TAICOCLUB’14、第5弾ラインナップ発表/くるり、スチャダラパー、Akufen 出演決定(2014年5月)

Pocket

taicoclub2014_Akufen.jpg
taicoclub2014_logo.jpg

2014年 5/31(土)と6/1(日)に長野県木曽郡木祖村「こだまの森」で開催される<TAICOCLUB’14>が、第5弾ラインナップとしてAkufen、くるり、スチャダラパーの出演を発表しました。くるりとAkufenはTAICOCLUB初出演、スチャダラパーはバンドセットでの出演となっています。

現在までに21組の出演アーティストが決定した<TAICOCLUB’14>。まだまだ国内外のアーティストが追加されるとのことです。チケットは、カテゴリー5(最後のカテゴリー)のチケットが販売中。イベントの詳細は以下をご覧ください。


TAICOCLUB’14

2014年 5/31(土)〜6/1(日)
長野県木曽郡木祖村「こだまの森」

出演
Akufen
Bibio(DJ Set)
cero
Czecho No Republic
Daniel Bell(Live)
James Holden(Live)
Jon Hopkins
クボタタケシ
Lightning Bolt
Moodman
Mount Kimbie
Nabowa
Panda Bear
くるり
Rondenion’s Ragrange Symphony
サカナクション
スチャダラパー
Takkyu Ishino
The Black Dog
Tim Hecker
Venetian Snares

and more.

■ チケット:http://taicoclub.shop-pro.jp

カテゴリー5
販売期間 2/1(土)〜
前売券 12,500円
前売場内駐車券 3,000円/1台
前売臨時駐車場 駐車券 3,000円/1台

当日券
13,000円(前売券完売の場合、販売無し)

テント利用券
販売期間 7/7(日)22:00〜
テント1張につき2,000円。
※数名でテント1張を共有する場合、利用者全員がテント利用券を購入する必要はありません。

※全て税込

http://www.taicoclub.com
http://twitter.com/taicoclub
http://facebook.com/taicoclub


■ Akufen
Ricardo Villalobos、Lucianoらとともにミニマル・テクノシーンを築いた鬼才、Akufen。昨年は‘Perlon’よりHorror Inc.名義で久しぶりのフル・アルバムをリリースし、大きな話題を集めた彼が、TAICOCLUB初登場!

■ くるり
こだまの森で、くるりの演奏を聴いてみたいと願っていた人も多かったはず! 開催9回目、満を持して出演決定です。

■ スチャダラパー
2012年の出演時もオーディエンスの心を鷲掴みにしたスチャダラパー。今年はバンドセットでの出演が決定!

■ Bibio (DJ Set)
昨年はアルバム『Silver Wilkinson』、今年も『The Green E.P.』をリリースするなど精力的に活動を続けているBibio。2011年の初来日の素晴らしいパフォーマンスは、来場者に多くの笑顔をもたらしてくれた。こだまの森でもそのサウンドを私達の心に響かせてくれることだろう。

■ MOODMAN
今年も皆さんを最高のグルーヴでお迎え致します。TAICOCLUBの顔、MOODMAN。

■ Mount Kimbie
ポスト・ダブステップ以降とわれるミュージック・シーンにおいて、その秀でた才能を高く評価されているMount Kimbie。今年も精力的にライブを重ね、進化を続けている彼らのパフォーマンスは、私達をどこまでも遠くまで連れていってくれるに違いない。

■ サカナクション
2度目の出演となる、サカナクション。音楽的な評価も受けながら「ミュージシャンの在り方」そのものを先進的にとらえて表現し続けるその姿勢は、新世代のイノベーターとして急速に支持を獲得している。

■ The Black Dog
オリジナルメンバーであるKen Downie、2005年に加入したMartin Dust、Richard Dustの3人によるユニットThe Black Dog。テクノに情熱の全てを捧げ、シェフィールドとデトロイトを横断する彼らのサウンドをLIVEで体感して欲しい。

■ Czecho No Republic
キラキラでドリーミーなシンセポップサウンドと、チャーミングさを存分にふりまく独自のスタイルで人気となったCzecho No Republic。2013年10月にメジャーデビューを果たし、リリースしたアルバム『NEVERLAND』はCDショップ大賞にノミネートされるなど、今年は更なる飛躍が楽しみな存在だ。
 
■ DBX (accelerate, Detroit) aka Daniel Bell
ミニマルハウス、テクノを語る上では欠かすことのできないアーティストDaniel Bell。TAICOCLUBではDBX名義で、貴重なLIVEパフォーマンス出演が決定。DJとは違った魅力溢れるステージは必見。この機会を絶対に見逃さないで欲しい。
 
