KT Tunstall、振替公演決定(2011年8-9月)

KT_A.jpg

東北地方太平洋沖地震の影響により延期となっていたKT タンストール公演の振替日程が決定しました。

東京 3/30 (wed) →9/1(thu) SHIBUYA O-EAST
open 18:00/ start 19:00 ¥6,500(前売/1ドリンク別)
問い合わせ:03-3444-6751(SMASH)
主催:J-WAVE

名古屋 3/31 (thu) →8/30(tue) CLUB QUATTRO
open 18:00/ start 19:00 ¥6,500(前売/1ドリンク別)
問い合わせ:052-264-8211(クラブクアトロ)
主催:ZIP FM

大阪 4/ 1 (fri) →8/29(mon) CLUB QUATTRO
open 18:00/ start 19:00 ¥6,500(前売/1ドリンク別)
問い合わせ:06-6535-5569(SMASH WEST)
後援:FM802

続きを読む

Fleet Foxes「Grown Ocean」

Fleet Foxesが、「Grown Ocean」のPVを公開しました。「Grown Ocean」は、Fleet Foxesが4月27日に日本先行発売を予定しているセカンド・アルバム『Helplessness Blues』のエンディング・チューンです。邦題は「静寂の祈り」。

ビデオには、彼ら自身が初めて出演しているほか、 新作の録音風景など、貴重な映像もふんだんにコラージュされています。

Fleex Foxesは、日本版オフィシャルサイトもオープンさせたので、ビデオとあわせてチェックしてみてください。

SUMMER SONIC 2011、第4弾出演アーティスト発表(2011年8月)

summersonic2011_logo.jpg

2011年8月13日(土)・8月14日(日)に東京・千葉マリンスタジアム&幕張メッセと、大阪・舞洲サマーソニック大阪特設会場にて開催されるSUMMER SONIC 2011。その第4弾出演アーティストが発表されました。今回発表されたのは、以下の通り。

80年代マルコム・マクラーレンの最終兵器として登場し、ヴォーカル・アナベラの破天荒なキャラクターも話題となったニューウェイヴ・グループ BOW WOW WOW。
昨年発表されたアルバム『Big Echo』が各方面で絶賛されているカリフォルニア発の4人組THE MORNING BENDERS。
イギリス本国では次世代のアリーナクラス・ロックバンドとも評され、待望の新作を夏前にリリースする予定のONE NIGHT ONLY。
全員ティーンエイジャーという新世代ノイズ/ガレージサウンドをかき鳴らすシカゴ出身の期待の新人SMITH WESTERNS。

また、PiLのサマソニ大阪への出演も決定したとのこと。

次回の発表は4/4(月)の予定。

The Music、来日決定(2011年7月)

themusic_A.jpg

The Musicが来日、2011年7月25日の大阪BIG CATを皮切りに、東名阪3会場を回る、フェアウェル・ジャパン・ツアーを開催することになりました。2002年にデビュー作『THE MUSIC』を発表して以来、唯一無二のグルーヴィーなロック・サウンドで、国内外のロック・シーンに大きな衝撃を与え続けてきた、英リーズ出身の4ピース・ロック・バンド、The Music。過去何度もフジロックで伝説的なライブを披露し、ここ日本で不動の人気を確立してきた彼らが、ついに10年に渡る活動に幕を閉じることとなりました。彼らにとって特別な場所である日本でのラスト・ツアーをお見逃しなく。なお、The Musicのメンバーから日本のファンに向けてメッセージが届いているので、ライブの詳細と合わせて続きからチェックしてみてください。

続きを読む

The Posies、来日決定(2011年6月)

