Moby「The Right Thing」

Mobyが、「The Right Thing」のPVを公開しました。「The Right Thing」は、Mobyが5/11に日本発売した10thアルバム『Destroyed』からの最新シングルです。リミックスには、Sharam Jey、Paul Woolfordのものなどがありまして、beatportで購入可能です。ちなみに、『Destroyed』のデラックス・エディションも出たばかりですので、ファンの方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

Foster The People「Call It What You Want」

LAのインディー・ポップ・バンド、Foster The Peopleが、「Call It What You Want」のPVを公開しました。 「Call It What You Want」は、11/2に日本発売されたデビュー・アルバム『Torches』収録曲です。同アルバムからシングルカットされた「Pumped Up Kicks」は、全米3位を記録する特大ヒットとなって、僕らを驚かせてくれましたね。来年1月には、来日公演も決まっているので、彼らの話題は、まだまだつきそうにありません。

120 Days『120 Days II』インタビュー

120days_jk.jpg

オドネ・マイスフィヨル(Vo/G/Keys)、ヒェティル・オーヴェセン(Synth)、アルネ・ストイ・クヴァルヴィーク(Dr/Effects)、ヨーナス・ダール(B)からなる、ノルウェー出身の4人組ロック・バンド、120デイズ(120 Days:ワンハンドレッド・トゥエンティー・デイズ)。メンバー全員が幼なじみで、’01年の頃にバンド活動を始めたという彼らは、’06年にリリースしたファースト・アルバム『120 DAYS ~神秘と幻想の120日間~』(日本でのリリースは’07年)で、一躍世界的に知られる存在となった逸材です。ここ日本でも、サマーソニック07、アンダーワールドがキュレーターを務めたOblivion Ballで来日し、そのサイケデリックかつダンサブルなサウンドを披露して話題を集めました。

そんな彼らが、前作から約5年ぶりとなるニュー・アルバム『120 DAYS II』をリリースしました。先行リリースした「Osaka」を筆頭に、前作以上にエレクトロニックかつダンサブルなビート、そして神秘的かつ幻想的な音響世界を構築している注目作です。

ここでは、その大きく音楽的成長を遂げた『120 DAYS II』の内容について、メンバーのオドネに話を聞きました。

続きを読む

The Kills「Baby Says」

The Dead weatherのボーカルとしても知られるアリソン・モシャートと、ケイト・モスと結婚して話題のジェイミー・ヒンスからなるThe Killsが、「Baby Says」のPVを公開しました。「Baby Says」は、The Killsが4/6に日本発売した4thアルバム『Blood Pressures』からのサード・シングルで、10/24にリリースされたばかりです。The Killsは、来年2月にNYで(デビュー)10周年記念ライブを行うとのこと。

Death Cab for Cutieのライブ映像をKCRWで

Death Cab for Cutieが、Berkeley St Studiosで、少人数オーディエンスのもと、先月ライブを行いました。その模様を、上のウィジェット(またはKCRWのサイト)で見ることができます。ここでは、最新アルバム『Codes And Keys』からの曲だけでなく、オールド・フェイバリットも演奏していますね。

Crookers「Hummus」

こちら、イタリアのエレクトロ・デュオ、Crookersの「Hummus」ビデオです。「Hummus」は、Crookersが10/25にリリースしたセカンド・アルバム『Dr Gonzo』収録曲。アルバムは、以下のウィジェットで2分ちょっとづつ試聴できるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

Kaiser Chiefs「Kinda Girl You Are」

Kaiser Chiefsが、「Kinda Girl You Are」のPVを公開しました。「Kinda Girl You Are」は、Kaiser Chiefsが6/22に日本発売した4th・アルバム『The Future Is Medieval』からのサード・シングルです。ビデオには、ガガさま、ビヨンセ、ブリトニーのそっくりさんが出演しております。

Sigur Ros『INNI』特集

SigurRos_inni_jk.jpg

’97年に『Von』でアルバム・デビューを果たして以来、『Ágætis byrjun (アウギャイティス・ビリユン)』(’99)、『 ( ) 』(’02)、『Takk… (タック)』(’05)、『Með Suð Í Eyrum Við Spilum Endalaust (残響)』(’08)といった作品を通じて、’00年代のポストロック・シーンを代表するアーティストとして活躍してきた人気バンド、シガー・ロス (Sigur Rós)。

彼らが、’08年11月にバンドの活動休止を発表して以来約3年ぶりとなる、バンド初のライブ・アルバム(2CD/約105分)と、『ヘイマ ~故郷』以来となる2作目のライブ映像(DVD/約80分)を収めた作品、『インニイ』(INNI)を11/2に日本先行リリースします。彼らの活動休止発表前最後のツアーの、しかもその最終ステージとなったロンドンはアレクサンドラ・パレスでの2夜連続公演(’08年11月)の模様をパッケージした話題作です。

ここでは、そんな『インニイ』の内容についてご紹介しましょう。

続きを読む

Fun Fun Fun FestのウェブキャストをPitchforkで

FFFF2011.jpg

今週末11/4-6に、テキサスのオースティンで行われる“Fun Fun Fun Fest”が、Pitchforkでライブ・ウェブキャストされるそうです。会場は4ステージ構成で、そのすべてが視聴可能。出演は、Odd Future、Lykke Li、M83、Girls、Major Lazer、Public Enemy、Flying Lotus、Neon Indian、Four Tet、Passion Pit、Spank Rock、Clap Your Hands Say Yeah、Ra Ra Riotなどなど。時間帯は、日本時間で11/5-7の深夜から午前中にかけてなので、Fun Fun FestオフィシャルサイトのLINEUP>SCHEDULEで確認してみてください。

Damon AlbarnとFlea、Tony Allenの新プロジェクトがライブ音源を公開

Damon AlbarnとFlea、Tony Allenからなるスーパー・グループ、Rocket Juice and the Moonが、新曲「Poison」を公開しました。これは、彼らがロンドンのバービカンで行ったライブで録音されたもの。バンドは、新たにYouTubeチャンネルも開設したので、これからの活動に注目したいと思います。