Pioneer DJが、DJ向け録音アプリケーション「DJM-REC」をリリース

Pioneer DJが、簡単接続で高音質なDJミックスを録音できるDJ向け録音アプリケーション「DJM-REC」(iPhone/iPad用)をリリースしました。2018年1月23日よりApp Storeから購入可能となっています。

このアプリ「DJM-REC」は、Pioneer DJのDJMシリーズ(デジタルセンドリターン機能のついたDJミキサー「DJM-TOUR1」「DJM-900NXS2」「DJM-750MK2」「DJM-450」)との連携で、これまでの煩わしいDJミックス録音&アップロード作業(一般的に配線が多く暗くて狭いDJブース内でのDJミキサーと録音機器との接続/音割れを防ぐための録音レベル調整/オンライン・プロモーション用のトラックリスト作成やクラウド上へのアップロード…など)が、シンプルな接続かつ高音質の録音で、そして効率良くプロモーションできるというもので、30日間は無料で全機能を試せます。
試用期間中に録音したDJミックスは試用期間終了後も試聴でき、MixcloudやDropboxなどのクラウドサービスへアップロードし共有が可能。試用期間終了後は、有料版にアップグレードすることで継続して利用できる、とのこと。

現在多くのDJは、録音した自分のDJミックスを聞きなおすことで選曲や演奏スキルをふり返ったり、そのDJミックスをオンラインやソーシャルメディア上で配信共有することでプロモーションしたりしているので、Pioneer DJユーザーにとってこの「DJM-REC」は、こうしたニーズに対応した便利なアプリでしょう。

続きを読む

Pioneer DJが、“rekordbox dj”専用コントローラー「DDJ-1000」を発売

Pioneer DJが、DJ向け楽曲管理アプリケーション「rekordbox」のアップデート(Ver 5.1)に併せて、DJプレイ機能「rekordbox dj」を自在に操作できる専用DJコントローラー「DDJ-1000」の発売を発表しました。発売時期は2018年1月下旬予定となっています。

「DDJ-1000」は、クラブ以外の場所での本格的なDJプレイやDJ機器での演奏感などを求める声に応えたもので、プロフェッショナルDJからの支持〜クラブスタンダードの地位を確立しているPioneer DJのDJプレーヤー/ミキサーと同じ操作感のインターフェイスをコンパクトボディに凝縮し、高い演奏感と可搬性を両立。素早く的確な演奏を実現する“COLOR ON JOG DISPLAY”、思い通りのスクラッチ演奏が可能な進化した“MAGVEL FADER”、新たな“BEAT FX”などの機能を搭載したモデルとなっています。

また今回の「rekordbox」Ver 5.1へのアップデートでは、楽曲解析結果をもとに自動的に再生/ミックスできる新機能「AUTOMIX」を搭載。演奏中の楽曲と関連性の高い楽曲を素早く見つけることができる「RELATED TRACKS」も使いやすく進化し、これまで以上にスムースで柔軟性の高いDJプレイが可能となっています。

続きを読む

Pioneer DJが、DJ向けスタンドアローン型サンプラー「DJS-1000」を発表

Pioneer DJが、直感的に操作できるユーザーインターフェースにより、即興で音楽フレーズを演奏できるスタンドアローン型のDJ向けハードウェアサンプラー「DJS-1000」を発表しました。発売時期は2017年11月中旬予定となっています。

「DJS-1000」は、DJがステージ上でDJ機器をはじめとした様々な楽器と組み合わせて快適にDJ/ライブパフォーマンスを行える新しい楽器として、操作性の高いユーザーインターフェース、豊富な入出力インターフェースや演奏機能を装備。シーケンサーやループ音源を組み合わせながら自在に音楽フレーズを演奏するだけでなく、他の機器で再生する楽曲に「BEAT SYNC」や「TEMPO SLIDER」「NUDGE」を使って同期再生、MIXすれば、新たなグルーヴを即興で生み出すことができます。入力された音を簡単にサンプリングでき、即座にトラックとして使用できる「LIVE SAMPLING」や、任意のトラックの音色をダイナミックに変化させられる「FX」なども搭載されています。

続きを読む

Pioneer DJが、大型タッチディスプレイとマルチカラーPERFORMANCE PADSを搭載した一体型DJシステム「XDJ-RX2」を発表

Pioneer DJが、大型タッチディスプレイとマルチカラー“PERFORMANCE PADS”を搭載した、DJプレーヤー/DJミキサー一体型DJシステム「XDJ-RX2」を発表しました。発売時期は9月上旬予定となっています。

「XDJ-RX」の後継モデルとなるこの「XDJ-RX2」は、USBストレージデバイスなどに保存した楽曲を使用するDJプレーヤー、PCを使ったDJプレイを行うDJ向けに、プロフェッショナルモデルの機能・レイアウトを踏襲したDJプレーヤー/DJミキサー一体型のDJシステムで、大型タッチディスプレイに加え、「CDJ-2000NXS2」で好評な“NEEDLE SEARCH”、“TRACK FILTER”、“SHORT CUT”などの機能に対応。また、プロフェッショナルシリーズで定評のある“HOT CUE”、“BEAT JUMP”、“BEAT LOOP”、“SLIP LOOP”を搭載。“PERFORMANCE PADS”を使って直感的でダイナミックな操作を行えます。「DJM-900NXS2」で好評な“SOUND COLOR FX”や“BEAT FX”も搭載しているので、エフェクトを使った多彩なプレイも可能です。

続きを読む

Pioneer DJが、新プロフェッショナルDJヘッドホンシリーズ「HDJ-X10」「HDJ-X7」「HDJ-X5」を発表

Pioneer DJが、新しく生まれ変わったプロフェッショナルDJヘッドホンシリーズ、オーバーイヤー型「HDJ-X10」「HDJ-X7」「HDJ-X5」を発表しました。発売時期は、9月中旬から10月上旬予定となっています。

フラグシップモデルとなる「HDJ-X10」(写真)は、5Hzから40kHzまでの高解像度再生が可能な、DJヘッドホンのカテゴリーにおいて業界初(Pioneer DJ調べ 2017/8/21時点)となるHDドライバーを採用し、「CDJ-2000NXS2」「DJM-900NXS2」のヘッドホン端子から再生される96kHz/24-bitのハイレゾ音源に対応。微細な音まで忠実にモニタリングすることができます。

「HDJ-X7」は、従来のフラグシップモデル「HDJ-2000MK2」をベースに新開発した大口径50mmドライバーを搭載。振動板の材料・形状の最適化を図り、タイトな低域と伸びやかな高域再生を実現したモデルとなっています。また「HDJ-X5」は、ボイスコイルにCCAW(銅被覆アルミニウム線)を採用した口径40mmの新開発ドライバーを搭載し、磁気回路を適正化。きめ細かなノイズ対策と入念なチューニングを施した、歪みのないクリアな音質とビートの取りやすさを両立したモデルとなっています。

各モデルとも、従来よりも厳しい水準値の自社耐久試験を経て、アメリカ国防総省制定のMIL規格に準拠した試験をクリアした、高い耐久性を備えたDJヘッドホンとなっています。

続きを読む