The Maccabees「Empty Vessels」

The Maccabeesが、「Empty Vessels」のPVを公開しました。「Empty Vessels」は、ロンドンのラッパー、Roots Manuva がフィーチャーされた1曲です。

UKのインディー・バンド、The Maccabeesは、これまでに『Colour It In』(2007)、『Wall of Arms』(2009)と二枚のアルバムを発表し、着実に人気を獲得しています。2/4からは、Bombay Bicycle Club、The Big Pink、The Drumsと、The Shockwaves NME Awards Tour 2010も行うことになっているので、さらなる飛躍が期待できそうですね。

Hadouken! 「Bombshock」

Hadouken!が、 「Bombshock」のビデオを公開しました。 「Bombshock」は、Hadouken!が1/20にリリースしたばかりのニュー・アルバム『For The Masses』収録曲です。子供達のビデオを、うまくコラージュしたのは、REAL TIME COLLAGEということですから、メンバーのDaniel Riceでしょうかね。『For The Masses』は、アガりまくりの好アルバムなので、ぜひ聴いてみてください。

ちなみにフロントマンのJamesは、先週のBBCに出演して、Kissy Sell Outの番組でKlassroom mixとネーミングされたショートミックスも披露してます(52分~20分間)。ファンの方は、こちらもお聴き逃しなく。期間限定のオンデマンドで、あと4日間聴けます。

2010年1/24-1/30の注目リリース

今週リリースのうち、アルバムのK ダブシャインまでは1月29日発売のLOUD182号にてピックアップしております。そちらもよろしければチェックしてみてください。

ALBUMS

0124_bbs.jpg
BOOM BOOM SATELLITES/ 19972007
ジャパニーズ・エレクトロ・ロック・バンドのトップ・ランナーが自ら選曲、構成、リマスタリングを行なった、CD2枚組のベスト・アルバム。英NME誌の“SINGLE OF THE WEEK”を獲得したブレイクビーツ・チューン「JOYRIDE」(’97)から、近年の代表曲である「KICK IT OUT」や「EASY ACTION」といったロッキンな楽曲まで、彼らの音楽的エッセンスを完全網羅。
1/27リリース(ROCK/ ELECTRIC)★★★★★★★★☆☆

0124_fourtet.jpg
FOUR TET/ There Is Love In You
’99年のデビュー以来、“フォークトロニカ”と形容される独自の音楽性を確立し、エレクトロニカ・シーンに多大な影響を与えてきたソロ・ユニットの5thアルバム。DJ活動で培ったダンサブルなビートと、フォークトロニカのテイストを融合させた、マジカルかつナチュラルな、心温まるダンス・ビートを展開。
1/27リリース(ELECTRONICA)★★★★★★★★★☆

0124_delphic.jpg
DELPHIC/ Acolyte
’09年に名門R&Sからデビューを果たした、マンチェスターの3ピース・エレクトロニック・ダンス・バンドによる1stアルバム。Ewan Pearsonをプロデューサーに、エレクトロニック / バンド・サウンドを有機的に融合させた楽曲を展開。エモーショナルでオプティミスティックなシンセとビートがつまった一作。
1/27リリース(ELECTRIC)★★★★★★★★☆☆

0124_kdub_jkt.jpg
K ダブシャイン/ 自主規制
日本のヒップホップ・シーン黎明期より活躍し、キングギドラ、radio aktiv projeqt名義でも知られるMCのベスト・アルバム。児童虐待や少年犯罪、政治、戦争、女性の社会進出といったディープなテーマを独自の目線で斬った、メッセージ性あふれるリリックを展開。初音源化となる新曲3曲も収録。
1/27リリース(HIP HOP)★★★★★★★★☆☆

0124_Charlotte.jpg
CHARLOTTE GAINSBOURG/ Irm
フランスを代表する有名女優 / シンガーが、Beckの全面バックアップのもと完成させた、約3年ぶりのアルバム。二人の非凡なセンスが融合した、アフリカ音楽~フランス音楽~アメリカ音楽を横断する、大人でハイセンスなサウンドを展開。シングル「Heaven Can Wait」では、Beckとデュエットも。
1/27リリース(POP)★★★★★★★★☆☆

0124_stereophonics.jpg
STEREOPHONICS/ Keep Calm & Carry On
国民的人気を誇るUKロック・バンドの、通算7作目のアルバム作品。フロントマンのケリー(Vo/G)が自らプロデュースに関わった注目作で、彼らの代名詞である重厚なギター・サウンドよりも、楽曲それぞれのムードを重視した、カラフルかつディープな音世界を追求した内容。
1/27リリース(ROCK)★★★★★★★☆☆☆

0124_KI15_Episodes.jpg
KEN ISHII/ Ki15 -The Episodes
昨年、日本でのデビュー15周年をマークした重鎮DJ/ プロデューサーによる、プライベート・ベスト・アルバム。初CD化音源や、Flare、UTU、Rising Sun名義で発表した楽曲を含む、彼自身が個人的に思い入れの深い23曲を収録。完全限定BOXセット、『Ki15 -The Box』も同時発売。
1/27リリース(TECHNO)★★★★★★★☆☆☆

