Temples「The Golden Throne」

イギリスのサイケデリック・ロック・バンド、Temples(テンプルズ)が、「The Golden Throne」のPVを公開しました。「The Golden Throne」は、Templesがリリースしたデビュー・アルバム『Sun Structures』(サン・ストラクチャーズ)収録曲です。

Templesは、Erol AlkanとRichard Norrisのプロジェクト、Beyond The Wizard’s Sleeveによる『Sun Structures』の再構築(re-animation)作品『Sun Restructured』を11/10にリリース予定ですよ(via Clash)。

続きを読む

Borgeous「Breathe」

LAを拠点に活動する米マイアミ出身のEDMプロデューサー/DJ、Borgeous(ボージャス:John Borger)が、「Breathe」のPVを公開しました。「Breathe」は、BorgeousがDoorn Records(Sander van Doornのレーベル)からリリースしたニュー・シングルです。

Borgeousは、前ソロ・シングルの「Wildfire」もDoorn Recordsからリリースしてますね。

JJ「Inner Light」

スウェーデン出身のJoakim BenonとElin Kastlanderからなるインディー・ポップ・バンド、JJ(ジェイ・ジェイ)が、「Inner Light」のPVを公開しました。「Inner Light」は、JJが9/2にリリースする予定のニュー・アルバム『V』(ヴィ)収録曲です。

2009年にデビュー・シングル「jj n° 1」をリリースして以来、カルト的な人気を集めてきた jj 。新作『V』(jj n° 5)は、フル・アルバムとしては2009年の『jj n° 2』、2010年の『jj n° 3』に続く作品となっています。

Remo-con『rhetoric』インタビュー

Remo-con_rhetoric.jpg

日本を代表する人気DJ/ダンス・ミュージック・プロデューサー、Remo-con。Y&Co.(横田商会)やJager Meistersのメンバーとしても知られる彼は、これまでに数多のコンピレーションや楽曲/リミックス制作に参加してきた実力者です。KONAMIの“beatmania IIDX”に楽曲を提供していることでも有名ですね。’00年代半ばからはテックダンスをベースにしたサウンドを武器にソロ活動も本格化させ、「G-SIGH」を皮切りに、英Anjunabeatsにライセンスされた「Cold Front」、英DJ Magで高評価を獲得した「Atavism」などを次々と発表。今春に発表した「FUZE」は、BeatportのHard Danceチャートで1位となっています。また、2009年にはアルバム『a life with remote controllers』を、2011年にはミックスCD『VIBLE 02』もリリースしています。

そんなRemo-conが、KONAMIから待望のニュー・アルバム『rhetoric』を8/27にリリースします。近年リリースしてきたシングル曲や“beatmania IIDX”の楽曲をこのアルバム用に再構築した、全曲オリジナルの注目作です。さらにDisc 2には、ageHaとclubasiaで行ったレアなライブセット/DJセットを収録。アルバム・トータルで全32曲を収録したCD2枚組のボリューム満点の内容となっています。

ここでは、本作『rhetoric』の内容について、Remo-conに話を聞きました。

続きを読む

Quintino & Kenneth G「Blowfish」

オランダ出身のEDMプロデューサー/DJ、Quintino(クインティーノ/クインティノ)とKenneth G(ケネス・G)が、「Blowfish」のPVを公開しました。「Blowfish」は、彼らがFly Eye Records(Calvin Harrisのレーベル)からリリースしたニュー・シングルです。

QuintinoとKenneth Gは、それぞれコンスタントに主要EDM系レーベルからトラックをリリースしているプロデューサーですね。

Bear In Heaven「Autumn」

ブルックリンを拠点に活動する3人組インディー・バンド、Bear In Heaven(ベアー・イン・ヘヴン)が、「Autumn」のPVを公開しました。「Autumn」は、Bear In Heavenがリリースしたニュー・アルバム『Time Is Over One Day Old』収録曲です。ビデオを手がけたのはJohn Lee & Peter Burr。

新作『Time Is Over One Day Old』は、2012年の『I Love You, It’s Cool』に続く通算4作目のアルバムですね。

New House『Kaleidoscopic Anima』インタビュー

NewHouse_KaleidoscopicAnima_jk.jpg

2008年に結成された日本のインディー・バンド、New House。2009年にミニ・アルバム『Want Alone But Help Me』を、2012年にファースト・アルバム『Burning Ship Fractal』をリリースした彼らは、Vivian Girlsなど多くの海外バンドのサポートや、Black Lipsのニューヨーク公演のフロント・アクトを務めるなどして活躍の場を広げてきた注目株です。USツアーも行い、SxSWにも出演を果たすなど、海外のシーンともリンクした活動を展開しています。

そんなNew Houseが、京都のインディー・レーベル、Second Royal Recordsからセカンド・アルバム『Kaleidoscopic Anima』を8/27にリリースします。先にBandcamp等で配信もスタートしている本作は、Animal Collectiveらとの仕事で知られるベテラン・エンジニア、Alan Douches(アラン・ドーチェス)がアナログテープによるマスタリングを担当。従来作以上に曲づくりやアレンジにもこだわり、彼らならではのポップかつエクスペリメンタルで、サイケデリックでカラフルな音世界に磨きをかけた内容となっています。

ここでは、本作『Kaleidoscopic Anima』の内容とバンドの音楽性について、New Houseにメールで話を聞きました。

続きを読む

Charli XCX「Break The Rules」

イギリス出身のエレクトロ・ポップ・シンガー、Charli XCX(チャーリー・エックス・シー・エックス:Charlotte Emma Aitchison)が、「Break The Rules」のPVを公開しました。「Break The Rules」は、Charli XCXが10/22にリリースする予定のニュー・アルバム『Sucker』のリード曲です。

Icona Popとの「I Love It」、Iggy Azaleaとの「Fancy」でも注目されたCharli XCX。新作『Sucker』は、昨年リリースした『True Romance』に続くメジャー第2弾(通算3作目の)アルバムで、先に公開された「Boom Clap」も収録されますよ。

Blonde Redheadの『Barragán』を全曲試聴

BlondeRedheadBarragan.jpg

ニューヨークを拠点に活動するアート・ロック・バンド、Blonde Redhead(ブロンド・レッドヘッド)が、『Barragán』の全曲試聴をThe Guardianでスタートしました。『Barragán』(バラガン)は、Blonde Redheadが10/1に日本リリース(iTunes 9/2リリース)するニュー・アルバムです。

伊ミラノ出身の双子の兄弟、Amedeo PaceとSimone Pace(アメデオ&シモーネ・パーチェ)、日本人女性のKazu Makino(カズ・マキノ)を中心に活動するBlonde Redhead。新作『Barragán』は、2010年の『Penny Sparkle』以来となる通算9作目のフル・アルバムで、BeckやRadioheadとの仕事で知られるDrew Brown(ドリュー・ブラウン)をプロデューサー/エンジニアに迎え制作した作品となっています。

続きを読む

Jessie J, Ariana Grande, Nicki Minaj「Bang Bang」

Jessie J(ジェシー・J)が、Ariana Grande(アリアナ・グランデ)、Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)とのコラボレーション曲「Bang Bang」のPVを公開しました。「Bang Bang」は、彼女達が7月末にリリースしたシングルです。

この「Bang Bang」は、既に世界22ヶ国のiTunesで1位に、28ヶ国でトップ5入りしている話題曲で、8/27リリースのAriana Grandeのニュー・アルバム『My Everything』(マイ・エヴリシング)にも収録されてますよ。また、10月にリリース予定のJessie Jのニュー・アルバム『Sweet Talker』にも収録されることになっています。