SHARAM JEY『4 Da Loverz』

これまでにカール・コックスのプロデュース、モービーやマイロのリミックスなどで、クリエーターとして実績を重ねてきたシャラム・ジェイ。先日UNDERWATERからリリースされたミックスCD『Episode 04』では、ダレン・エマーソンとタッグを組み、DJとしても注目されています。このデビュー・アルバムでは、ヒップホップ、R&B、ロックなど、様々なジャンルを通過してきた彼ならでは観点で、ハウス・ミュージックというカテゴリーに制約されない、懐の深いサウンドを披露。ほぼ全曲フロア対応でありながら、聴く者を飽きさせないバリエーション豊かな作品に仕上げています。最近のエレハウスやブレイクスが好きな人には特にオススメ。
★★★★★★★★☆☆

SHARAM JEY
4 Da Loverz
(JPN) BEAT / BRUW-68

HMVでSHARAM JEY『4 Da Loverz』をチェック!

SIGUR ROS『Takk…』

ポスト・ロック・サウンドが最盛期を迎えていた2000年に、イギリスのFATCATから『アゲイティス・ビリュン』がリリースされ、カルト的な人気を獲得。その後このアルバムがアメリカをはじめ各国でブレイクし、翌年リリースされた『( )』で、グラミー賞にノミネートされるほどの存在となったシガー・ロス。4作目『Takk…』は、そんな彼らのサウンドがいよいよ成熟を極めたかのような内容です。内向的でありながらも、自信に満ちたサウンドの数々。本質は変えずにポップスとしてのスケールも高めた、キラキラしたお姿を堪能できるアルバムです。アイスランドは、かくもマジカルで美しい彼岸的世界なのだろうか。
★★★★★★★★☆☆

SIGUR ROS
Takk…
(JPN) TOSHIBA EMI / TOCP-66393

HMVでSIGUR ROS『Takk…』をチェック!

HAJIME YOSHIZAWA『Music from the Edge of the Universe』

沖野修也がプロデュースするニュー・ジャズ・バンド、Sleep Walkerのキーボーディスト、吉澤はじめによるソロ・アルバム。ハウス、ブロークン・ビーツに、これまでに培った伝統的なジャズ、フュージョンのマナーを融合させてつくり上げたサウンドは、秀逸なオリジナリティーを発揮。ジャズ/クロスオーバー系には珍しく、テクノ的なスぺーシー・サウンドも随所にちりばめられていて、聴く者をスピリチュアルな世界へと誘う導入役になっています。bird、ネイサン・ヘインズ、ヴァネッサ・フリーマンなど、国内外から多数のゲストを招いていることも特筆ポイントですが、何より随所で聴ける吉澤氏のピアノ・ソロが、今作最大の聴きどころでしょう。
★★★★★★★★★☆(S.N)

HAJIME YOSHIZAWA
Music from the Edge of the Universe
(JPN) GENEON / GNCL-1028
JAZZY

HAJIME YOSHIZAWA『Music from the Edge of the Universe』