Ariel PinkのスタジオライブをKCRWで

LAを拠点に活動するインディー・アーティスト、Ariel Pink(アリエル・ピンク)が、地元LAのラジオ局、KCRWでスタジオ・ライブを行いました。現在その模様を、KCRWのサイトで見ることができます。

インタビューを交えた約36分の映像で、彼が昨年リリースしたアルバム『pom pom』(ポン・ポン)から、バンド・メンバーと共に「One Summer Night」「Picture Me Gone」「Dayzed Inn Daydreams」「Put Your Number In My Phone」「Not Enough Violence」「White Freckles」の6曲を披露しております。

Is Tropical「On My Way」

ロンドンを拠点に活動するインディー・バンド、Is Tropical(イズ・トロピカル)が、「On My Way」のPVを公開しました。「On My Way」は、Is Tropicalが昨年末にAxis Mundi Recordsリリースしたシングル『Black Anything – Pt.1』収録曲です。

この『Black Anything – Pt.1』は、Is Tropicalがリリース予定しているニュー・アルバム『Black Anything』からの第1弾リリースという位置づけの作品ですよ。

Squarepusher、新作のリリースと共に来日決定(2015年5月)

Squarepusher2015.jpg

Squarepusher(スクエアプッシャー)の来日公演が決定しました。日程・場所は、2015年 5/15(金)東京 恵比寿ザ・ガーデンホール、5/16(土)スチールの森 京都(The Star Festival:ヘッドライナー出演)。ザ・ガーデンホールは、11年ぶりの単独公演となっています。

また、Squarepusherは、4/21にニュー・アルバム『Damogen Furies』(ダモジェン・フューリーズ)をリリースすることも発表しました。現在squarepusher.netでは、新曲「Rayc Fire 2」の自動生成アートワーク付ファイルを無料配信中です。

イベントの詳細、アルバムの詳細は以下をご覧ください。

続きを読む

Everything Everything「Distant Past」

英マンチェスター出身のバンド、Everything Everything(エヴリシング・エヴリシング)が、「Distant Past」のPVを公開しました。「Distant Past」は、Everything Everythingが6月にリリースを予定しているニュー・アルバム『Get To Heaven』からのリード・シングルです。

Jonathan Higgs、Jeremy Pritchard、Michael Spearman、Alex RobertshawからなるEverything Everything。Stuart Price(Jacques Lu Cont/Les Rythmes Digitales)をプロデューサーに迎え制作した新作『Get To Heaven』は、全英チャート5位を記録した2013年の『Arc』に続くサード・アルバムになりますね。

Buscabulla「Métele」

プエルトリコ出身でニューヨークのブルックリンを拠点に活動するポップ・デュオ、Buscabullaが、「Métele」のPVを公開しました。「Métele」は、Buscabullaが昨年10月にKitsunéからリリースしたデビュー作『Buscabulla – EP』収録曲です。ビデオの監督はDan Sickles and Dr. Antonio Santini。楽曲の共同プロデューサーはDev Hynes(デヴ・ハインズ:Blood Orange)です。

Buscabulla(スペイン語のスラングで“トラブルメーカー”という意味だそうです)は、Raquel BerriosとLuis Alfredo Del Valleからなるデュオで、EPはこの「Métele」のほか「Caer」「Temporal」「Sono」を収録した内容となっています。以下に過去のビデオも貼ってありますのでチェックしてみてください。

続きを読む

Glass Animals「Black Mambo」

英オックスフォード出身の4人組インディー/エレクトロニック・バンド、Glass Animals(グラス・アニマルズ)が、「Black Mambo」のPVを公開しました。「Black Mambo」は、Glass Animalsが昨年リリースしたデビュー・アルバム『ZABA』(ザバ)収録曲です。ビデオの監督はDavid Helman。

Dave Bayley(デイヴ・ベイリー)率いるGlass Animalsは、人気プロデューサー、Paul Epworth(ポール・エプワース)が主宰するレーベル、Wolf Toneが送り出した新星ですよ。

Sander van Doorn, Firebeatz, Julian Jordan「Rage」

オランダ出身のEDMプロデューサー/DJ、Sander van Doorn(サンダー・ヴァン・ドーン)、Julian Jordan(ジュリアン・ジョーダン)、そしてデュオのFirebeatz(ファイヤービーツ)が、「Rage」のPVを公開しました。「Rage」は、彼らがDoorn(Sander van Doornのレーベル)からリリースしたコラボレーション・シングルです。

この「Rage」は、Sander van Doorn、Firebeatz、Julian Jordanの3組によるカナダ・ツアーに合わせてリリースされたトラックですよ。

SNBRN ft. Kerli「Raindrops」

LAのダンス・ミュージック・プロデューサー/DJ、SNBRN(サンバーン)が、エストニア出身の女性シンガー、Kerli(ケルリ/カーリ)をフィーチャーした「Raindrops」のPVを公開しました。「Raindrops」は、SNBRNがUltraからリリースしたニュー・シングルです。

SNBRNは、ディープ〜インディー系のダンス・サウンドを手がけている新鋭です。Kerliは、その奇抜なルックスでも知られるアーティストで、2008年にデビュー・アルバム『Love Is Dead』をリリースしてます。

続きを読む

Scuba「Why You Feel So Low」

ロンドン出身のエレクトロニック・プロデューサー/DJ、Scuba(スキューバ)が、「Why You Feel So Low」のPVを公開しました。「Why You Feel So Low」は、Scubaが3/23にHotflush Recordingsからリリース(CDのみ3/4に日本先行リリース)するニュー・アルバム『Claustrophobia』のファースト・シングルです。

新作『Claustrophobia』は、2012年の『Personality』に続く通算4作目のオリジナル・アルバムになりますね。トラックリストは以下の通りです。なお、Scubaは、2015年の春に来日ツアーも予定されている模様ですよ。

続きを読む

The Cribs「Burning for No One」

英ウェイクフィールド出身のジャーマン3兄弟(ゲイリー/ライアン/ロス)からなるバンド、The Cribs(ザ・クリブス)が、「Burning for No One」のPVを公開しました。「Burning for No One」は、The Cribsが3/25に日本リリースするニュー・アルバム『For All My Sisters』(フォー・オール・マイ・シスターズ)収録曲です。ビデオを監督したのはNick ScottとAndrew Knowles。

約3年ぶりの新作となる『For All My Sisters』は、ウィーザーの最新作『Everything Will Be Alright in the End』を手がけたリック・オケイセックとサム・ベルをプロデューサー/エンジニアに迎え制作した進展作となっています。

続きを読む