2010年1/31-2/1のリリース情報

Pocket

今週リリースのうち、MASSIVE ATTACKからAUFGANGまでは、現在発売中のLOUD182号にてピックアップしております。そちらもよろしければチェックしてみてください。

ALBUMS

0131_massiveattack.jpg
MASSIVE ATTACK / Heligoland
英ブリストルの重鎮が放った、約7年ぶりのオリジナル・アルバム。シンプルかつライブ感のあるサウンドが詰まった、孤高の美意識を感じさせる作品。ホレス・アンディ、デーモン・アルバーン、トゥンデ・アデビンペ(TV on the Radio)らが参加。日本盤には、なんと坂本龍一&高橋幸宏リミックスも収録。
2/3リリース(ELECTRIC)★★★★★★★★★☆

0131_tsu.jpg
THE SUNSHINE UNDERGROUND/ Nobody’s Coming To Save You
日本でも高い人気を誇る新世代UKロック・バンドの2ndアルバム。曲づくりだけで1年以上もの時間をかけたという意欲作で、ダンサブルな要素を残しながらも、より本格的なギター・ロック感を打ち出した内容。ライブ・バンドとしての実力を再認識できる、ヘビーなサウンドが詰まった作品。
2/3リリース(ROCK)★★★★★★★★☆☆

0131_hotchip.jpg
HOT CHIP/ One Life Stand
’01年にMoshi Moshiよりデビューした、5ピース・エレクトロ・ポップ・バンドによる3rdアルバム。アコースティックな音色を基調に、ハウス・クラシックスやディスコを彷佛とさせる、シンプルなダンス・トラックから、繊細なバラードまで、緩やかかつソウルフルな楽曲を展開。
2/3リリース(POP/ ELECTRIC)★★★★★★★★☆☆

0131_boatbeam.jpg
BOAT BEAM/ Puzzle Shapes
オーストラリア出身のシンガーソングライター、US出身のビオラ奏者、スペイン出身のチェロ奏者からなるガールズ・バンドのデビューアルバム。ポップかつ詩的なメロディーと、クラシック音楽のエッセンスが融合した、フォーキーでオーガニックなサウンドを展開。
2/3リリース(POP/ ACOUSTIC)★★★★★★★☆☆☆

0131_Joseph.jpg
JOSEPH NOTHING/ Shambhala Number 2 & 3
実験的なサウンドと、ユニークなポップ・センスを発揮するソロ・ユニット。“桃源郷”をテーマに、エレクトロニカや、ブレイクビーツ、テクノ、民族音楽などをベースにした独自のポップ・サウンドをCD二枚に渡り展開。ジャケのイラストは、カイカイキキのタカノ綾が担当。
2/3リリース(POP/ ELECTRIC)★★★★★★★☆☆☆

0131_Aufgang.jpg
AUFGANG/ Aufgang
フランチェスコ・トリスターノをはじめ、クラシックを学んできた3人のアーティストによる、2ピアノ+1ドラム・ユニット。クラシック / コンテンポラリー / エレクトロニック・ミュージックの要素を、高い次元で融合させた、斬新な実験的サウンドを展開。
2/3リリース(TECHNO/ ACOUSTIC)★★★★★★★☆☆☆

0131_softpack.jpg
THE SOFT PACK/ Soft Pack
海外のメディアがこぞって注目する、米サンディエゴ出身の新星4ピース・ロック・バンドによるデビュー・アルバム。人気プロデューサーのイーライ・ジャーニーと共にブルックリンで制作し、ストレートかつポップなガレージ・ロックを展開。
2/3リリース(ROCK)★★★★★★★☆☆☆

0131_ELLEN.jpg
ELLEN ALLIEN/ Watergate 05
ベルリンの人気クラブ、WatergateのミックスCDシリーズ第5弾を、Bpitch Controlを主宰する女性DJ/ プロデューサーが担当。最新のミニマル〜テック・ハウスを中心に、RoyksoppやUffieなどポップな楽曲までバランス良くミックス。
2/3リリース(TECHNO)★★★★★★☆☆☆☆

0131_brixtona.jpg
THE BRIXTON ACADEMY/ Vivid
 ’05年に結成された、東京ベースのエレクトリック・ポップ・バンドによる1st。The Human Leagueに代表される80’sテクノ・ポップや、Duran Duranのような、ニューロマンティック的世界観をモダナイズさせたような、新鮮な楽曲を収録。
2/3リリース(ROCK/ ELECTRIC)★★★★★★☆☆☆☆

0131_danton.jpg
DANTON EEPROM/ Yes Is More
Radioslave「Grindhouse」のリミックスで名を馳せた、フランス人プロデューサーによる1stアルバム。フロア・ユースなダンス・トラックではなく、耽美的かつ倒錯的な世界観の、奇妙にひねくれた、ダークなエレクトリック・ポップを展開。
2/5リリース(ELECTRIC)★★★★★★☆☆☆☆

0131_Uninhabitable.jpg
UNINHABITABLE MANSIONS/ Nature Is A Taker
Clap Your Hands Say Yeahのロビー(Vo/G)を軸に、Au Revoir Simone、Dirty on Purpose、Radical Dadsのメンバー5名が結成したバンドのアルバム。パーソナルで、エモーショナルで、“ブルックリン”な、インディー・ポップ作品。
2/3リリース(ROCK)★★★★★★☆☆☆☆

0131_eels.jpg
EELS/ End Times
Eことマーク・オリヴァー・エヴァレット率いる、LAのオルタナティヴ・ロック・プロジェクトによる最新作。“別れ”をテーマに、電気仕掛けのブルースから奇妙なポップ・ソングまで、Eにしか表現し得ない、エキセントリックな楽曲群を展開。
2/3リリース(ROCK)★★★★★★☆☆☆☆

0131_josejames.jpg
JOSE JAMES/ Black Magic
JazzanovaやBasement Jaxxのアルバムにも参加する男性ジャズ・ヴォーカリストの最新作。DJ Mitsu The BeatsやMoodyman、Flynig Lotus、Ben Westbeachらとともに、スムージーでソウルフルなサウンドを展開。  
2/3リリース(JAZZ)★★★★★★☆☆☆☆

0131_loscam.jpg
LOS CAMPESINOS!/ Romance Is Boring
UKのインディー・ポック~ロック・バンドによる3rdアルバム。音楽的成長を続ける彼らの“今”を捉えた、バラエティー豊かな楽曲群を収録。シャイニーでキャッチーなテイストはそのままに、よりディープなリリック、ドラマティックなサウンドを展開。
2/3リリース(ROCK)★★★★★★☆☆☆☆

Posted in column.