FUJI ROCK FESTIVAL’19、開催決定(2019年7月)

<FUJI ROCK FESTIVAL’19>の開催がアナウンスされました。日程は、2019年7月26日(金)、7月27日(土)、7月28日(日)の3日間で、場所は例年同様、新潟県湯沢町 苗場スキー場となっています。

チケットの詳細、出演アーティストは、後日・順次発表とのことです。

続きを読む

Rae Sremmurd、来日決定(2019年1月)

Rae Sremmurd(レイ・シュリマー)の来日が決定しました。日程は、2019年 1月16日(水)東京 STUDIO COAST、1月17日(木)大阪 なんば HATCH、となっています。

Rae Sremmurdは、Swae Lee(弟)とSlim Jxmmi(兄)からなる兄弟ヒップホップ・デュオで、米ミシシッピ州出身。2014年に親交のあった音楽プロデューサー兼ソングライター、Mike WiLL Made-Itが設立したレーベル、Ear Drummer(Interscope傘下)と契約し、2015年にデビュー・アルバム『SremmLife』をリリースすると、全米チャート5位を記録。翌2016年にリリースしたセカンド・アルバム『SremmLife2』も全米チャート4位、そしてシングル「Black Beatles」は米シングル・チャート1位を記録しています。今年2018年は、両メンバーがそれぞれのソロ・アルバム『Swaecation』と『Jxmtroduction』を、Rae Sremmurd名義のアルバム『SR3MM』(シュレム)の一部としてリリース。アルバム・リリース以降も数々のヒット作に参加し、フェス出演などを重ねている人気者です。

続きを読む

Craig David、来日決定(2019年2月)

Craig David(クレイグ・デイヴィッド)の来日公演が決定しました。日程は、2019年 2月18日(月)東京 渋谷 TSUTAYA O-EAST。約8年ぶりの来日となっています。

Craig Davidは、イギリスのR&B/ソウル・シンガーで、2ステップのサウンドが全盛期だった2000年にデビュー・シングル「Fill Me In」とアルバム『Born to Do It』をリリースすると、いずれも全英チャート1位を記録。19歳にして一躍脚光を浴びた存在です。その後もコンスタントにリリースを重ね、近年は<TS5>というイベント/パーティーの開催やDJ活動でも成功。そして、2016年にリリースした通算6作目のアルバム『Following My Intuition』は、久々に全英チャート1位を記録するヒットとなっています。今回の来日は、彼が今年初頭にリリースしたニュー・アルバム『The Time Is Now』(タイム・イズ・ナウ)を携えてのものとなりますね。なお、今回の来日を記念し、2019/1/30には本独自企画アルバム『クレイグ・デイヴィッド:ジャパン・コレクション』がリリースされる予定となっています。

続きを読む

HONNE、来日決定(2019年3月)

HONNE(ホンネ)の来日が決定しました。日程は、2019年 3/4(月)東京 恵比寿 LIQUIDROOM、3/5(火)東京 渋谷 WWW-X、3/6(水)大阪 梅田 BANANA HALL、となっています。

HONNEは、ボーカル/プロデューサーのアンディ(Andy Clutterbuck)と、マルチプレイヤー/プロデューサーのジェイムス(James Hatcher)からなる英ロンドンのエレクトロ・ポップ・デュオで、2016年に『Warm On A Cold Night』(寒い夜の暖かさ~ウォーム・オン・ア・コールド・ナイト~)でアルバム・デビューを果たすと、同年11月にBillboard Liveで初来日し、翌年にはSUMMER SONIC 2017で再来日。日本では、“Honne”はもちろん“Tatemae Recordings”や“Tokidoki Studio”など、日本語を使ったコピーやネーミングでも話題に。今回の来日は、彼らが今年リリースしたニュー・アルバム『Love Me / Love Me Not』(ラヴ・ミー/ラヴ・ミー・ノット)を携えてのものとなっています。

続きを読む

Tune-Yards、来日決定(2019年2月)

Tune-Yards(チューン・ヤーズ)の来日が決定しました。日程は、2019年 2/21(木)東京 SHIBUYA WWW X。初の単独公演となっています。

この夏フジロックで来日を果たしている、米カリフォルニア州オークランドを拠点に活動するMerrill Garbus(メリル・ガーバス)のプロジェクト、Tune-Yards。今回の来日は、2018年1月に彼女の長年のコラボレーター、Nate Brenner(ネイト・ブレナー)とのデュオとして4ADからリリースした、通算4作目のアルバム『I can feel you creep into my private life』を携えてのものとなっています。

続きを読む

JAIN、来日決定(2019年1月)