ThePosies_A.jpg

The Posiesが来日、2011年6月1日に渋谷CLUB QUATTROにて、一夜限りのライブを行うことになりました。1990年のメジャー・デビュー・アルバム『Dear 23』、そして『Frosting On The Beater』などの名盤で、世界中のメディアに、ロック・バンドの持つ“ポップス”の魅力を再び気付かせたシアトルのバンド、The Posies。BIG STARのオフィシャル・メンバーや、R.E.Mのサポートとしても活躍し、重鎮アーティストからの支持も厚い彼らが、Broken Social SceneのLisaや、The StranglersのHugh Cornwellらも参加した最新作『Blood/Candy』をひっさげて5年ぶりの来日を果たします。今回は、この東京公演のみがバンドでのセットとなるので、お見逃しなく。ライブの詳細は、続きからチェックしてみてください。

続きを読む

砂原良徳『liminal』インタビュー

sunahara_liminalJK.jpg

電気グルーヴの元メンバーであり、’95年からソロ・アーティストとして活動を行ってきた砂原良徳。過去に4枚のオリジナル・アルバムをリリースしているほか、国内外のアーティストのプロデュースやリミックス、映画のサウンドトラック制作、いしわたり淳治(ex.スーパーカー)とユニットなど、多彩な活動を展開。そのポップさと先鋭性を併せ持つ音楽性で、ポップ・シーンからアンダーグラウンド・シーンまで、幅広いリスナー層から支持を獲得してきた存在です。

オリジナル作品に関しては、’01年のアルバム『LOVEBEAT』以降発表していませんでしたが、’10年7月、長い沈黙を破り、4曲入りEP『subliminal』をリリース。時を同じくして、CORNELIUS『FANTASMA』のリマスタリングや、agraph『equal』のマスタリングを行うなど、ついに本格再始動しました。

そんな砂原良徳による、実に10年ぶりとなるフル・アルバムが、4月6日にリリースされる『liminal』です。テクノやブレイクビーツ、エレクトロニカなどの要素を持ちながら、そのどこにも属さない本作。『LOVEBEAT』でも軸となっていたビートの強度や、音像の精細度はいっそう増し、緊張状態によって秩序が保たれているかのような、鋭くアグレッシヴなエレクトロニック・サウンドが展開されています。その楽曲群には、『LOVEBEAT』がリリースされた10年前から大きく変化した、現代社会の様相を反映させたそうです。

砂原良徳が表現する、“現代社会のサウンドトラック”とも捉えることができる『liminal』。本作で彼が見据えた現実、そしてたどり着いた境地とは?その真相を探るべく、対面で話を聞きました。なお、本作の初回限定盤には、最新PV2曲に加え、’09年にリキッドルームで行われたライヴ映像を収録したDVDが、同梱される予定となっています。

続きを読む

Radioheadの『The King of Limbs』を全曲試聴

Radioheadが、『The King of Limbs』の全曲試聴をtbd recordsで開始しました。『The King of Limbs』は、Radioheadが4/6に日本盤CD発売を予定している8thアルバム。アルバムの発売を記念して、ニュースペーパー「THE UNIVERSAL SIGH」(ザ・ユニバーサル・サイ)の全世界配布も決定しています。同ペーパーの日本語翻訳バージョンは、4月9日(土)より全国の一部レコード店にて配布開始予定。詳細は後日、www.theuniversalsigh.jpにて発表となります。

カール・ハイドとダレン・プライスがSonarSound Tokyo 2011へ急遽出演決定(2011年4月)

KarlHyde%2BDarrenPrice-highres.jpg

4月2日(土)と4月3日(日)に開催される最先端音楽とメディア・アートの祭典SonarSound Tokyo 2011にアンダーワールドのカール・ハイドと、ダレン・プライスの出演が急遽決定しました。3月11日に起きた東北関東大震災を受け、日本の力になりたいというカール・ハイド自らの積極的な申し出により、復興支援を発表した同イベントへの出演が実現。長年活動を共にしてきたカール・ハイドとダレン・プライスが、一夜限りの貴重なDJセットで4月2日(土)の夜を締めくくります。

続きを読む