■ James Holden
James Holdenの3年振りの来日が決定。昨年リリースしたアルバム『The Inheritors』は多くの音楽ファンに大きな衝撃を与えた。TAICOCLUBではこちらも貴重なLIVE SETを披露。これぞホールデンという、素晴らしいパフォーマンスで皆を迎えてくれるだろう。
 
■ クボタタケシ
TAICOCLUBには欠かせない『Mr.All in Mix』クボタタケシの8年連続の出演が決定。「他の追随を許さない」という表現自体を他に許さない、圧倒的なオリジナリティを誇る。

■ RONDENION’s Ragrange Symphony
RONDENION + NO MILK + KEZ YMという日本のハウスシーンを代表する実力派3名によるユニット『RONDENION’s Ragrange Symphony』。TAICOCLUBでも最高のパフォーマンスを披露してくれることは間違いないだろう。

■ Takkyu Ishino
7回目の出演となる日本代表アーティスト、Takkyu Ishino。昨年は電気グルーヴとしての出演を果たし、多くの観客を魅了。今年はどんな盛上りをみせるのか、今から楽しみです。

■ cero
2年連続の出演となるcero。昨年リリースした2nd album 『My Lost City』は、2012年ベストディスクに多く選出され、全国ツアーもファイナルの渋谷クアトロも各地ソールドアウト続出。2013年に入っても全国各地で素晴らしいライブをかさね、人気、話題ともに絶賛沸騰中!更にスケールアップした彼らのライブはこだまの森を鮮やかに彩ってくれるだろう。

■ Jon Hopkins
ColdplayやBrian Enoのコラボレーターとしても活躍しており、並外れたピアノのテクニシャンでもあるJon Hopkins。今年4年振りとなるアルバム『Immunity』をDominoからリリースし、桁違いの表現力で繊細なエレクトロミュージックを披露した。このアルバムは様々な音楽誌などでも高評価を得て、Mercury Prizeへもノミネートされるなど素晴らしい作品となっている。日本のフェスティバルへは初出演となる今回の公演は絶対に見逃さないで欲しい。

■ Lightning Bolt
轟音ドラムのBrian Chippendale&超高速ファズ・ベースのBrian Gibsonによるデュオ、ライトニング・ボルト。2011年にはTHE FLAMING LIPSとのコラボレーション曲を発表し、bandcampには約20分にも渡るジャム・セッションを公開するなど、精力的に活動を続けている。観る者全てを魅了する熱いライブは必見。2009年以来の来日となる彼らのライブがTAICOCLUB規模ではどのようなものになるのか今から楽しみである。

■ Nabowa
2004年に京都で結成。山本啓(ヴァイオリン)、景山奏(ギター)、川上優(ドラム/パーカッション)で結成。後に堀川達(ベース)が加入。FUJI ROCK FESTIVALなど、大型フェスにも多数出演しておりライブバンドとして絶大な評価を得ている。??今年1月に発表したライブアルバム『20120707』がロングセールスを記録中。数多くのライブを経て、成熟してきたNabowaのステージはTAICOCLUBでどのように昇華されるのか、今から楽しみである。

■ Panda Bear
Animal Collectiveの中心メンバー、Panda BearことNoah Lennox。2011年には4年振りとなるソロ・アルバム『Tomboy』をリリースし、2007年リリースの前作『Person Pitch』と同様に大絶賛を受けた。最近では妻でもあるFernanda Pereiraの2014 S/S Collectionのプロモーション・ビデオ用にサウンド・トラックを公開したり、今年リリースされたDaft Punkのニューアルバム『Random Access Memories』に参加する等、ソロ活動でも相変わらず独自の世界観を展開し続けている。

■ Tim Hecker
カナダ・モントリオール在住のサウンド・デザイナー。ノイズ、不協和音、音の断片を巧みに用いたメロディーや空間を構築する、シーンきってのトップアーティスト。2011年にリリースされた『Ravedeath, 1972』は、Pitchforkをはじめとする様々なメディアで非常に高い評価を受け、ジュノー賞ではベスト・カナディアン・エレクトロニック・ミュージックアルバムを受賞。2012年にはOneohtrix Point Neverとの共作『Instrumental Tourist』を発表。2013年には初のジャパンツアーも行い、圧巻のパフォーマンスを披露。その後発表された最新アルバム『Virgins』は前作を凌ぐ傑作と絶賛されている。

■ Venetian Snares
Aphex TwinやSquarepusherと並び称されブレイクコア・シーンを代表するアーティスト、Venetian Snares。μ-ziqの主宰するPlanet Muからコンスタントにリリースを続け、最近ではDavid Lynchの「The Big Dream」のremixを行う等、鬼才の名をほしいままにしている。日本でのライブはとても貴重。思い出に残る時間となることは間違いないだろう。

Posted in gigs.