JAIN(ジェイン)の来日が決定しました。日程は、2019年 1月17日(木)東京 代官山 SPACE ODD。“agnès b. presents JAIN Special Live”としての公演で、初来日となっています。

JAINは、フランスのトゥールーズ生まれ、ドバイ、アブダビ、コンゴ育ちのアーティストで、2016年にリリースしたデビュー・アルバム『ザナカ』が、ストリーミング総再生数が3億回(YouTubeではシングル「カム」が9,000万回、「マケバ」は6,000万回)を超えるヒットとなり、注目の的に。「マケバ」は、コールドプレイのクリス・マーティンも自身のSNSで“今お気に入りの曲”として紹介してます。そして2018年8月に、セカンド・アルバム『ソウルジャー』をリリース。11月にはフランス最大の音楽授賞式、NRJミュージック・アワードで、“French Female Artist Of The Year”を受賞している存在です。

続きを読む

Troye Sivan、来日決定(2019年4月)

Troye Sivan(トロイ・シヴァン)の来日が決定しました。日程は、2019年 4月24日(水)東京 豊洲Pit。<THE BLOOM TOUR>での公演となっています。

南アフリカ出身オーストラリア育ちのシンガー・ソングライターで、俳優としての活動でもしられるTroye Sivan。10代半ばでユーチューバーとして注目され、2014年に初メジャー作となるEP『TRXYE』をリリースすると、66か国のiTunesで1位、全米チャート5位を記録し、TIME誌の“2014年最も影響力のあるティーン”の一人に選出。その後デビュー・アルバム『Blue Neighbourhood』(ブルー・ネイバーフッド:2015)を、今年8月にはセカンド・アルバム『Bloom』(ブルーム)をリリースし、いずれもヒット作となってます。これまでの世界ストリーミング再生総数は40億回以上というニュー・スターですね。Ariana Grande、Martin Garrix、Alessia Cara、Charli XCXらとのコラボレーションでも知られる存在でしょう。

続きを読む

Ed Sheeran、来日決定(2019年4月)

Ed Sheeran(エド・シーラン)の来日が決定しました。日程は、2019年 4月9日(火)東京ドーム、4月23日(火)京セラドーム大阪。<DIVIDE WORLD TOUR 2019>での公演で、東京ドームでのパフォーマンスは自身初となりますね。

今年4月に日本武道館と大阪城ホールで開催されたジャパン・ツアーは、全公演ソールドアウトとなっているEd Sheeran。今回のツアーのチケット最速先行販売は、12月7日(金)12:00から、となっています。

続きを読む

Pet Shop Boys、来日決定(2019年4月)

Pet Shop Boys(ペット・ショップ・ボーイズ)の来日が決定しました。日程は、2019年 4月1日(月)東京 日本武道館、4月2日(火)大阪 フェスティバルホール。約19年ぶりの単独来日公演となっています。

Neil Tennant(ニール・テナント)とChris Lowe(クリス・ロウ)からなるイギリスのエレクトロ/シンセ・ポップ・デュオで、1985年のシングル「West End Girls」が全英/全米チャート1位を記録して以降、数々のアルバム、シングルをヒット(スタジオ・アルバム13作はすべて全英トップ10入り、シングルは22曲がトップ10入り、うち4曲は1位)させてきたPet Shop Boys。1989年の初来日(武道館 3 days)から30年、今回の公演は最新アルバム『Super』(スーパー:2016年)リリース後に、欧州、北米、南米で行われてきた“The Super Tour”でのステージとなっています。

続きを読む

KRAFTWERK、来日決定(2019年4月)

KRAFTWERK(クラフトワーク)の来日が決定しました。日程は、2019年 4月16日(火)、4月17日(水)、4月18日(木)、4月19日(金)東京 Bunkamuraオーチャードホール、4月22日(月)大阪 フェスティバルホール。今回の公演は、3Dヴィジョンを駆使したベスト・ヒッツになる予定、とのことです。

ドイツのデュッセルドルフで1970年に結成され、現在のエレクトロニック・ミュージック、テクノ〜シンセ・ポップのルーツとなる音楽、サウンド、スタイルを産み出した歴史的なバンド、KRAFTWERK。2012年4月にニューヨーク近代美術館(MoMA)で8日間にわたって開催され大反響を巻き起こした3D公演(観客に3Dグラスが配布されます)は、日本でも2013年に行われ即日完売となってますね。なお、この3Dライブを収録した映像&音源作品『3-D THE CATALOGUE』(2017)は、第60回グラミー賞 “最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム”を受賞しています。

続きを読む