場所を見たし、際限のない良い思い出をもたらしてくれた。僕のくだした決断が奇妙に見える人もいるかもしれないけれど、みんな人は違うのだし、僕にとってそれは正しい決断だった。ファンのみんな、友人たち、家族、そしてAviciiクルー/ファミリーのみんなに感謝します。これは僕たち一緒の旅だったんだ。❤️」

“This sunday was my last show. But far from my last days in the world of music. Creating music is what makes me happy and I have gotten to know so many great people in my days of touring, seen so many amazing places and created endless of good memories. The decision I made might seem odd to some but everyone is different and for me this was the right one. Thank you to all my fans, my friends and family and everyone in the aviciicrew/family. This has been our journey together. ❤️”

Aviciiはツアーからは、これで引退となりますが、音楽活動は続けていくということですね。ソングライター、プロデューサーとしての彼の第二章に期待しましょう。

Avicii – Feeling Good (Avicii by Avicii)

スウェーデン出身のエレクトロニック・ダンス・ミュージック・プロデューサー/DJ、Avicii(アヴィーチー)が、「Feeling Good (Avicii by Avicii)」のPVを公開しました。この曲は、Aviciiが昨年スウェーデンの自動車メーカー、Volvo(ボルボ)とのコラボレーションでリリースした「Feeling Good」を、新たにつくりかえたものです。楽曲自体は、Nina Simone(ニーナ・シモン)の歌などで有名なスタンダード・ナンバーですね。

デビュー・アルバムの『True』の時と同様、最新アルバム『Stories』もまるごと“Avicii by Avicii”バージョンにして出してほしいですね。

Aviciiのライブ映像を手がけるComixが、アジアツアーのShowreelを公開

先日のAviciiのコンサートでは、その映像に圧倒された方も多かったと思いますが、Aviciiの映像をずっと手がけてきたロンドンのComixが、アジアツアーのShowreelを公開しました。これを見ると、EDMが映像やライティング、オーディエンスまで含めた総合舞台芸術であることがわかりますね。そこが従来のクラブミュージックとの大きな違いとも言えそうです。

ComixはAviciiのほかにも、Axwell Λ Ingrosso、Martin Garrix、Alessoなどを手がけています。

Aviciiショックの意味するもの

Aviciiの日本公演が終了した。
三度三年に渡る来日キャンセル、そして年内でのツアー引退宣言を受けての、まさに最初で最後の来日公演だった。

公演が発表されたとき「どうせまたキャンセルでしょ」という声まで出ていたのも事実だった。
数週前のラスヴェガスをすべてキャンセルしたあたりで、その雲行きが怪しくなっていたのも否めない。

僕はAviciiがキャンセルをするたびに、「自己管理ができていない」「マネージャーが甘やかしすぎ」とかツイートされるのを見ては、「彼はアーティストなのだから僕らの基準で考えてはいけない。体調が悪いのだからしょうがない」というコメントをBlockFMの自分の番組で連発していたのだけれど、番組の相方の谷上君に「そのコメントはファン心理を考えるとよろしくないですよ」とたしなめられる始末だった。

しかし、今回は来た。
ついに彼は約束を果たしてくれた。

僕はTomorrowlandで彼のプレイを見たことがあったのと、昨今の日本のEDMイベントの状況を考えると、まあ無難な感じになって終わりかな?と、たかをくくって行ったのだけれど、驚愕する結果となった。

今回のAviciiのライブは、Ultra Japanの一回目に匹敵する、日本のEDMイベント史上もっとも素晴らしいものだった。
まずなんといっても、Aviciiが2時間にわたって披露した楽曲のクオリティの高さがものすごかった。プレイした曲は、おそらく1曲を除いて、ほぼすべて自分の曲やリミックスだったのだが、iPhoneやPC、クラブで聴くのとは完全に別物になっていた。Aviciiの音楽には、一般の方がEDMと聞くと連想するような’Put Your Hands Up’や’1-2-3 Jump’、パーティの要素は一切無い。美しいメロディとハーモニー、ハウスビートがあるのみなのだけれど、それが大音量で流れ、精細かつ巨大なLEDに映し出されるComixの映像や、ライティングと連動したとき、そこにはこの世のものとは思えない空間が形成されていた。

そのライブを完璧なものにしていたのは、集まっていた素晴らしいオーディエンスだった。
未成年の若者たちから年配の方まで、普段はEDMイベントやクラブに行かない(行けない?)人たちが多数派に見えたのだけれど、彼らは「Levels」はもちろん、「Fade Into Darkness」まで大合唱するほどの熱狂的なファンだった。
アーティストにとって、自分の古い曲までファンが歌ってくれることは、ものすごくうれしいことだと思う。
そこにAviciiとオーディエンスの気持ちが通い合っていたのは間違いないところで、それゆえ会場には、まれに見るポジティブなバイブスが形成されていた。
イントロや曲終わりに歓声が上がるたび、そのバイブスは強力なものになっていった。

このライブから、僕は音楽のパワーのものすごさを再び感じることができた。
それは、とてもとてもすばらしい経験だった。

ここで話は終わりではない。
EDM PRESSのFacebookページに投稿されたアフターレポートには、現時点でなんと2000を超える「いいね!」が集まり、記事のリーチも155シェアで12万を超えているのだ。
これは、Ultra Japanページの「いいね!」が11万台であることを考えると、どれだけものすごいことであるかがわかる。
この数字は、EDM PRESS上ではUltra Japan関連やトップEDM DJのインタビュー記事をもはるかに上回るもので、見方によっては今回のAvicii来日公演は、日本のEDMイベント史上最大の事件だったとも言える。なので、僕はこれを「Aviciiショック」と呼んでみた。

冷静に分析すると、今回のAvicii単独公演は、EDMという音楽が次の段階に移行したことを決定づけたものだと思う。つまり、DJカルチャーからバトンを譲り受けたプロデューサーカルチャーが、コンサートという舞台をパフォーマンスの場にする段階に到達したということだろう。EDMにはもともと、映像、ライティング、特殊効果、観衆まで含めた総合舞台芸術の要素が強く、そこが魅力でもあったのだが、それが単独公演で成立する段階にすでに到達しているのだ。これからのEDMシーンは、優れた楽曲を持つアーティストがライブコンサートを行う形で発展していくのだろう。ZeddやKygoの成功例を見るまでもなく、それは明らかだ。僕の予想では、次にその域に到達するのはMartin Garrixだと思う。

この歴史的転換期に、最高のEDMアーティストの一人であったAviciiがライブシーンから去っていくのは、象徴的でもある。Aviciiはアーティストとして、常に心身ともに極限のところで創造と戦ってきたのだろう。だから、ときにはもう疲れきって戦えなくなり、現実の仕事をキャンセルせざるをえないこともあったのだろうと思う。僕らが日常の生活では手に入れることができないものを、彼は全力をふりしぼって取りに行ってくれて、力尽きたのだ。そのアーティスト精神に、心から「ありがとう」と言いたい。

最後に、日本のEDMシーンに大きな希望があるとすれば、それはAviciiの公演に、彼らにとって安くはないであろう入場料を払って来て、「Fade Into Darkness」を歌っていたような未成年の存在だろう。今回ライブに行けなかった人も含めて、彼らのような存在が、Aviciiのような素晴らしい音楽をつくって、あんなバイブスをつくってみたいと思うところから、次のステージは始まる。

そのカルチャーがうまく育つように、僕にはどんな手助けができるだろう?と今は考えている。

(2016/06/08 Tomo Hirata)