DJ PATIFE『Na Estrada』

 サンパウロを拠点に活動するブラジリアン・ドラムンベース・クリエイター、DJ パチーフェ。2004年にはバルセロナのにも出演した、注目のアーティストです。DJ マーキーの盟友としても知られていますね。このデビューアルバムでは、ボサノヴァやジャズを取り入れたメロディー、クラブで踊っても、家でまったり聴いても共に楽しめます。全体的に、明るくしっとりした雰囲気。伸びやかなヴォーカルも心地よい空気を演出していて、これからやってくる夏にぴったりの一枚です。スティーヴィー・ワンダー「Overjoyed」、ブラジル・ポップ・ミュージックの歌姫、マリーザ・モンチ「Diariamente」のカヴァーも収録。今年は、METAMORPHOSEでの来日も決定しています。
★★★★★★★★☆☆

DJ PATIFE
Na Estrada
(JPN) KSR / KCCD-187
DRUM’N’BASS

HMVでDJ PATIFE『Na Estrada』をチェック!

BIO-TONIC『Klash』

 フレンチPSYトランスの旗手、バイオ・トニック。エネルギッシュなスリー・ピース・ユニットとして、PSYトランス・シーンのなかでも、ひときわ異彩を放っている存在です。そんな彼らが、前作から2年の熟成期間を経て、4thアルバムをリリース! 一度聴いたら脳裏から離れないキャッチーなボーカルものから、邪悪にねじれた音で攻めるアシッディーなトラック、美しいトライヴァル・ボイスを効かせたゴア風トランスまで、各楽曲ごとに異なる魅力を披露しているのが見事です。直線的なスピード感のみに頼ることなく、丁寧にサウンドを組み立てた、彼らならではの芸術的なサウンド・スケープが楽しめます。
PSY TRANCE ★★★★★★★☆☆☆ (SN)

BIO-TONIC
Klash
(JPN) SOLSTICE MUSIC / SOLMC-073

HMVでBIO-TONIC『Klash』をチェック!