EDMF YEAR END BASH、11/30(SAT)17:00からAIRで開催!

Pocket

EDMF5_Flyer.jpg

Tomo Hirataが始動させたEDMレーベル兼パーティー兼クルー、EDMF (Electronic Dance Music Force)。その2013年のファイナル・パーティーが、11/30(土)17時から東京 代官山AIRで開催されます。

今回のパーティーは、beatportチャート常連となっているEDMFレーベルの新作、hasama『Saki Ato / Tomei Na Kage』とHariOm『Vagabond / Marks』のリリース記念(11/25リリース予定)を兼ねたもので、当日はDJでTomo Hirata、Shiso、HariOm、GT (from GTMNO)、Imazono、DJ SoHが、そしてライブPAでhasamaが出演する予定となっています。

これまで同様17:00〜22:00に行われる、未成年の方でも入れるフレンドリーなパーティーにして、世界標準となっている正統派EDMスタイルのプレイが味わえる貴重な機会となっておりますので、お見逃しなく!


EDMF YEAR END BASH 詳細

日時:2013年11月30日(土)17:00〜22:00
場所:東京 代官山 AIR
http://www.air-tokyo.com/access/

入場料
¥2,000 [1D] Admission
¥1,500 [1D] w/Flyer

Djs: Tomo Hirata (EDMF) / Shiso / HariOm (EDMF) / GT (from GTMNO) / Imazono / DJ SoH
Live PA: hasama

LOUNGE DJs: Lisandwich / Hiro / kinakomari / Mizuki (sensual/vestax) / REIMEI
VJ: M.U.//Mikudarihan Uppercut
FOOD: BANDITZ

※本イベントには成人、未成年の方共にご入場いただけます。
成人であることが証明できる写真付き身分証明証をお持ちの方にのみ、
アルコール類のご提供をいたします。

★RELEASE INFORMATION
hasama『Saki Ato / Tomei Na Kage』(EDMF005)
HariOm『Vagabond / Marks』(EDMF006)
Beatportにて11/25リリース予定!
http://www.beatport.com/


Tomo Hirata (EDMF)
UKのHOOJ CHOONSから、’90年にデビューを果たし、日本にヨーロッパスタイルのクラブシーン、バレアリック・スタイルのDJプレイを持ち込んだパイオニア。‘98年には映画『リング』の主題歌をヒットさせている。これまでに手がけたメジャー盤ミックスCDは15枚。現在は、アメリカを中心に世界中で盛り上がるEDMの日本におけるパイオニアとして、EDM States @ ageHa、EDMF @ AIR、EDMD @ DOUBLE TOKYOのレジデントDJを務める他、block.fmでは第二、第四火曜日にEDM Essentialsを放送中。2013年には、EDMF(Electronic Dance Music Force)レーベルも立ち上げ、自らが手がけたファースト・リリースをbeatportの“ELECTRO HOUSE THIS WEEK RELEASE”で17位に、セカンド・リリースを15位に送り込んだ。8/21には、EMI RECORDS JAPANより国内EDMアーティストの楽曲をコンパイルしたEP『EDM.JP』をデジタル・リリース。

Shiso
The Prodigyを聴き衝撃を受け、クラブミュージックに陶酔。2011年7月に現場での活動を始め、Electro、Houseを中心にプレイ。CDJを活かしたトリッキーなプレイで人気を博している。

HariOm (EDMF)
Rhythm、歪み、轟音、メロディ。
あらゆる音楽ジャンルを体感してきた後に、辿り着いた現在形のSoundはEDMを主軸においた攻撃的な音像。
DrumとBassプレイヤーという異色の 経歴を持つ二人組ユニット、Ryuichi KawasakiとDai-Chiが、新しい音像と新しいダンスフロアを作り上げる。
2013年、EDMFレーベルよりリリースしたデビュー・シングル『Sword Head / Rivalry』をbeatportエレクトロ・ハウス部門今週のリリースで16位に送り込んでいる。11/25にはニュー・シングル『Vagabond / Marks』をリリース予定。

GT (from GTMNO)
TOKYO出身。幼少期にPOPS、ROCKに触れ育ち、10代の頃DANCE MUSICに出逢い、DJ活動を開始。都内中心にPLAY。MASH UPを制作。キャリアスタート時はTECNO、HOUSE等を中心にPLAYしていたが、2008年、THE BLACK EYED PEASのアルバム「The E.N.D」に衝撃を受けELECTRO MUSICの道へ。不定期ではあるがイベントのオーガナイズを務める。2013年、Minao Ishii (Global Airwaves)と音楽的私的嗜好で意気投合し、EDMユニットを結成。

Imazono
17才からDJを始め、自らの腕を磨き2012年10月からImazonoとして活動を本格的にスタート。 EDM、Progressive Houseを中心にTech House、DnB、Dubstep、Hip-Hopなどジャンルを横断しスクラッチやループを交えた彼のプレイスタイルは必見である。またトラックメイ キングやオリジナルマッシュアップを制作するなどトラックメイカーとしての一面ももつ。若干20才にしてVISIONのGAIAやWOMBといった都内有名クラブでブッキングを受けるなどますます活動の場を広げておりこれからの活動が注目される。東京大学在学中。

DJ SoH
2012年よりキャリアをスタート。 アッパーかつ力強いELECTRO DANCE MUSICを得意とし、クイックでトリッキーなプレイで人々を魅力する現役大学生DJ。見た目からは想像のつかないほど強いサウンドを放つが、その中には どこか優しさを感じさせるGROOVE感のあるサウンドが人気の秘密だ。この世界観がフロアを一瞬にして虜にするのであろう。現在では主に EDM、Electro House、Progressive House、Tech House DJとして都内を中心として活動。WOMB、VISION、clubasiaなど都内有名クラブにて積極的に活動中。これからの日本のクラブシーンを担うと同時に、誰とも被ることのない独自の世界観を作り出すことから日々進化する彼のDJには飽きは来ないであろう。今最も注目の若手DJである。MixcloudにてMix 配信中 http://www.mixcloud.com/hashizou/

hasama
同じ中学の先輩(メロコア/パンク)に影響されてバンドをやっていたものの、ニューヨーク留学中に友達に連れられて行ったWebster HallにてDubstepを聴き、ダンスミュージックに目覚め、2012年から制作を開始。日本語を使った、やさしい音楽を目指している。『EDM.JP』コンピレーションにはデビュー・トラック「Tomei Na Kage」が収録され、大きな話題に。11/25にはEDMFレーベルよりデビュー・デジタルEP『Saki Ato / Tomei Na Kage』をリリース予定。

gigsカテゴリーの記事