2010年5/2-5/8の注目リリース

Pocket

今週リリースのうち、アルバムのUNKLEとオーラルヴァンパイアは、4/30発売のLOUD185号にてピックアップしております。そちらもよろしければチェックしてみてください。

ALBUMS

0502_unkle-jk.jpg
UNKLE/ Where Did The Night Fall
’90年代から活躍するDJ / プロデューサー、ジェームス・ラヴェルによる音楽プロジェクトの最新アルバム。制作パートナーにパブロ・クレメンツを迎え、Sleepy SunやThe Black Angelsら多彩なゲストとともに、オーガニックにしてエレクトリックな、UNKLEならではの美しくエモーショナルなサウンドスケープを展開。
5/5リリース(ELECTRIC)★★★★★★★★☆☆

0502_aural_jkt.jpg
オーラルヴァンパイア/ Zoltank
海外でも注目を集める、仮面を被った奇才トラックメイカーのレイブマンと、吸血ボーカルのエキゾチカからなるユニットの1stフル・アルバム。ハード・テクノ、エレクトロ、ロック、ダブステップから昭和歌謡までを飲み込んだような、ポップかつミステリアスで退廃的な、唯一無二の音楽性を展開。
5/5リリース(POP/ ELECTRIC)★★★★★★★☆☆☆

0502_mattkim.jpg
MATT & KIM/ Grand -Deluxe Edition-
今年のフジロックに出演が決まった、男女二人組ブルックリン系インディー・ポップ・ユニットによる2ndアルバム。キーボードを基調にしたメロディアスな楽曲と、パンク・スピリットが融合した、“CANDY POP PUNK”とも呼ばれる音楽性を展開。リード曲の「Lessons Learned」はストリーキングのPVで話題に。
5/5リリース(ROCK)★★★★★★★☆☆☆

0502_PIER-BUCCI.jpeg.jpg
PIER BUCCI/ Amigos
Ricardo VillalobosやLucianoらとともに、チリアン・ミニマル・サウンドを広めたプロデューサーの最新アルバム。民族音楽調のボーカルやパーカッションを取り入れた、ウォーミーかつ有機的な、ユルめのサウンドを展開。近年の潮流となっている、ラテン音楽とテクノの理想的な融合が実現した作品。
5/5リリース(TECHNO)★★★★★★☆☆☆☆

Posted in column.