元オアシスのリアム・ギャラガーらによるBeady Eye、新曲をフリー配信

Pocket

BeadyEye_2010.JPG

UKが生んだ稀代のロックンロール・スター、元オアシスのリアム・ギャラガー(vo)による新バンド“Beady Eye(ビーディ・アイ)”がついに始動しました。新設された海外オフィシャル・サイトでは、アーティスト写真とバンド・ロゴを初披露、さらに新曲「Bring The Light / ブリング・ザ・ライト」を、日本時間11/ 10(水) 19:00より、全世界のファンへ向けてフリー配信するそうです。


オアシスと言えば、発表したアルバム全7作が全英No.1に輝き、全世界で5000万枚以上のセールスを記録、名実ともに“現代のビートルズ”と評される、イギリスの国民的人気バンド。’09年にはフジロックで二度目のヘッドライナーも務めています。しかしその直後にノエル・ギャラガー(g,vo)が脱退。惜しまれつつもその歴史にピリオドが打たれました。ちなみに“オアシス最後のアルバム”としてリリースされたベスト盤『タイム・フライズ・・・ 1994-2009』は、ここ日本でも、2010年に発売された洋楽ロック・アルバムの中で最多売上枚数を記録しています。そのオアシスのフロントマンだったリアム・ギャラガーが、新曲で歌声を発するのは、’08年発売の7thアルバム以来、実に2年ぶり。

ノエル・ギャラガーを除く全オアシス・メンバー、リアム・ギャラガー(vo)、ゲム・アーチャー(g)、アンディ・ベル(g)、クリス・シャーロック(dr)が集結した新バンド“ビーディ・アイ”のサウンドは、一部が既にオフィシャル・サイトにアップされていますが、全貌が明らかになるのは、このフリー配信によってです。ぜひ、自分自身の耳で直接体験して、新たな伝説の目撃者になってください。

なお、新曲のフリー・ダウンロード終了時期は、現時点では未定。気になるニュー・アルバムのレコーディングは、今夏ロンドンにて行われており、2011年に発売が予定されています。

hotnewsカテゴリーの記事