TOYの『Join The Dots』を全曲試聴

ToyJoinTheDots.jpg

ロンドンを拠点に活動する五人組インディー〜サイケデリック・ロック・バンド、TOY(トーイ)が、『Join The Dots』の全曲試聴をThe Guardianでスタートしました。『Join The Dots』(ジョイン・ザ・ドッツ)は、彼らが12/25に日本リリースするセカンド・アルバムです。

2012年のデビュー・アルバム『Toy』に続く『Join The Dots』は、フランツ・フェルディナンドやザ・キルズとの仕事で知られるダン・キャリーをプロデューサーに迎え制作した作品で、サイケ・サウンドに磨きがかかっておりますね。ちなみにTOYは、The Horrorsと親交のあるバンドです。

追記 12/24:現在Hostessにて全曲試聴を実施中です。

Cazzette「Run For Cover」

Sebastian FurrerとAlexander Björklundからなる、スウェーデン出身のエレクトロニック・ダンス・ミュージック・ユニット、Cazzetteが、「Run For Cover」のPVを公開しました。「Run For Cover」は、彼らがPRMDからリリースするニュー・シングルです。

「Run For Cover」は、彼らが昨年リリースしたデビュー・アルバム『Eject』収録曲ですが、残念ながら日本からは入手困難な状態です。Cazzetteは、Aviciiと同じマネージメントに所属している注目株ですね。

Primal Scream「Goodbye Johnny」

Primal Scream(プライマル・スクリーム)が、「Goodbye Johnny」のPVをDazed Digitalで公開しました。「Goodbye Johnny」は、彼らが今年約5年ぶりにリリースしたニュー・アルバム『More Light』(モア・ライト)収録曲です。ビデオの監督はAlister Mackie。映像は、8mmフィルムのように撮れるアプリを使って、iPhoneで撮影したものだそうですよ。撮影場所は、ロンドンにあるgay fetish club、The Backstreet。

「Goodbye Johnny」は、ボビー・ギレスピーが敬愛するJeffrey Lee Pierce(ジェフリー・リー・ピアーズ)の、The Gun Club(ザ・ガン・クラブ)を始める前に制作した同名のデモ曲にインスパイアされたという楽曲ですね。

The Pains of Being Pure at Heart「Belong」

NYのブルックリンで結成されたインディー・バンド、The Pains of Being Pure at Heart(ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート)。彼らの「Belong」のPVが、バンドのフロントマン、Kip Berman(キップ・バーマン)のTumblrで公開されました。ビデオの監督はBrad PalmerとBrian Palmer。お蔵入りしていたビデオなんでしょうか。

「Belong」は、The Pains of Being Pure at Heartが2011年にリリースしたセカンド・アルバム『Belong』(ビロング)のタイトル曲です。

The Killers「Christmas in L.A. (ft. Dawes)」

The Killers(ザ・キラーズ)が、「Christmas in L.A. (ft. Dawes)」のPVを公開しました。「Christmas in L.A. (ft. Dawes)」は、彼らがリリースしたクリスマス・シングルです(日本ではまだリリースされてません)。The Killersは、毎年クリスマス・シングルを出しますね。ビデオに出演しているのは、俳優・脚本家のOwen Wilson(オーウェン・ウィルソン)。

この楽曲は、The Killersが先日リリースしたベスト・アルバム『Direct Hits』(ダイレクト・ヒッツ)には未収録です。

Zak Waters『Lip Service』インタビュー

ZakWaters_jk.jpg

LA出身のシンガー・ソングライター、Zak Waters(ザック・ウォータース)。Madeon(マデオン)の「The City」でボーカルを担当したことでも注目を集める彼は、ソングライターやプロデューサーとしての活動はもちろん、Adam LambertやAll American Rejectsといったアーティストのリミックスも手がけなどして、近年活躍の場を広げている新星です。

そのZak Watersが、12/4に初のフル・デビュー・アルバム『Lip Service』を日本リリースします。彼独特のキャッチーでダンサブルなポップ・センス、メロディー・センスが光る「Runnin Around」「Skinny Dipping in The Deep End」といったシングル曲はもちろん、カーティス・メイフィールドのカバー「Move On Up」や「The City (Acoustic Version)」なども収録した注目作です。

ここでは、本作『Lip Service』の内容と自身の音楽的背景について語った、Zak Watersのインタビューをご紹介しましょう。

続きを読む

Devendra Banhart「Mondo Taurobolium」

Devendra Banhart: Mondo Taurobolium on Nowness.com

Devendra Banhart(デヴェンドラ・バンハート)が、アニメーター/アーティストのGalen Pehrsonとコラボレーションしたビデオ、「Mondo Taurobolium」をNownessで公開しました。この「Mondo Taurobolium」は、Devendra Banhartが今年リリースしたニュー・アルバム『Mala』収録の「Taurobolium」を使用したビデオで、女優のRose McGowan(ローズ・マッゴーワン)もフィーチャーした内容となっています。

Galen Pehrsonは、Death Gripsとの「True Vulture」のビデオなども手がけている作家ですね。独特の作風です。

Fall Out Boy「Where Did The Party Go」

Fall Out Boy(フォール・アウト・ボーイ)が、「Where Did The Party Go」のPVを公開しました。「Where Did The Party Go」は、彼らがリリースしたニュー・アルバム『Save Rock And Roll』(Save Rock And Roll:FOBのロックンロール宣言!)収録曲です。このビデオは、アルバムの11曲をミュージック・ビデオ化するというシリーズ、“Save Rock and Roll: The Young Blood Chronicles”のパート7です。

Fall Out Boyは、ニューEP『PAX AM DAYS』を同梱したデラックス・アルバム『Save Rock And Roll: PAX AM EDITION』もリリースしてますね。

SnoopzillaとDâm-Funkのコラボレーション・アルバム『7 Days of Funk』を全曲試聴

7DaysOfFunk.jpg

7 Days of Funkが、『7 Days of Funk』の全曲試聴をNPR Musicでスタートしました。『7 Days of Funk』(セブン・デイズ・オブ・ファンク)は、彼らがStones Throwからリリースするアルバム作品です(日本盤は12/20リリース予定)。

7 Days of Funkは、Snoopzilla(a.k.a. Snoop Dogg, Snoop Lion:スヌープ・ドッグ)とDâm-Funk(デイム・ファンク)のコラボレーション・プロジェクトで、アルバムにはBootsy Collins、Steve Arrington、Tha Dogg Pound、Kuruptが参加しておりますよ。

Reepublic「Pantheon」

フランス出身の5名のDJ/プロデューサー、Sébastien Benett、Michael Canitrot、Antoine Clamaran、Tristan Garner、Gregori Klosmanが結成したEDM系プロジェクト、Reepublicが、「Pantheon」のPVを公開しました。「Pantheon」は、彼らが12/9にSpinnin’ Recordsからリリースするニュー・シングルです。

Reepublicは、過去に「Never Comes Back」「Turn Off The Light」もリリースしてますね。以下にビデオを貼ってみましたので、気になる方はチェックしてみてください。

続きを読む