Toro y Moi – Sandhills EP

Pocket

Toro y Moiの『Sandhills』は、チャズ・ベアの故郷であるサウスカロライナ州コロンビアへの優しいラブレターであり、同時に帰る場所へは実際には戻れないという切なくも哀しみを帯びた受け入れの表現です。Sufjanの『Seven Swans』やKaren Oの『Where The Wild Things Are』のサウンドトラック作品を思い起こさせる、ゆったりとしたフォークポップの楽曲は、まるで土星の帰還のようであり、Toro y Moiとしてのベアが手作りのCD-Rを作った最初の頃を彷彿させます。モニカの最初の日々に、ベアはこれらのリリースを友人たちに配りました。それらは友人たちの車のサンバイザーに詰められていました。聴けば聴くほど、そのディテイルは生き生きとしてきます:「Sandhills」の名前の由来となったモール;そこで過ごすティーンエイジの友人たち、大きな倦怠感とより大きな夢に満ちて無目的な時間を過ごす様子;そして今日のSandhillsの後期資本主義の衰退、そしてからっぽのビッグボックスストア。

チャズ・ベア、Toro y Moiは今や世界的に愛されるインディーポップのアイコンです。しかし『Sandhills』は、バンジョーやラップスティールの華やかさと、広い視線の驚きを持ちながら、思春期のブルースから完全に解放されることは決してないと認めています。運が良ければ、それらを扱うためのより良いメカニズム(あるいは妄想!)を開発することができるかもしれません。「Sidelines」は、美的感覚を持つ人が高校のフットボール試合を通じて自己を試す物語を語っています。さらに、締めくくりのノベルティトラック「Said Goodbye To Rock n Roll」は、ちょっと目を細めればクリス・ステイプルトンのヒットになる要素がすべて揃っています。鮮明な目、満ちた心、素敵なジャム、負けることはありません。歌詞の巧みさと、騙されるような切なさを持つ『Sandhills』は、ベアからの大きな宣言の間の短い立ち寄り場所かもしれませんが、さびと勇気と大きなムードと愛に満ちています。

Electronicカテゴリーの記事