0124_finalfantasy.jpg
OWEN PALLETT/ Heartland
Arcade Fireの作品等でストリングス・アレンジを担当してきたアーティストのソロ・アルバム。カラフルなストリングスとボーカルが、多様な楽曲群の上を舞い、万華鏡のような音世界がつまった、マジカル・ポップを展開。
1/27リリース(POP)★★★★★★★☆☆☆

0124_aokitakamasa.jpg
AOKI takamasa/ Fractalized
ベルリンを拠点に活動する日本人アーティストのリミックス集。“フラクタクル”という幾何学概念に着想を得て、坂本龍一やHASYMO、半野喜弘らの楽曲のディテールを極めて正確に捉えつつ、端正かつ緻密に再構築。
1/27リリース(ELECTRONICA)★★★★★★★☆☆☆

0124_denpa.jpg
VARIOUS ARTISTS/ DENPA!!!- 電刃見本市 –
アニメ、ファッション、音楽を融合させたサブカル・イベントとして絶大な人気を博していた<DENPA!!!>がプロデュースしたコンピ。イベントのオリジナル・ソング、J-ポップ、アニソンのカバーなど、イベントのキラー・チューン11曲を収録。
1/27リリース(POP)★★★★★★★☆☆☆

MTVが、“Hope For Haiti Now Telethon”のパフォーマンスを公開

MTVが、本日行われた“Hope For Haiti Now Telethon”の映像を公開しました。“Hope For Haiti Now Telethon”は、ハイチ地震被災者救済のために行われたスペシャル・ライブ。ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンの会場から、トップ・アーティストたちが参加しました。

現在、MTVで公開されているパフォーマンスは、以下のとおり。

続きを読む

The Sunshine Undergroundの『Nobody’s Coming To Save You』を全曲試聴

TSU_Nobodys.jpg

The Sunshine Undergroundが、2月3日にリリースのセカンド・アルバム『Nobody’s Coming To Save You』を、1月25日(月)(UK時間)からMySpaceで公開すると、オフィシャルブログで発表しました。

LOUD編集部には、すでに『Nobody’s Coming To Save You』が到着していますが、新作は、より骨太にロックした、完成度の高いアルバムとなっています。公開になったら、ぜひ聴いてみてください。

続きを読む

OK Go、来日決定(2010年2月)

okgo.jpg

OK Goが、代官山UNITで、1夜限りの来日公演を行うことが決定しました。2010年01月13日に、サード・アルバム『Of The Blue Colour Of The Sky』をリリースしたばかりのOk Go、「WTF」「This Too Shall Pass」のPVでは、相変わらずのビデオ巧者ぶりを見せつけてくれましたが、来日ライブもファンキーで楽しいものになりそうですね。

『オブ・ザ・ブルー・カラー・オブ・ザ・スカイ』は、プロデューサーにモダン・サイケデリックなサウンドで知られるデイヴ・フリッドマン(ex.MERCURY REV/THE FLAMING LIPS/MGMTなど)を迎えて制作されましたから、サイケデリックな一面も披露してくれるかもしれません。

OK Go 来日公演詳細

続きを読む

MTVが、1月23日午前10時より、ハイチ救援スペシャル・ライブを生中継

大震災に見舞われたカリブ海・ハイチを救援するために、トップ・アーティストやセレブリティが募金への協力を呼びかけるスペシャル・ライブ、<Hope for Haiti Now: A Global Benefit for Earthquake Relief>が開催決定。日本時間の1月23日(土)10:00〜12:00にかけて、MTV、CNNjの各局と、MTVジャパンの特設サイトにて、生中継されることになりました(ナショナル ジオグラフィック チャンネルでも同日に放送予定)。ライブはLA、NY、ロンドンの3会場で行われ、LAでは俳優のジョージ・クルーニーが、NYではハイチ出身のラッパー / プロデューサー、ワイクリフ・ジョンが、ハイチではCNNのアンカー、アンダーソン・クーパーが、現地の様子をレポートします。ライブには、U2のボノやスティング、ジャスティン・ティンバーレイク、クリスティーナ・アギレラ、アリシア・キーズら多数のトップ・アーティストが出演する予定となっています。その他の出演アーティストについては、続きからチェックしてみてください。

続きを読む

Pendulum、ニューアルバムの新曲を1月23日午前、ライブ・ストリーミングで公開

Pendulumが今晩、ロンドンのクラブ、MATTERで“アルバム・プレビュー・ナイト”と称するDJセット・パフォーマンスを行います。これは、5月にリリースされるニューアルバム『Immersion』を、DJで披露するもので、新作の内容を、なんと4ヶ月も前に聴けるという、千載一遇の貴重なチャンスです。

しかもこのイベント、以下のサイトでライヴ・ストリーミング放送されます。つまり、ロンドンに行かなくても、Pendulumの新曲を聴くことができるのです。

Pendulumオフィシャル・サイト
Pendulum MySpace
D&B TV

続きを読む

N.A.S.A. 「O Pato」

N.A.S.A.が、Kool KojakとDJ Babãoをフィーチャーした「O Pato」のPVを公開しました。「O Pato」は、N.A.S.A.のデビュー・アルバム『Spirit Of Apollo』収録曲です。軽快なラテン・ビートが印象的ですね。PVも、相変わらず凝っていて、楽しめます。